SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】那須川天心、朝倉海のKO勝ちに「ビビらなかったことが勝因」浅倉カンナにも「素晴らしかった」

2019/08/19 03:08
2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『RIZIN.18』を現地で観戦、リング上で挨拶も行ったRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)が、大会後にSNSを更新。  同大会のメインイベントで行われ、朝倉海(トライフォース赤坂)がRIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)を1R1分08秒でKOするという衝撃的結末となった一戦について触れた。  那須川は「堀口さんを倒すならってココだというタイミングを1発で狙って持って行きましたね。ビビらなかったことが勝因だと思います」と、朝倉自身が試合前に語っていた「(堀口に)ビビるからみんな倒される。僕はビビることはない。そこが勝負の鍵になる」との言葉を肯定するコメント。堀口の弱点を見事に突いたと評した。  続いて「素晴らしかったです!」と朝倉を称えた。このツイートは朝倉に通知が届く設定になっており、朝倉へのメッセージとして書かれたようだ。  また、浅倉カンナの勝利の報告もリツイートし、「いやぁ素晴らしかった。あそこまで打撃で勝負するとは。おれも頑張らないと! お疲れ」と浅倉の戦いぶりを称えて労をねぎらい、刺激も受けたようだった。  那須川は次回、9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホールで開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』で、ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム)と世界トーナメントの決勝戦を争うことが決まっている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事