AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【ONE】クレベル・コイケがウイッキーに一本勝ち!「修斗vs.PANCRASE」前哨戦は修斗が6戦全勝=9.1「Road to ONE:CENTURY」

2019/09/02 02:09
2019年9月1日(日)、新木場スタジオコーストにて「ONE JAPAN SERIES -Road to CENTURY-」が開催された。「10月13日への序章!」とコピーがつけられている通り、10月13日の「ONE:CENTURY 世紀」両国国技館大会の「修斗vs.PANCRASE」前哨戦となる対抗戦のカードが行われ、修斗が6勝0敗と全勝で終えた。 メインでは、かつてPANCRASEマットにも上がっていた元KSWフェザー級王者のクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)が、2017年9月のシュートボクシング以来の日本マット参戦。MMAでは矢地祐介に一本勝ち以来、3年5カ月ぶりの日本のケージで、西浦“ウィッキー”聡生(KRAZY BEE)と対戦。得意の寝技を駆使し、1R、ダースチョークでウィッキーを極め、ONE Championshipでの王座獲りを宣言した。 ▼第12試合 メインイベント フェザー級(※70.3kg)5分3RKSW元フェザ―級王者        ○クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)[1R 2分27秒 ダースチョーク]×西浦“ウィッキー”聡生(KRAZY BEE) クレベルは日系ブラジル人。2016年4月の「PANCRASE 277」にて、フェザー級戦ながら現在RIZINで活躍中の矢地祐介(KRAZY BEE) にリアネイキドチョークで一本勝ちするなど、ボンサイ柔術で磨いてきた寝技を武器に一本勝ちを量産。 2017年6月にはポーランドで5万人以上の観客を集めた「KSW39」でマルチン・ロゼクを判定で破りフェザー級のベルトを獲得。その後もアルトゥル・ソウィンスキ、マリアン・ジュコフスキらKSWの強豪相手に一本勝ちするなどトップ戦線で活躍。前戦は2018年12月の「KSW46」で、元ライト級王者のマテウス・ガムロとKSWフェザー級王座決定戦に臨むも判定負け。今回、2017年9月のシュートボクシングでのマツシマタヨリ戦(判定負け)以来の日本での試合に臨む(MMAでは矢地戦以来、3年5カ月ぶり)。 対する西浦は、出所の見えない変則的な打撃を武器に2005年5月に修斗でプロデビュー後、CAGE FORCE、DREAM、VTJなどで活躍。2015年の「Road to UFC:Japan」では準決勝進出も石原夜叉坊にスプリット判定負けでUFCとの契約はならなかった。2017年10月のRIZINでは、アンディ・サワーに判定勝利。その後は「巌流島」で4勝1敗。直近では、2019年5月の巌流島でPANCRAESにも出場経験のある鈴木琢仁を相手に2R、右ストレートでダウンを奪ってのパウンドでTKO勝ちを収めている。金網での戦いは、2015年の「Road to UFC:Japan」以来、4年ぶりとなる。 1R、いつもの低い手の構えからフェントをかけていくウイッキー。クレベルは自ら左の蹴りを放つと、それを掴んだウイッキーを引き込み、ディープハーフガードから、外掛けヒールフック狙い。それをバックを見せて逃げるウィッキーに、カーフスライサーからクレベルは上を取りスイープ。片足をさばきウイッキーがハーフガードになると、その立ち上がり際で頭をとらえ、ダースチョークに! いったんマウントになってから下からクローズドガードに入れてダースチョークを極めた。 試合後、マウリシオ、マルキーニョスのソウザ兄弟、三崎和雄らとハグしたクレベルは、「ボンサイ柔術のクレベル・コイケです。覚えていってください。KSWで負けたけど、いつも考えていた、日本に帰ってやりたいと。今日はちょっと緊張したけど勝てて嬉しい。日本人の応援ありがとう。いつも練習している。私、絶対、ONEのチャンピンになる」と本戦出場のみならず、王座獲りを宣言した。 ▼第11試合 フライ級(※61.2kg)5分3R○清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/修斗・世界ランキング4位)[1R 2分15秒 KO] ※左ジャブ×秋葉大樹(Reliable/PANCRASE・ランキング4位) フライ級では、清水清隆vs秋葉大樹が決定。清水は2010年2月に砂辺光久との2度目の対戦で判定勝ちを収めフライ級キング・オブ・パンクラシストとなるも、2015年にTTFやVTJで連敗し、同年12月の神酒龍一との王者査定試合で判定負けし、王座返上。しかし、その後、TTFを経て修斗を主戦場に移し、3連勝。 2018年1月に猿田洋祐に判定負けも、その後も内藤頌貴、石井逸人、前田吉朗相手に再び3連勝を決め、2019年5月に扇久保博正と対戦。4Rのバッティングが「偶発的な事故のダメージにより試合続行が不可能」となり、「アクシデントが発生する直前までの採点」で扇久保のテクニカル判定勝利となっていた。 対する秋葉大樹は、Demolition、DEEP大阪大会等を経てPANCRASE参戦。2016年6月にはVTJで青柳洸志に判定勝利するなど頭角を現し、2017年12月の原猛司戦以降、PANCRASEを主戦場に定め、安永有希、荻窪祐輔を相手に3連勝。 2018年12月に翔兵(※7月21日に上田将竜と暫定フライ級王座決定戦)には判定で敗れたものの、2019年3月に神酒龍一に判定勝利し復活を遂げていた。ともに両団体でランキングは4位。初対戦となる清水と秋葉はスピーディでハイレベルな戦いとなりそうだ。 1R、ともにオーソドックス構え。慎重な展開から清水の出入り、右の押し込みをしっかり対峙する秋葉。互いに前足への強いロー。清水は右のカーフキック! 秋葉が左で入ってきたところに清水は左ジャブ! カウンターでもらった秋葉はダウン。その姿を見た清水は追打せず。勝利を確信した。 試合後、清水は「PANCRASEにも出ていて、こうして戻ってくるじゃないですけど戦えて感慨深いです。自分ももう35歳でチャンスあれば次、大きな大会あれば出たいのでよろしくお願いします」とアピールした。 ▼第10試合 ONE SUPER SERIES キックボクシング フェザー級(70.3kg)3分3R○廣野 祐(フリー/J-NETWORK第3代ミドル級王者 )[2R 3分03秒 KO] ※左ストレート×内村洋次郎(イングラム/PANCRASE・8位) 「ONE SUPER SERIES」のキックボクシングルールでは、2017年にジョーダン・ピケオーの持つKrush-70kg王座挑戦経験(判定0-2でピケオーが防衛)があり、松倉信太郎にも判定勝利している廣野祐が出場。MMAと立ち技の両試合に出場している内村洋次郎と対戦する。 Krushやシュートボクシングにも参戦経験のある内村は、PANCRASEでは2018年4月に牛久絢太郎にスプリット判定負けも同年8月にヴィトル・トファネリを左ハイキックKO。11月には『RISE 129』でHIROYAと対戦し、5度のダウンを奪われて3R TKO負け。その後、2019年4月にはPANCRASEで亀井晨佑を判定で下し、再起を果たしている。 1R、ともにサウスポー構え。じりじりと圧力かける廣野に対し、内村はスーパーマンパンチで飛び込む。2R、内村の右ローの打ち終わりに左ローを当てる廣野。圧力を強めると、右ジャブ、そこに右ストレートを合わせに来た内村に左ストレート! 内村がヒザから崩れ落ちた。 [nextpage] ▼第9試合 ONE SUPER SERIES ムエタイ フライ級(61.2kg)3分3R×渡辺優太(P.Kムエタイジム)[1R 1分22秒 KO]※右ハイキック○内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM) ケージでオープンフィンガーグローブ着用のONE Championshipムエタイルールでの試合。1R、オーソドックス構えから左の蹴りを上下に打ち分ける内藤。渡辺の蹴り足をつかんで間合いを詰めると右ハイキック一閃! KO勝利。 鮮烈のハイキックKOを決めた内藤はケージのなかで、「BELLWOOD FIGHT TEAMの内藤大樹です。俺はONEの舞台で、フライ級はヤバイやつばかりですけど、ONEでやって一番上を目指したいんで、オファー待ってます!」とONE出場をアピールした。 ▼第8試合 ライト級(※77.1kg)5分3R○岡野裕城(マッハ道場/修斗・世界ランキング9位)[2R 2分25秒 TKO]×アキラ(MSC/&MOSH/PANCRASE・ランキング5位) ライト級では、修斗世界ランキング9位の岡野裕城とPANCRASE同級5位のアキラが対戦。岡野は2019年1月に川名雄生に判定負けからの再起戦。 対するアキラは2018年2月に元Bellatorのヒカルド・チルロニに判定勝利も、同年11月のソリホン・サドゥロエフ戦で2R TKO負け、2019年4月の冨樫健一郎戦も判定負けと連敗中で、今回の対抗戦で復活したいところ。2015年にはともに北岡悟に敗れている共通項があるが、その後の4年間の進化を見せて再起を飾るのは岡野かアキラか。 1R、サウスポー構えのアキラはニータップ狙いも深追いせず。アキラの入り際に左ジャブを当てる岡野は、右フックでフラッシュダウンを奪うと、さらに右を当てアキラの腰を落とさせる。 2R、アキラは圧力を強めるが岡野は右アッパーも狙う。アキラのダブルレッグを切ると、懐深く左ジャブを当て、さらに左でダウン奪取! アキラをパウンドアウトした。 試合後、岡野はマイクを持つと「マッハ道場の岡野裕城です。今日、初めて見る人もいると思うんですけど、どうスか、ONEの本戦で強いヤツと見たくないスか」と本戦出場をアピールした。 ▼第7試合 ONE SUPER SERIES ムエタイ バンタム級(65.8kg)3分3R○小川 翔(OISHI GYM)[2R 2分37秒 KO] ※3ノックダウン×晃希(チームS.R.K) ケージでオープンフィンガーグローブ着用のONE Championshipムエタイルールでの試合。1R、左右振り詰める晃希に、首相撲ヒザ、左右ボディで腹効かすは小川。2R、左ミドルをレバーに当てる小川は左ボディ効かせ、左右連打ラッシュ。3ノックダウンで勝利! ▼第6試合 ONE SUPER SERIES ムエタイ ストロー級(56.7kg)3分3R×薩摩3373(TARGET)[1R 1分57秒 KO] ※左フック○朝陽PKセンチャイムエタイジム(PKセンチャイムエタイジム) タイを主戦場とする朝陽は12勝のうち10勝がKO勝ちの高い攻撃力を持ち、2019年6月にルンピニージャパンスーパーバンタム級の王座を獲得。17歳にして3本のベルトを持っている。対する薩摩は50戦以上のキャリアを持つベテランで首相撲ヒザを得意とする。 ケージでオープンフィンガーグローブ着用のONE Championshipムエタイルールでの試合。強いミドル、ローを当てる朝陽が、遠目の間合いから飛び込んでの左フックで衝撃KO! 17歳の注目株が印象を残した。 ▼第5試合 フライ級(※61.2kg)5分3R○石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A/修斗・世界ランキング3位)[1R 1分51秒 リアネキドチョーク]×古間木崇宏(パラエストラ八王子) 7月の修斗第1試合でTRIBE TOKYO M.M.A.所属として、ガッツ天斗に判定勝ちした石井逸人が、TTFCで4勝1敗と大きく勝ち越している古間木崇宏と対戦。 1R、石井の左ミドルを掴んでテイクダウン&強いパウンドは古間木。立つ石井は両脇差しから四つになるも払い腰でテイクダウン。古間木の立ち際にバック奪い、リアネキドチョークを極めた。 見事、一本勝ちした石井はケージのなかで「修斗で戦い、PANCRASEにも憧れていました。その対抗戦に出られて嬉しいです。今日ONEの関係者も来ていると思うので、何かしらで僕を使ってくれたら嬉しいです」とアピールした。 ▼第4試合 ストロー級(※56.7kg)5分3R○木内 SKINNY ZOMBIE 崇雅(和術慧舟會GODS/修斗・世界ランキング6位)[1R 1分36秒 TKO]×野田遼介(ALLIANCE/PANCRASE・ランキング9位/2018年NBTストロー級優勝) 修斗とPANCRASE、両団体のランカー対決。木内は修斗で実力者・飯野タテオと1勝1敗。野田は御代川敏志に2勝するなどPANCRASEで4戦全勝。 1R、右を当てて前に出る野田は左ハイも。下がりながらも木内はカウンターの左フック! 崩れる野田にパウンドし、レフェリーが間に入った。 ▼第3試合 ONE SUPER SERIES ムエタイ ストロー級(※56.7kg)3分3R○加藤有吾(RIKIX)[2R 1分24秒 KO]×スダ456(BRING IT ONパラエストラAKK) ケージでオープンフィンガーグローブ着用のONE Championshipムエタイルールでの試合。 1R、スダの蹴り足を掴んでの加藤の左フックにスダはフラッシュダウン! すぐ立つスダは首相撲ヒザ、さらに左ハイを2度当てる。2R、スダの首相撲をはがす加藤は、強いローキック、右ヒジを当て、詰めて左フック! スダもカウント9で立つがあしもとがおぼつかず。ストップとなった。加藤が噂通りの強打を発揮した。 ▼第2試合 バンタム級(※65.8kg) 5分3R○野瀬翔兵(マスタージャパン福岡/修斗・アマ修全日本王者)[判定2-1]×高城光弘(リバーサルジム横浜グランドスラム/PANCRASE・アマチュアパンクラス/MWJ杯優勝) 2017年全日本アマチュア修斗フェザー級優勝、プロ修斗で2勝1分けと負け無しの野瀬翔兵が、アマチュアパンクラス/MWJ杯優勝で2017年ネオブラッド・トーナメント準優勝の高城光弘と対戦。高城はその後も飯嶋重樹、井関遼に勝利し、6月にワン・リザマに判定負けもスプリットで競り合っており、好勝負が期待される。 1R、サウスポー構えの野瀬はダブルレッグテイクダウンもすぐ立つ高城は、オーソドックス構えからサイドキックなど変則的な打撃。 2R、シングルレッグテイクダウンの野瀬はノーアームギロチンチョークへ。外して立つ高城に、キムラアームロックで回してストレートアームバー狙い、腕十字も外す高城。 3R、高城がカウンターのダブルレッグテイクダウンからインサイドでパウンド! 接戦の判定は野瀬が2-1で制した。 ▼第1試合 バンタム級(※65.8kg)5分3R○野尻定由(赤崎道場A-SPIRIT)[2R 2分25秒 ギロチンチョーク]×前田浩平(GRABAKA) 2018年12月の「格闘代理戦争」では前田浩平がスプリット判定勝ちを収めており、今回が再戦となる。 1R、オーソドックス構えから右ミドル、右ストレートは野尻。前田はがぶりからONEルールならではのヒザ蹴りを突く。 2R、スタンドバック回る前田に野尻は正対し、小外刈テイクダウン。そこから前田のスクランブルからの立ち際をしつこくノーアームでギロチンチョークで極め、「格闘代理戦争」での雪辱を果たした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事