MMA
レポート

【DEEP JEWELS】杉山しずかが腕十字で熱戦を締めくくる、青野ひかるは古澤みゆきに圧勝、にっせーは山崎桃子に一本勝ち

2019/09/01 19:09
DEEP JEWELS 252019年9月1日(日)東京・新宿FACE ▼メインイベント 第7試合 DEEP JEWELSフライ級 5分3R ※ヒジ打ちなし〇杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)一本 2R 4分04秒 ※腕十字×赤林檎(フリー)  1R、赤林檎は右ストレートでボディを狙っていく。杉山はパンチをフェイントにしてのタックルを狙うが赤林檎は切っていく。杉山はようやく組み付くとヒザ蹴りを入れながら、外掛けでテイクダウン。そのまま抑え込みの時間が長く続く。杉山がパウンドを打とうとしたところで赤林檎が起き上がり、立ち上がるが杉山は胴タックルですぐにテイクダウン。そしてパウンドを打ち込み、足関節を仕掛けて優勢を印象付けた。  2R、杉山は高めの左ミドルを蹴ると、続いての左フックで赤林檎をダウンさせる。すかさず上に乗り、リアネイキドチョークを仕掛ける杉山だがなかなか極まらず、赤林檎は立ち上がって正対する。  離れると杉山はパンチから組み付き、外掛けして回しながら倒すテイクダウン。今度は腕十字の体勢をじっくりと作り上げていく杉山。赤林檎もクラッチして必死のディフェンス。しかし、杉山が渾身の力を込めて腕を伸ばし、一本勝ち。場内は割れんばかりの大歓声に包まれた。  杉山はマイクを持つと、「ジュエルスの場に立たせてくれた佐伯さん、ありがとうございます。勝ったことはめちゃ嬉しいんですが、格闘技界の最前線に村田夏南子ちゃんとか渡辺華奈ちゃんとKING(レイナ)とかがいて盛り上がっていて私が勝手に戦友と思っている感じなんですが。でも私が最年長なんです。引っ張っていかないといけないのに…。ジュエルスは次回も決まっています。頑張りましょう。ジュエルスを最高の団体にしましょう」と、自分が女子格闘技を引っ張っていく存在になって盛り上げたいと語った。 ▼セミファイナル 第6試合 DEEP JEWELSアトム級 5分2R〇青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)一本 2R 3分53秒 ※肩固め×古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)  1R開始すぐにタックルに入る青野。両足タックルは切られたが首投げでテイクダウンを奪い、袈裟固めに。袈裟で抑え込んだまま顔面を殴り続ける青野。その状態が長く続き、青野は上に乗って肩固めを狙うが古澤は立ち上がる。すかさず片足タックルで寝かせる青野。肩固めの体勢に移行するが古澤は極めさせず。  2Rもすぐにタックルで飛び込む青野。これは切った古澤だが、青野は組み付くと相手の両腕を脇に挟んで投げてテイクダウン。首に腕を巻きながらポジションを変えに行く青野。一度立ち上がってパウンドを打つと、サイドを取って肩固め狙い。  一度マウントになり、再び肩固めに。最後は肩固めとチョークのミックス技のような形となり、最初から最後まで青野がほぼ一方的に攻めての一本勝ちを収めた。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R×山崎桃子(リバーサルジム 横浜グランドスラム)TKO 2R 1分58秒 ※腕十字→レフェリーストップ〇にっせー(総合格闘技道場闘心)  1R、にっせーが右ストレートを入れると山崎もすぐに打ち返す。山崎が組み付いてくるとにっせーはヒザ蹴り。山崎はテイクダウンを狙っていくがにっせーは堪える。逆ににっせーがテイクダウンするも山崎はすぐに立ち上がる。にっせーのヒザ蹴り連打に山崎はボディロックから持ち上げてテイクダウン。強烈なパウンドを打ち込んだ。  2R、パンチで前へ出る山崎ににっせーは組み付きにいき、自ら下になる。パウンドを打とうとした山崎に下から腕十字を仕掛けるにっせー。足を伸ばして腕を引き付けるにっせーに山崎は耐えるが、ここでレフェリーが見込み一本。にっせーが山崎を破り、プロ初勝利を飾った。  にっせーはマイクを持つと「戦ってくれた山崎選手ありがとうございました。今日のために応援に来てくれたファンの皆さんもありがとうございます。皆さんのおかげで勝つことができました。これからも応援よろしくお願いします」と丁寧にお礼を言った。●川村虹花(仮面女子)の挨拶1か月ちょっと前に首の怪我で欠場となってしまい、試合を楽しみにしていた方たちに申し訳ありませんでした。対戦する予定だった永尾選手にも申し訳なかったです。次の試合が決まりました。10月22日のDEEP JEWELS後楽園ホール大会に参戦することになりました。今は怪我の完治、治療に専念して次の試合へ向けて練習を頑張っていきますのでこれからも応援よろしくお願いします」 ▼第4試合 DEEP JEWELS フェザー級 5分2R×超弁慶(ガムランナック)TKO 1R3分43秒 ※レフェリーストップ〇上田真央(フリー)  1R、上田がパンチを連打して趙弁慶がミドルから組み付きバックを奪うが、上田に払い腰で投げられて袈裟固めで抑え込まれる。超弁慶は立ち上がって組み付くがまたも投げられてしまう。上田はマウントをとってパウンド、さらに腕十字を狙う。  脱出することに成功する趙弁慶だったが、またも投げられて袈裟固めで抑え込まれ、上田は顔面へパンチを連打。その状態が続いたためレフェリーストップとなり、上田がプロ初勝利をあげた。  勝った上田も敗れた趙弁慶もリング上で号泣。マイクを持った上田は泣きながら「前回はすぐに負けてしまって対戦相手のKINGにも申し訳ないことしたなと思って。そこからめっちゃ練習して。頑張ってよかったです」と顔をくしゃくしゃにして勝利を喜んだ。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP JEWELS KICKルール 51kg以下 3分3R×ジェット・イズミ(フリー) 判定0-3 ※28-30×3〇KAI(リバーサルジム立川 ALPHA)  1R、ジェットのミドル&ローをものともせず前進して右ストレート、左フックを入れてくるKAI。この勢いに押されるジェットだが、首相撲からのヒザ蹴りに活路を見出す。  2R、ジェットは前蹴り、ミドル、左フックで徐々にペースをつかみ始めるが、KAIが思い切り打つ右ストレートをもろに喰らう場面が目立つ。細かくパンチを当ててヒザ蹴りを入れるジェット。しかし、前へ出る勢いはKAI。 3Rはジェットのパンチで勝負をかけてヒットを奪うが、KAIの左強打を真正面から受けて何度も下がる。打ち合いにいくジェットだがここでもKAIの右ストレートをもらってしまい、判定3-0でKAIが相手の得意とするルールで勝利をもぎ取った。 ▼第2試合 DEEP JEWELS 55kg以下 AAルール 3分2R ×藤田翔子(リバーサルジム新宿ME.WE)判定0-3 ※18-20×3〇井上智子(ストライプル茨城)  1R,蹴りを多用する井上に藤田が両足タックルに行き上になるが、井上が下からの腕十字。極められはしなかったが、その体勢が最後まで続いた。 2R、ヒザ蹴りで井上が攻勢を仕掛けると、蹴りでバランスを崩したところで藤田が組み付いてグラウンドへ。しかし、またも下からの腕十字を仕掛けられる。これは腕を抜いて立ち上がった藤田だったが、スタンドに戻ると井上のパンチを浴びて後手に回り、最後までペースをつかむことができず。  打撃でも寝技でも試合を支配した井上が勝利を収めた。 ▼第1試合 DEEP JEWELS 51kg以下契約 5分2R ×永尾音羽(AACC)判定1-2 ※19-19(マスト:リオン)19-19(マスト:永尾)19-19(マスト;リオン)〇リオン(KRAZY BEE)  1R、パンチとミドルからリオンが組み付き、引き込んで下からの腕十字狙い。リオンは下から殴りながら三角の体勢を作っていくが永尾が脱出に成功。スタンドを要求する。両者警戒して見合いが続く中、リオンはパンチを出して組み付きに行き、またも引き込む。永尾はパウンドを数発入れた。  2R、リオンがパンチからタックルを狙い、永尾はスーパーマンパンチを放つ。何度もアタックするリオンがついに組み付き足をかけてテイクダウンに成功。さらに腕十字の体勢に入る。永尾が腕を引き抜くと大歓声が沸き起こった。  スタンドに戻ってもパンチを出して前に出るのはリオン。打ち合いにいく永尾だがリオンの勢いに押される形に。判定はジャッジ三者とも19-19だったが、マスト判定2-1でリオンの勝利となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事