MMA
ニュース

【PANCRASE】溢れるZST愛とともにPANCRASEのベルトを争う伊藤盛一郎と有川直毅──「自分がどうなろうと、このベルトは絶対に獲ります」(伊藤)×「ZST王者の伊藤選手の背中を見て越えたいと思って来た」(有川)

2023/12/12 20:12
 2023年12月24日(日)神奈川・横浜武道館にて開催される『PANCRASE 340』で「フライ級暫定王者決定戦」に臨む、同級1位でZST第3代同級王者の伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/ZST)と、同級3位の有川直毅(K-PLACE)が12日、調印式に出席した。  ともにZSTカラーであるブルーのスーツを直用して調印式に臨んだ伊藤と有川。  伊藤は、16勝4敗2分。うち10試合で一本勝ちを誇るグラップラーだ。ZSTを主戦場に2017年にRIZINに参戦し才賀紀左衛門に勝利も、階級上のマネル・ケイプと58kgで、続けて59kg契約で神龍誠に敗れたが、その後、ZSTで浜本“キャット”雄大に1R TKO勝ちすると、RIZINで橋本薫汰に2R 一本勝ち。  2022年12月にPANCRASEに参戦し、上田将竜、秋葉太樹をともにリアネイキドチョークで極めるなど、4試合連続のフィニッシュ勝利を飾っている。  対する有川は、8勝4敗1分。伊藤と同じくZST出身で、2019年からPANCRASEに参戦し、3連勝。2023年4月のコルトン・キエルバサ戦では、ONE FFで藤沢彰博を秒殺している強豪キエルバサを相手に、ヒジでカットさせてTKO勝ち。今回の暫定王座戦を決めた。  会見冒頭で有川は、「最高の相手と最高の試合ができるように頑張ります」と語ると、机上のベルトが、中央に置かれなかったことを指して「ちょっと伊藤選手寄りにベルトがあるんで、自分の腰に巻けるようにしっかり倒したいと思う」と笑顔で語った。  対する伊藤は、「試合まで2週間を切って、ここ何年かで無いくらい怖いくらい調子いいので、過去最強の自分を見せられると思います。期待してください」と戴冠に自信を見せた。 ギラギラしてきて燃えています(伊藤) ──11月15日の会見では「あと2カ月、しっかり練習で仕上げたい」と語っていました。試合を12日後に控えた現在までの状況を教えてください。 有川 自分は打撃が得意なので、打撃のスピードがさらに増したことが自信になっています過去イチ速いかな。それくらい仕上げてきている。そして寝技も練習してきたんで、最近“また耳沸いてきたんじゃね?”っていうくらい練習してきました。 伊藤 5分5Rで、いつも1R、2Rで極まっていますが、今回、5Rいっても大丈夫。試合まで2週間を切ってギラギラしてきて燃えていますね。スピード感とかもかなり上がってきて、必ずフィニッシュできるんじゃないかと思っています。 ──有川選手に伺います。組みを得意とする伊藤選手は柔道ベースで独特の投げも持っています。対柔道家対策はいかがですか。 有川 K-PLACEで一緒の大会に出る栁川唯人(vs.Ryo)もそうですが、柔道の組み技の練習もしてきましたので問題ないです。 ──伊藤選手は、前回の有川選手の試合でコルトン・キエルバサ選手の強い組みを凌いで際の打撃でフィニッシュした有川選手の打撃にどんな印象を持っていますか。 伊藤 前回、ヒジ・パンチでカットさせて勝っているので、そのへんの際の動きは気をつけなきゃいけないし、自分もその際はチャンスだと思って意識しています。 ──いま実際に目の前にベルトがあって、どのようなお気持ちでしょうか。 有川 日本一かっこいいベルトだなと。ちょっと今、伊藤選手寄りにあるので(笑)、自分の腰に巻けるようにしっかり倒したいと思います。 伊藤 有川選手も言ったけどすごいゴツゴツしていてかっこいいなって。自分のジム(リバーサルジム横浜グランドスラム)の後輩の内藤由良がミドル級のベルトを持っていて、それと比べると(フライ級のベルトは)ウエストとか細いなって。 [nextpage] いまは伊藤選手のことしか考えられないくらい燃えている(有川) ──試合まで残り12日間。王座戦までの気持ちの持ちようをどう保ちますか。 有川 上がりすぎて抑えなきゃいけないとか、抑えてもう少し上げていこうとか、調整します。みんな忘れているかもしれませんが、自分もデビューがZST(2017年)。そのときから伊藤選手がチャピオンで、デビューしたての頃はその背中を見ていただけで、いつか越えたいと思っていました。そうしたらZSTじゃなくて、このPANCRASEという最高の舞台で戦えることになって、いまは伊藤選手のことしか考えられないくらい燃えています。そういう自分を抑えて試合に臨むように意識しています。 伊藤 タイトルマッチという大事な試合で必ずベルトを巻きたいし、それに向けて気合も入っていて練習でやり過ぎてしまうので、いつも調子がいいときに大体怪我するので、周囲から“ちょっともう止めときな”とストップをかけてもらって、今ここまで無傷で来れています。あともうちょっと集中して試合当日、頑張ります。 ──ここまで道のりは違いながら、暫定王座戦にたどり着きました。何がキーになって、どうやったらこのベルトは手に入ると考えていますか。 有川 最終的には気持ちだと思っています。試合当日まで上げて上げて、最高な状態で試合をすることが勝利のキーだと思います。 伊藤 このベルトを絶対に巻きたいという気持ちが強さがキーになるのかなと。PANCRASEのベルトを、何が何でも獲りたい。たとえこの試合でもう格闘技は出来ませんという風になったとしても、絶対に最後にこのベルトは獲りたいと思っていて、自分の身体がどうなろうと、このベルトは絶対に獲ります。 ──あらためて、12月24日、横浜大会に向け、ファンに意気込みをお願いします。 有川 前回は相手を血だらけにしちゃったけど、総合格闘技とはそんなもの。しっかり作り上げていくので、最高な刺激を皆さんにお届けするので楽しみに待っていてください。 伊藤 試合まで2週間を切って、ここ何年かで無いくらい、今までで一番調子が良く、ちよっと怖いくらいなので、あと試合まで少し、さらに気を引き締めて、12月24日は「過去最強の伊藤盛一郎」、自分の試合が見せられると思いますので、当日を楽しみにしていてください。 PANCRASE戦経験のあるプロ選手を12.24 横浜大会に招待 「PANCRASE 30周年記念大会Vol.2」となる、2023年12月24日(日) 『PANCRASE 340』横浜武道館大会に、PANCRASE戦経験のあるプロ選手を招待することを12日、PANCRASEは発表した。 「1993年から現在までパンクラスの歴史を創って来て頂いた選手に、少しでもの労いをさせていただき、共に歴史を繋いでいくことで過去と現在のパンクラスを共有したいと思い、お席をご用意します。またお申し込みの際、何かご希望等があればできる限り承りたいと考えております」(PANCRASE) ・出場プロ選手名簿(女子・日本人男子・外国人男子)・申し込み方法プロ選手名簿にアップされている選手名と携帯番号を添えて、メール([email protected])を。PANCRASEから折返し、申し込みフォームが返信される。 ・締切日 2023年12月20日(水)※ライセンスカード保持者は従来どおりの入場方法となる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント