キックボクシング
ニュース

【LEGEND】セーム・シュルトが約10年ぶり来日、メインで強敵を迎え撃つ遊笑を熱血指導「この体格で僕よりも動きが速い」(遊笑)

2024/07/11 17:07
 2024年7月15日(月・祝)千葉・TIPSTAR DOME CHIBA『LEGEND vol.1』のメインイベントにて、23勝(21KO)無敗のティアン・ターザン(オランダ)を迎え撃つMA日本キックボクシング連盟ヘビー級王者・遊笑(Y's glow)が11日(木)千葉市内にて公開練習を行った。  公開練習には、セミプロファイトに出場するサグバン・アラブ(FightGameAcademy)のトレーナーとして約10年ぶりに来日したK-1 WORLD GP2005・2006・2007・2009王者で、第9代無差別級キング・オブ・パンクラシストのセーム・シュルト(オランダ)が登場。遊笑に“シュルト魂”を注入した。  シュルトは自らミットを持つと、遊笑に熱血指導。自らが得意としていた中足で蹴る前蹴りやパンチのコンビネーション、ステップワークなどを指導した。 「一発打ってそこで止まるのはダメだ。必ずコンビネーションを使って、動き続けないといけない」とシュルト。  指導された感想を聞かれた遊笑は「デカいです…圧倒されるというか。この体格で僕よりも動きが速いですね」と、その体格(212cm)にまず圧倒されたと言い、「前蹴りで飛ばされました。僕が飛ぶことはあまりないので(笑)。あんなに浮くとは思わなかったです」と、パワーにも驚かされたと振り返った。  シュルトは遊笑のターザン戦へ向けて、「相手をよく見ることが大事。それと技の正確さ。自分は動きながら同じところを狙う練習が凄く大事だ」とアドバイス。加えて「拳が当たる直前に手首をひねってナックルをしっかり当てる。空手の追い突きと同じ当て方だよ」と、空手出身の遊笑に空手の技を活かして勝てと檄を飛ばした。  なお、今大会はmahocastにてLIVE配信されることが決まった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント