キックボクシング
ニュース

【ONE】スーパーレックが武尊攻略に自信「僕は今までパンチでKOされたことがない」「武尊のようなタイプとは戦ったことがある」「彼の弱点を発見している」

2024/01/12 05:01
 2024年1月28日(日)東京・有明アリーナ『ONE 165』の記者会見が、11日(木)都内にて行われた。  会見にはONEフライ級キックボクシング世界タイトルマッチで対戦する、王者スーパーレック・キャットムーカオ(タイ)と挑戦者・武尊(team VASILEUS)が出席。  会見後のカコミ取材でスーパーレックは「元々はマムーディと(1月中旬に)やると決まっていたので、ロッタンが怪我をして代わりに武尊とやらないかと聞かれた時は即答しました。強い選手とやって王座を防衛して自分の強さを証明したいと思いました」と、元々近い日程で試合が決まっており、そこへ向けて練習していたため迷うことはなかったとする。  過去3度の体重超過をしていることから減量への心配の声もあがったが、「今回は問題ありません。栄養士を付けて指導してもらっています」と対策はしているという。  武尊と同じようなタイプと戦ったことがあるか、との質問には「武尊のようなパンチのコンビネーションが上手くてパンチが選手と戦ったことはあります。武尊のようなスタイルは何人もいるので、その時は判定で勝利しました」と、長いムエタイキャリアの中で何度も経験していると答えた。  では、武尊のパンチ力に耐えられる自信はあるかと聞かれると「僕は今までパンチでKOされたことがないので、倒れるかはもらわないと分からないね」と、パンチでKOされたことはないとする。  魔裟斗が「世界一のプレス」と評する武尊のプレッシャーの強さに関しては「武尊は前へ出る力が凄くてパンチのコンビネーションが凄いか、そういう選手に対する対策はしっかりしている。それに彼の弱点を発見しているので、それがどうなるか試合を見てください」と予告した。  日本の気候もコンディションに影響しそうだが、「少し問題はありますが大丈夫でしょう」と微笑んだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント