シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】山田彪太朗の必殺左ボディに「間違いなく耐えられる」とペットシートーンは自信の発言、山田は「本当に耐えられるのか楽しみ」

2024/02/09 20:02
 2024年2月10日(土)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2024 act.1』の前日計量&記者会見が、9日(金)都内にて17:00より行われた。  セミファイナルの58.5kg契約エキスパートクラス特別ルール3分3R延長無制限Rで対戦する、山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級王者)は58.5kg、ペットシートーン・ソー・サクナリン(タイ/True4U 54kgトーナメント優勝)は58.4kgでそれぞれ計量をパス。  これで3試合連続のvs.ムエタイとなる山田は「2024年一発目で、自分がどんなパフォーマンスが出来るのか楽しみです。期待していてください」と自分が楽しみだとし、ペットシートーンは「初めて日本に来たので楽しみです。日本は綺麗で来日した後に雪も見れて楽しいです。山田は強いので真剣に向き合いたいと思います」と日本に来た喜びを話しながらも試合に真剣に向き合いたいと話した。  初めて対戦相手と顔を合わせ、山田は「元々背が高いのは分かっていましたが、身長差がけっこうあるなって印象です」と身長差がきになるとしたが「懐に入るのが難しい試合になると思いますが、僕は前に出てパンチを当てるだけなのでそこに注目してもらいたい」とする。  一方、ペットシートーンは「しっかり準備を整えて来ました。僕は右の蹴りが得意です。自分の強い武器を使っていきます。山田は強い選手だと思うので、彼の試合を見て研究してきました。慣れていないのはSBルールで、ムエタイとは違うのでそこは注意して戦いたい」とルールの違いを警戒。  山田は「ペットシートーン選手も右ミドルを蹴ると言っていましたが、右ミドルを多用すると思っていたのでその返しだったりを対策してきました。何を打たれてもパンチで返すことを決めています」と、右ミドルで攻めてくるのは想定したとし、違う攻撃が来てもパンチを返すとする。  するとペットシートーンは「右ミドルをかわされてもヒザも上手く使っていく。たくさんの武器を持っているので、いろいろ使って応戦していきます」と、右ミドルが通用しなくてもヒザがある、他にも武器はあると返答した。  投げに関してペットシートーンは「それは慣れていない部分ですが、投げをかわす・守る練習はしてきました。自分が投げることにも慣れてはいませんが、チャンスがあれば挑戦したい」と、投げを防ぐ対策はしてきたとし、チャンスがあれば自分が投げたいとも答える。  また、山田が得意とする左ボディブローに対しては「わざわざ遠くの日本まで来たので間違いなく耐えられるし、かわします。逆に強いヒザを山田に蹴ってやりますよ」と、耐えられる自信があると言い放つ。  これに山田は「さっきペットシートーン選手は技のバリエーションがあると言っていましたが、自分はワンパターンしか出来ません。でもそのワンパターンで日本の頂点にまで来ました。本当に耐えられるのか、楽しみです」と、自分の左ボディに本当に耐えられるのかとニヤリと笑った。 この試合後の展望を聞かれた山田は「今は明日の試合へ向けて集中していますが。僕のいないところで勝手に国内フェザー級が盛り上がっているので、しっかりバチッと決めて今の日本のフェザー級に絡んでいきたいと思います」と、フェザー級戦線に自分も加わるとし、「やっぱり派手なKOをするのは自分の中で今回の試合へ決めてきたことなので、KOします」とKOで自分の存在を他団体へアピールしたいと話した。 なお、今大会はU-NEXTにてLIVE配信される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント