AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【DEEP JEWELS】杉山しずかに挑む赤林檎、練習はいまどき青空道場というハングリーさ

2019/08/12 13:08
【DEEP JEWELS】杉山しずかに挑む赤林檎、練習はいまどき青空道場というハングリーさ

炎天下、公園で練習を積む赤林檎

2019年9月1日(日)東京・新宿FACE『DEEP JEWELS 25』で、杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)と対戦する赤林檎(フリー)。


 日本拳法をバックボーンに持ち、キックボクシングの試合経験もあり長いリーチから繰り出す打撃を武器とする。2018年8月『DEEP』に初参戦し、渡辺華奈に敗れるも序盤に強烈な右ストレートをヒットさせてあわやの場面を作り出した。その後はDEEP JEWELSを中心に活躍し、ジェット・イズミ、アミバ、山口さゆり相手に3連勝を収めている。


 この赤林檎、所属はフリーとなっているが、どこで練習しているのかを聞くと「公園です」と答える。いまどき青空道場でやっているプロ格闘家がいるのかと驚かされるが「私は基本的に公園で練習しています。公園は何もないですが何も無いからこそ自由な発想が生まれます。今では仲間も増えてさらに楽しく練習に取り組めています」と、仲間たちと練習に励んでいるのだという。


 今回は渡辺戦以来のフライ級(本来はストロー級)での試合となるが、「減量がないので、大好きな甘いものも我慢せずにストレスなく試合まで仕上げていけるのが幸せです。上の階級でも戦えることをアピールしたいです」と全く問題はなさそう。


 杉山の印象を聞くと「インスタグラマー。素直にプロとして凄いと思う」と、そのビジュアルを活かした活動もしている杉山に尊敬の念を抱くとする。

「今年の夏は日本拳法の試合にも参加しました」と、原点である日本拳法でも試合をしたという赤林檎。この猛暑を乗り切るための工夫はあるのかと聞くと、「いい日焼け止めを使うことです」と公園で練習する選手ならではの答えが返ってきた。

 最新のトレーニングやサプリを使っている杉山に、このハングリーな状況環境に身を置いている赤林檎の拳は通用するのか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事