MMA
レポート

【DEEP】風我が判定勝ち、原虎徹が1R TKO勝ち、JTT倉本が16秒勝利、アマ修&FKTダブル優勝の中務太陽が諏訪部に競り勝つ。TATSUMIが梶本に一本勝ち=DEEP TOKYO 7th 詳報追加

2023/12/13 15:12
【DEEP】風我が判定勝ち、原虎徹が1R TKO勝ち、JTT倉本が16秒勝利、アマ修&FKTダブル優勝の中務太陽が諏訪部に競り勝つ。TATSUMIが梶本に一本勝ち=DEEP TOKYO 7th 詳報追加

(C)DEEP/GONG KAKUTOGI

 2023年12月10日(日)東京・ニューピアホールにて『DEEP TOKYO IMPACT 2023 7th ROUND』が開催された(※同日夜の『DEEP 117 IMPACT』詳報)。

▼メインイベント DEEP 60kg以下 5分2R
〇風我(フリー)59.90kg
[判定3-0] ※20-17×2, 20-18

×切嶋龍輝(マーシャルアーツクラブ中津川)59.85kg

 25歳の風我はRIZINスーパーアトム級王者の伊澤星花の実弟で、2016年柔道インターハイ66kg級準優勝、DEEPフューチャーキングトーナメント・フライ級優勝。2022年にヒロヤ、島袋力、原虎徹を相手に3連勝し、フライ級GP参戦も1回戦で村元友太郎との熱戦で判定負け。2023年3月には駒杵嵩大にも判定負けで連敗も、5月に山本哲也を判定で下し、再起を遂げている。MMA5勝5敗。

 対する19歳の切嶋も柔道がバックボーン。で2022年7月のDEEP名古屋大会で石川瑛人に2RにTKO勝ちでプロデビュー。11月大会で田中義基に判定勝ち。2023年4月大会では佐々木陽太にも判定勝ちで3連勝も、8月のDEEP名古屋大会で、KROSS×OVER無敗の小崎連に判定負け。2023年10月の『RIZIN LANDMARK』でMASANARI(山田将成)に判定勝ち。MMA4勝1敗。

風我「ちょっといろいろ相手が変わって、あんまよく分かんない選手なんですけど、まあ、メインなんでバチバチに倒しに行きたいと思います。よろしくお願いします」

切嶋
「全局面圧倒して勝ちたいと思います」

 1R、オーソドックス構えの風我に、サウスポー構えの切嶋。互いに関節蹴りを見せながら、風我は右の前蹴り。切嶋は左ストレートを当てて、右前手ジャブも、風我はそこに潜ってボディロック&小外がけテイクダウン。そのままサイドポジションになるがハーフに戻してシングルレッグで立とうとする切嶋に、風我はアナコンダチョークへ。片足を抜こうとする切嶋は首を抜いてバックテイク。

 立つ風我のスタンドバックにつくと、正対してきたところにダブルレッグへ。そこにニンジャチョークを合わせる風我。頭を上げる切嶋は片足を外して頭抜くが、その際で四つに持ち込む風我が回してテイクダウン。ハーフの切嶋にダースチョークを仕掛ける。

 足をかけて腰を切らせない風我から足を抜き、いったん仰向けになってエスケープする切嶋。そのバックにつく風我は首に手を巻きながらシングルバックからかけていない足でかかと蹴りを切嶋の足に落とす。

 2R、サウスポーで圧力をかける切嶋は左インロー。跳びヒザから左を突く。左の関節蹴りを突いて、カーフも当てる風我。右ローを突いた切嶋を左の足払いでこかした風我!

 ハーフからヒジを落とす風我にディープハーフで潜る切嶋。そこにノーアームギロチンチョークを合わせる風我だが、横回転で上になった切嶋は自ら前転して首を抜きに。立ち上がろうとする切嶋にアームインギロチンに移行すると、ここも切嶋は前転エスケープ。

 上になる風我は上四方、ノースサウスチョーク狙い。さらにバック奪い、4の字ロック。チョークを狙いつつバックからパウンド。そのままこつこつと背後からパウンド。最後に切嶋が胸を合わせたところでゴング。

 判定3-0(20-17×2, 20-18)で風我が投げからコントロールしてサブミッションアテンプトで2連勝。切嶋は序盤に左を突き、風我の組みに極めさせはしなかったものの、防御から攻めに転ずるには至らなかった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント