キックボクシング
インタビュー

【RISE】朝倉未来がBreakingDownライト級最強と太鼓判を押すYURAがRISEに初参戦「出るからにはもちろん全部勝ちたい」

2023/12/02 14:12
 2023年12月3日(日)福岡・西鉄ホール『RISE WEST.21』に、BreakingDownで活躍するYURA(ダイアタイガージム)が初参戦する。対戦相手はあのねぎ魔神(ネイバーズキックボクシングジム)という異色カードに。  YURAはK-1甲子園準優勝、プロで11勝(5KO)無敗のキックボクサー。これまで第4代IKCウェルター級王座、初代ジャパンカップ同級王座、突破70㎏以下級王座、RKSウェルター級王座を獲得。「一番手っ取り早く有名になるため」の手段としてBreakingDown出場を選んだという。 『BreakingDown 8』のオーディションではスパーリングで4秒KO、『BreakingDown 8』ではプロキックボクサーの外枦保尋斗にもKO勝ちした。『BreakingDown 8.5』では韓国のプロ選手ミスター・ホンデに判定で敗れるも、11月のプロ対抗戦ではTARGET SHIBUYAのアマチュアホープである大威にKO勝ちした。BreakingDown CEOの朝倉未来は「この階級で一番強い」とその実力に太鼓判を押している。  また、10月には『九州プロキックボクシング(KPKB)』に出場し、栗原陵に3RでKO勝ちした。 動きの良さとパンチのキレを見て欲しい』 ――「ユウラ」というのは本名なんですね。 「はい、そうです」 ――ご両親のどちらかがロシアの方とお聞きしました。 「お母さんです。お父さんは日本人です」※そのためBreakingDownでは「ロシアンストライカー」のキャッチフレーズが付いた。 ――お父さんかお母さんが昔格闘技をやっていたんですか? 「お父さんが多分ちょっとだけやっていたと思います。あまりよくわかんないんですけど、多分ボクシングとか」 ――YURA選手自身のバックボーンは空手とのことですが何歳くらいから始めましたか? 「フルコン空手を小学校2年生からやっています」 ――空手での実績は? 「小学校5年の時に全日本大会優勝とかそこぐらいまでは」 ――流派はどちらになりますか? 「正道会館の宮崎県の本部でやってました」 ――いつからキックボクシングを始めましたか? 「中学2年ですね」 ――キックは転向するきっかけがあった? 「きっかけは特になくてやりたくてやったって感じです(笑)」 ――実際にやったキックボクシングはどうでした? 「楽しいです」 ――どの辺が楽しいと感じます? 「強くなれたら嬉しいです」 ――今プロ11戦全勝5KO中ですが、この好調の原因を自分ではどう分析しますか? 「別に何とも…(笑)。感覚です」 ――でも一回も負けてなかったら「俺このままどんどん上に行けるんじゃないか」って気持ちはありますよね? 「負けたくはないですね」 ――昔からパンチが得意だったんですか? 「ボクシングもやったりしてたんで」 ――ボクシングはいつ頃やってたんですか? 「ボクシングも中学2年生から始めました。今も練習でずっとやってます」 ――得意な連打のパターンはありますか? 「これが得意!っていうのはそんなにないです」 ――先日はBreaking Downに出て良い勝ち方をしていましたがこれからもBreaking Downとキック、どちらも出場しますか? 「Breaking Downも呼ばれれば出たいです」 ――Breaking Downに出て反響は大きいですか? 「知名度がすごい上がりました」 ――キックだけをコンスタントに続けていくのとは知名度は違いますか? 「全然違います」 ――今回RISE WEST初参戦となりますが、RISEの印象はどうですか? 「キックボクシングといえば今はK-1かRISEだと思ってます」 ――これからはRISEのテッペンを目指すことになりますか? 「そうですね」 ――対戦相手のねぎ魔神選手はどういう印象ですか? 「めちゃくちゃ打たれ強い印象です」 ――その打たれ強い選手にどういう試合運びをしてどういう勝ち方をしたいと思いますか? 「打たれ強いから倒せるかわからないですけど、それを倒せたらすごいので倒したいです」 ――もう倒すシュミレーションできてますか? 「作戦は色々と立ててるので」 ――前回のBreaking Downから試合間隔は短いですがそれは大丈夫ですか? 「ちょっときついですけどやるしかないので(笑)」 ――減量の方は大丈夫ですか? 「大丈夫です」 ――ご両親はYURA選手のプロとしての活動をどう見守ってくれていますか? 「お母さんは反対ですけど、お父さんは応援してくれています」 ――RISEの70kg戦線はどう見てますか? 「本当は僕70kgじゃなくて65kgの選手なんでちょっと重いので心配はありますけど、やるしかないって感じです」 ――でしたら今後はRISEのスーパーライト級(-65kg)でやる可能性もあるということですか? 「そうですね」 ――スーパーライト級ではオープンフィンガーグローブ王者のYA-MAN選手がいますけど、やってみたい気持ちはありますか? 「さすがにまだちょっと早いかな(笑)」 ――あとどのくらい経てば大丈夫です? 「来年ぐらいには行けるんじゃないですかね」 ――今回RISE WESTに集まるお客さんで初めてYURA選手を見る方々も多いと思いますが、自分のどんなところをアピールしたいと思いますか? 「動きの良さって言うかパンチのキレを見て欲しいです」 ――これからの1年RISEでどこまで行きたいですか? 「勝てるぶんだけ勝って行きたいです。出るからにはもちろん全部勝ちたいです」 ――最後にYURA選手のファン、RISE WESTでYURA選手の試合を待ち望んでるファンの方々にメッセージをお願いします。 「今回初めてRISEに出るんですけど、皆さん応援して頂けると嬉しいです。宜しくお願いします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア