キックボクシング
ニュース

【ONE】内藤大樹の再起戦が決定、3月15日(金)キックルールでキルギスのカブトフと対戦! 2月23日(金)笠原弘希&佐藤執斗とともにSB全勝なるか

2024/02/20 15:02
【ONE】内藤大樹の再起戦が決定、3月15日(金)キックルールでキルギスのカブトフと対戦! 2月23日(金)笠原弘希&佐藤執斗とともにSB全勝なるか

(C)ONE Chmpinship

 2024年3月15日(金)タイ・ルンピニースタジアムで行われる『ONE Friday Fights 55』に、元SB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM)の出場が決定した。

▼ONEキックボクシング フライ級 3分3R
内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM)
シャーゾット・カブトフ(キルギス)

 内藤は、2019年からONEを主戦場にし、初戦となった10月のジャカルタ大会でニージーランドの強豪アレクシ・セレピソフに3R KO勝ち。12月のマレーシア大会ではポルトガルのルイ・ボテーリョに判定勝ち、2020年2月にはサバス・マイケル(キプロス)に判定勝利と連勝記録を更新した。

 202012月にジョナサン・ハガティーに判定負けを喫したが、2021年6月のワン・ウェンフェン(中国)戦、9月のペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ)戦でいずれも判定勝利し、2022年5月の「ONEムエタイ フライ級ワールドGP」のメンバーに抜擢されるも、初戦となった準々決勝で武尊と対戦したスーパーレック・キアトモー9(タイ)に判定負け。

 2022年10月にアミール・ナセリ(イラン/マレーシア)を判定で下し、再起を遂げるも、2023年は7月のデッドゥアンレック・ティーデ99戦、10月のゴントラニー・ソーソンマイ戦の2戦でいずれも判定負け。5カ月ぶり復帰戦で再起なるか。

 今回、内藤がキックルールで対戦するシャーゾット・カブトフは24歳のキルギスファイター。172cmでオーソドックス構えからバックフィスト、スピニングバックキックなど回転系の技を得意とする。

[youtube:had8esBji4c:embed]

 2022年にONEデビューし、デニス・ピューリック(カナダ / ボスニア・ヘルツェゴビナ)に判定勝ち後、ナックロップ・フェアテックスに判定3-0で敗れると、チョーファー・トー・センティアンノーイ、ゴントーラニー・ソー・ソンマイ、ジャルアスック・ソー・ジョー・ウィチーパッリューとタイ人相手に4連敗。しかし、うち2敗はジャッジが割れるスプリット判定での敗北だった。ここまでオープンフィンガーグローブのONEムエタイで戦ってきたが、ONEでは初のキックルールとなる。

 内藤は「久々のキックルールで復活する。勝つ! 応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

 なお、『ONE Friday Fights』の2月23日大会にSB日本ライト級王者・笠原弘希(シーザージム)、3月22日大会にSB日本バンタム級王者・佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ)の出場が決定しており、シュートボクサー勢の全勝に期待がかかる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント