MMA
ニュース

【RIZIN】浜崎朱加が強敵との対戦前に師匠・藤井惠の元で合宿「想像の10倍キツかった」

2019/08/05 22:08
2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)『RIZIN.18』のセミファイナル(第12試合)で、アム・ザ・ロケット(タイ/TARNTONG GYM / PHUKET TOP TEAM)と49.0kg契約5分3Rで」対戦する、RIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(AACC)。  日本人初のInvicta FC世界王座(アトム級)を獲得して2度の防衛に成功、2018年5月からRIZINに参戦してアリーシャ・ガルシア、黒部三奈、浅倉カンナ、ジン・ユ・フレイと4連勝している浜崎が今回迎えるアムは、これまでムエタイで80戦を超える戦績を誇り、WMC女子ミニフライ級王座を獲得。柔術にも取り組み、JJIF柔術の黒帯で2017年にアジア王者に。2018年4月のアブダビ・ワールドプロ49キロ級では青帯ながら3位入賞。リカ・イシゲにも柔術で勝利した経験がある。 3月のDEEP JEWELSで衝撃日本デビューを果たしたアム MMA戦績は3勝1敗で、前戦2019年3月の「DEEP JEWSLS」では1R0分34秒、毛利道場の佐藤絵実にリアネイキッドチョークで一本勝ちし、衝撃の日本デビューを果たした。  この強敵との対戦を前に、浜崎は総合格闘技の師匠である藤井惠の元で3日間の合宿を敢行。8月1日~3日、広島県福山市にある「総合格闘技道場BURST」にて、久しぶりに藤井の指導を受けた。  浜崎は自身のSNSで「藤井さんが現役時代に走ってた階段にもチャレンジさせてもらったけど、想像の10倍キツかった笑。藤井さんがいて、こうやって声出してもらって追い込んでもらえる練習や補強が懐かしすぎて、キツいよりも楽しかった」と、合宿の感想を綴っている。  藤井も自身のSNSで「朱加、裕子(アミバ)、福山まで会いに来てくれて本当にありがとう。楽しくて楽しくて充実した3日間でした。朝から深夜まで暑かったね。いっぱい頑張ったね」と労をねぎらった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント