MMA
ニュース

【ONE】秋山成勲が緊急参戦でニキー・ホルツケンと「特別ルール」で対戦。グレゴリアンvs.シッティチャイ、オパチッチvs.アジズプールも=1月28日(日)有明

2024/01/11 18:01
 2024年1月28日(日)に東京・有明アリーナにて開催されるONE Championship『ONE 165: Superlek vs.Takeru』(ABEMA PPV ONLINE LIVE配信)の追加3カードが発表された。 ▼特別ルール 3分3R(1Rボクシング、2Rムエタイ、3R MMA)※MMAグローブ秋山成勲(日本)ニキー・ホルツケン(オランダ)  48歳の秋山は、MMA2連勝中。2015年11月のアルベルト・ミナ戦を最後にUFCを離れると、2019年6月にONEデビュー。アギラン・ターニに判定負けも、2020年2月にシェリフ・モハメドを1R KO。2022年3月には青木真也とライト級契約で対戦し、2R TKO勝ちを収めている。  対する元GLORY世界ウェルター級王者のホルツケンは40歳。10歳の時にボクシングを始め、キックボクシング、ムエタイも習得。ラモン・デッカーに師事し、3競技全てで活動。  K-1でブアカーオ、SBでアンディ・サワーらと対戦し、2013年12月のGLORY東京でウェルター級トーナメント優勝。初代王座についた。2018年11月のONEデビュー戦でコスモ・アレキサンドラと再戦し、2RKO勝ち。2021年4月にジョン・ウェイン・パーに2R TKO勝ちも2022年3月にシンサムット・クリンミーに2R KO負け。2023年6月の前戦でアドリアン・サディコビッチに判定負けで2連敗中。また、プロボクシングでは14勝(11KO)1敗の戦績を残している。  リモートで会見に出席した秋山は、「正直、聞いていて自分は出るつもりはなかった。チャトリが直々に日本まで来て、話しをして、熱意に自分の冷たい氷も溶けて、さきほど会見のギリギリまで話して合意に至ったというわけです。10年も経つんだなと(※2014年9月UFC以来の日本での試合)。いい歳なので、いいものを持っていい試合をして帰って来たと、日本のファンも少なからずいてくれていると思うので、その人たちに、身体を持ってメッセージ性のある試合が出来たらなと思っています。 (ホルツケンは)単純に強い。打撃のスペシャリストで。ミックスルールといってもMMAルールは最後ですし、立ち技の試合だと思って行かなくてはいけないと、ふんどしを引き締めて行きたいなと思います。1月1日から世の中があまりいいニュースが無いなか、自分たちが一生懸命頑張っている姿を見て、いろんなファンの方々が勇気を持ってまた頑張ろう、という気持ちになれるような大会に出来ればと思っています」と語った。 ▼キックボクシング キャッチウェイト 3分3Rマラット・グレゴリアン(アルメニア)シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)※6度目の対戦、過去5戦はシッティチャイが4勝1敗、2019年5月の前戦はGLORY世界ライト級タイトルマッチでグレゴリアンが判定勝ち グレゴリアン(ビデオメッセージ)「日本のファンの前でまた戦うのが待ち切れない。キックボクシングは日本から来たスポーツだ。良い試合を見せたいね」 ▼キックボクシング ヘビー級 3分3Rラーデ・オパチッチ(セルビア)イラジ・アジズプール(イラン)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント