K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】松倉信太郎「全ていい方に来ている」とリベンジに自信も、王者ハッサン・トイは「彼が望むような結果にはならない」

2023/12/08 22:12
 2023年12月9日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 ReBIRTH 2』の前日計量&記者会見が、8日(金)大阪府内にて13:00より行われた。  第17試合(セミファイナル)のK-1 WORLD GPミドル級タイトルマッチ3分3R延長1Rで対戦する、王者ハッサン・トイ(トルコ/Team Toy)は74.9kg、挑戦者・松倉信太郎(team VASILEUS)は74.95kgでそれぞれ計量をパス。  両者は2023年6月に行われた「K-1 WORLD GP初代ミドル級王座決定トーナメント」の決勝戦で対決。松倉を42秒でKOして王座に就いたトイは「さらに厳しいトレーニングを積んできたので、今回も同じ結果になるだろう」と予告。  ダイレクトリマッチを受けた理由を聞かれると「彼でなくても試合を受けるつもりだった」とし、「彼は前回の雪辱を晴らす機会と捉えていると思うが、彼が望むような結果にはならない。私が勝つ」とリベンジは無理だと断言。  前回はトーナメントの決勝で互いに2試合を経ての戦いとなったが、今回はワンマッチ。トイは「その違いは大きい。前回は約3~4年ぶりの試合でブランクがあっての試合で不安だったが、トーナメントの初戦で勝つことが出来た。松倉との試合は、その前の準決勝でタフな試合をしてダメージがあった状態でも勝てた。今回はフレッシュな状態でリングに立つので、前回よりも素晴らしいパフォーマンスを見せられると思う」と、自分は前回以上の強さだから松倉は勝てないとした。  対する松倉は「あとは試合で勝つだけです」と短く意気込みを語り、「ハッサン選手の強さは分かっているので、ハッサン選手が相手だったからこそ今日、僕はここに立っていられるのだと思います。その思いが僕を支えてくれました。今回の試合を受けてくれたこともこうして来てくれたことも、この試合があっていろいろ経験できたことも全て感謝しています。いろいろ言っても試合を見た人がどう感じるかなので、明日の試合で僕の気持ちを見せていきたいと思います」と、相手がトイだったからこそ苦しい練習を耐え抜いてくることが出来たとする。  身体つきが前回以上にバキバキに仕上がっていたことを指摘されると「フィジカル強化もありますが、減量の方法を変えてきました。そこに関して不安もあったんですけど、たくさんのサポートがあって、おかげで僕は普段より仕上がった身体になったと思うし、全ていい方に来ているなって思っています」と、全てがいい流れになっていると話した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント