キックボクシング
ニュース

【RISE】白鳥大珠とイ・ソンヒョンが激突、「俺が倒して俺が上に行く」(白鳥)「いい試合を見せるのが選手としての心構え」(ソンヒョン)

2024/02/13 14:02
 2024年3月17日(日)東京体育館『ABEMA presents RISE ELDORADO 2024』の追加対戦カード発表記者会見が、2月13日(火)都内にて行われた。  スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1Rとして、同級1位・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)とミドル級1位イ・ソンヒョン(韓国/RAON)の対戦が決定。  白鳥はキックボクシングからボクシングに転向し、8勝(5KO)3敗の戦績を残してキックボクシングにカムバック。2019年2月に第5代RISEライト級王者に輝くと、3月に開幕した「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament」で優勝。2021年6月の「RIZIN KICKワンナイトトーナメント」では皇治らを破って優勝。2023年は3月にK-1との対抗戦で佐々木大蔵に勝利、6月のフランス遠征は無効試合、12月にザカリア・ゾウガリーをKOした。戦績は28勝(11KO)9敗1分1無効試合。 “コリアンモンスター“ソンヒョンは日本ではRISEで活躍、世界を股にかけて試合をするトップファイターで、戦績は67勝(17KO)11敗2分。トップファイターを次々と撃破し、2019年7月には松倉信太郎と第4代RISEミドル級王座決定戦を争い、第2代ライト級王座に続いての2階級制覇を達成。2023年3月、RISEミドル級王座の初防衛戦に臨んだが、海人に敗れて王座を失った。7月にウェルター級に階級を下げて中野椋太と対戦するもKO負けを喫している。  会見で伊藤隆RISE代表は「ソンヒョンは3階級でベルトを持っているが65kg世界トーナメントへ向けて照準を絞った。この試合は65kgトーナメントの査定マッチという位置づけです。ただ勝敗云々では決めたくない。内容で選出していきたい」と、このマッチメイクの意図を説明。  ソンヒョンは「去年は心も体調もあまり良くなかったが、いい機会が訪れてきたのでいい姿を見せたい。楽しみにしていてください」と復活を誓う。  白鳥は「ソンヒョン選手は今日が奥さんの誕生日だということで、わざわざ韓国から来てくれてありがとうございます。外国人選手が相手だと会見で向かい合うことがないのでありがたく思っています。65kgに下げてくるという噂は聞いていたので、やることがあるかなと思っていました。ザカリアもそうですが、昔から活躍している選手なので世界に向けた戦いにいいアピールが出来ると思うので、俺が絶対に勝ちます」との意気込み。  互いの印象を聞かれると、ソンヒョンは「白鳥は基本的にパンチがいい。パンチだけでなくキックもヒザもいいので怖い選手だと思います。その怖い選手でありながら、カッコいいこともあるので凄く怖い相手です」、白鳥は「身体が頑丈なイメージですね。ベテランなのでオールラウンドに出来ると思うし、パワフルな印象がある。人柄がいい人過ぎるので煽り合いもないし、スポーツマンシップにのっとってやる気持ちです」とそれぞれ評した。  ウェルター級に階級を下げてKO負けを喫したことで、さらに下のスーパーライト級に下げて問題はないのかと問われたソンヒョンは、「減量自体は問題ないです。中野選手との試合は足に怪我をしていたので、パンチだけで攻めようとしたことが問題でした。1Rは思い通りに持っていけたが、2Rにバックハンドブローで攻められると思っていなかったので、それが敗因だったと思います」と、足の怪我と意表を突かれたことが敗因で減量が原因ではないとした。  階級を下げるのは「70kgに参戦しながら考えてきたことでもあります。70kg台では自分が小さい方だと思っていて、フィジカル面でも劣るので元に戻したいと思いました」とその理由を説明した。  1月には同門の盟友チャンヒョン・リーもスーパーフェザー級王座を奪われ、ジムとしての勢いが落ちて来たように思えるが、「RAONは勝ち負けで気分が上がる下がるというジムではありません。結果を認めて、いい試合を見せることが選手としての心構えだと自分たちに言い聞かせています」と、いい試合を見せることが自分たちの役割だと話す。  また、8月に5人目の子供が誕生するそうだがと聞かれると「第5子が出来ると分かった時よりも先に試合が組まれていたので、大きな影響はなく試合に集中して準備しています。第5子に関してはとにかく頭が痛いです」と苦笑いした。  一方、白鳥は70kgで世界トップクラスに君臨し、日本でもトップファイターをことごとく撃破してきた強敵を迎えることになるわけだが、「前回もそうでしたが相手の方が強いと言われることが多いですね。自分よりもパワーがある選手と戦って来たと思うけれど、強いヤツだったら誰とどの階級でやっても強いと思う。だから70kgのトップで戦って来た選手と戦えるのを光栄に思います。そういう選手を俺が倒して行って俺が上に行く。65kgの世界トーナメントも発表されているし、そこに自分も絡んでいきたい。チャド・コリンズ、ペットパノムルン、もちろん原口健飛選手に借りを返したい気持ちもずっとあります。そこに絡んでいくためにも落とせない試合です」と、世界の強豪を倒して自分が上に行くとする。  自信が漲っている様子の白鳥に、その理由はとの質問が飛ぶと「自分の中で勝って当たり前と思われる相手とはやりたくなくて。自分が不利って声が多い試合を乗り越えていくと自信につながる。前回2年半ぶりのKO勝ちで長らくKOから遠ざかっていたので、試合を通して自分の自信につながっていく感じですかね。フランスの試合で世界に通用しないのかと思った時期もあったんですが、前回の試合で乗り越えてきた。やってきたことは間違いないなと自然と自信につながったのかなと思います」と答える。  TEAM TEPPENに一時の勢いがなくなったことを指摘されると「ジムでも年末に大掃除があって、みんなで来年に向けての話をして僕自身話したんですが、3~4年前って今より選手が少なかったんですよね。その中でも王者がたくさんいて盛り上がっていた時代があったので、そういう選手が今年出てきて欲しい。タイトルに絡む選手が出てきて欲しいとジム内で話したんですけれど、そのためにも僕が先頭に立って見せていく。試合で見せて行けば自ずと活気が出て、ジムが盛り上がっていくと思います。自分としてもジムとしてもトップ選手を出していければと思う」と、今年は自分もジムも逆襲の年にしたいと語った。  また、明日はバレンタインデーだが、明日の予定はと聞かれた白鳥は「昼間はスパーリングして…夜の予定はないです(笑)。(チョコレートを)ジムに送ってくれることを期待しています。でも僕は格闘技に生きていきたいです。マジで、今年は何よりも格闘技という。マジで今年1年で変えていきたいので」と力強く話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント