AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】元UFCの実力派トラッシュトーカーと対戦する越智晴雄「頭はクールに心はホットに戦います」

2019/08/06 06:08
2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.18』にて、元UFCのジャレッド・ブルックス(米国/Mash Fight Team)と対戦する越智晴雄(パラエストラ愛媛)が8月5日、東京・押上のCAVEにて公開練習を行った。 3分間のミット打ちを披露した越智は、前半はサウスポー構えから右ジャブ、左右のフック、アッパーなどを打ち込み、後半はオーソドックス構えにスイッチ。 最後は自身の信条でもある「ウルトラソウル!」を叫びながらの右のスーパーマンパンチを決めて、好調な仕上がり具合をアピールした。 越智は現DEEPストロー級王者。2018年9月にRIZINに初参戦し、当時PANCRASEストロー級王者だった砂辺光久を左フックからのサッカーキックでKO、衝撃的な勝利を収めている。 対するジャレッド・ブルックスはレスリングがバックボーンでMMA14勝2敗。 2016年2月の「WSOF-GC 2」 で猿丸ジュンジを2R KOに下し、衝撃日本デビュー。その後も順調に勝ち星を重ね、同年10月にはPANCRASEにも参戦。潤鎮魂歌から右フックでダウン奪いパウンドアウトし、12戦無敗をマークし、2017年7月からUFCに参戦。本来のストロー級ではなくフライ級で戦い2勝2敗。2018年9月のUFC前戦では、ロバート・サンチェスにスプリット判定で競り勝っている。 ニックネームである“ザ・モンキーゴッド”はクモザルのような姿と、ヒンドゥー教でクモザルは「神様」を意味することから付けられた。その実力と切れるトラッシュ・トークは日本でも大きなインパクトを残している。 UFCで2勝2敗の実力者ブルックスを名古屋で迎え撃つ越智は、公開練習後のインタビューで、「ブルックスの強い部分を避けては通れない。そこでも自分が世界レベルの選手に通用すると思っているし、負ける気もないので、最初からガンガン勝負していきたいと思っています」と、真向勝負を予告。 さらに、トラッシュトーカーとしても有名なブルックスの煽りについて、「単純な英語で応えようと思っています。前回のDEEPでの反省も活かし、今回は頭はクールに心はホットに戦いたい」と、試合前はクールに受け流して、ゴングが鳴ればソウルフルな熱い試合を展開する、とした。 “ウルトラソウル”を見せて自分が世界一だと証明する ──コンディションは? 「仕上がってきています。あと二週間しっかり仕上げて、やるだけですね」 ──対戦相手のジャレッド・ブルックスは日本でも活躍し12戦無敗でUFC入りし、フライ級で戦っていました。どんな印象を持っていますか? 「単純に強いなと思います。一階級上でも世界最高峰の舞台で全然やりあっていたので、強いっていう印象はあります」 ──まさかジャレッドとやるとは思っていなかった? 「いや、まあいつかやると思ってたんですけど、いきなり来たなと思って。やるつもりでいました、自分は」 ──(ジャレッド選手の)日本での試合、UFCの試合も見られていますか? 「見ました。全部、はい」 ──少し越智選手とストロングポイントが似ていると思ったのですが? 「そうですね、はい。向こうもレスリングの本場でガッツリやって。やることは似ているんですけど、やっぱりそういうところが自分も強いと思っています」 ──対策などは? 「色々考えながらやってたんですけど、やっぱり強い部分を避けては通れないと思っているので、そこでも自分が世界レベルの選手に通用すると思っているんで。負ける気もないので、そこでガンガン最初から勝負していきたいと思っています」 ──(ジャレッド選手は)UFCでは階級上で戦いながらも、相手を持ち上げるというパワフルな場面も見せていました。自爆(※ホゼ・トーレス戦でダブルレッグから肩口まで持ち上げて水車落とし=後方へのスラムで頭を打って動きが止まりパウンドをもらいTKO負け)もしていましたが。 「そうですね、事故みたいな感じでしたけど、他にもコレといって“やられている”試合があまりないので、本当に戦績もいいですし、パワーもすごいんだろうなと思っています」 ──高校時代にインディアナ州で35勝無敗という記録を持っています。 「レスリングの本場でガッツリやって戦績もすごいですし、本当にトップの選手だと思うので、それとやってどんくらいのものか、というの(自分の力を)を試したいという気持ちもあります」 ──練習では同じ階級の選手だったり、上の階級の選手とも練習を? 「基本、自分は同じ階級と練習することはないので、いつも上の階級の選手とやるんですけど、それぐらい、それ以上のパワーが(ジャレッドには)あるんだろうと思って。やってみないと分からないんですけど、相当強い力でぶつかってきても大丈夫なようにやってます」 ──以前は米国のイジーレスリングでフォークスタイルも含めたレスリングの特訓をされましたが、日本ではそういった練習の反復をされてもいますか。 「レスリングで言ったらイジーレスリングのときに一緒に行った、石渡(伸太郎)さんが水曜日に教えてくれるので、そこにプロ選手が集まって、MMAで多くあるシチュエーションのレスリングをやっています」 ──3月のDEEPでの川原波輝戦では3Rにフラッシュダウンを喫するなど危ない場面がありました。それ以降、修正したり、何か課題を持って取り組んできたことなどもありますか。 「そうですね。打撃で危ない場面を見せちゃったし、たぶんそこは狙われると思うので、しっかり対応してやっていきます」 ──この階級(ストロー級)でRIZINで試合が組まれて、しかもジャレッドという相手が用意された中で、どんな試合を見せたいですか? 「小さくても力とか迫力とか負けないというところを、他の階級の選手と比べても全然、見劣りしないというところを見せたいですね。そういう試合ができる相手だと思うので。自分の力がほんとうに世界一だ、世界一だと言ってきたんですけど、それが実際にそうなのか証明出来る試合になると思っています」 ──7月のRIZINでは石渡選手、廣田選手が試合をしましたが、どんな気持ちを持ちましたか。 「廣田さんは少し残念でしたけど、石渡さんはしっかり勝って。石渡さんと練習することが多いんですけど、普段から自分に厳しくやっていて試合までの過程をずっと見てたので。しっかり結果が、やった事が付いてきているなと思いました」 ──石渡選手は試合間隔があいた中で勝ち切りました。 「そうですね、さすがだなと思いました」 ──越智選手も続こうと? 「そうですね、そこに続かないと、離されるばっかになっちゃうんで、絶対に追いついて追い越したいと思っています」 ──この試合に勝った後の次の目標は? 「今はこの試合に一番集中して。今の所一番強い相手だと思っているので、この試合に勝つことを一番に考えています。その後も世界にはいっぱい強い選手がいるので、そういう選手をどんどん倒して、RIZINがストロー級の世界一を決める舞台にしていきたいと思っています」 ──他のところでは対抗戦が行われている事に意識はしている? 「そうですね。自分は対抗戦とかあればぜひ出たいし、日本が一番強いという事を証明したいと思っています」 ──国内では修斗vsパンクラスの王者対決が行われるなか、対海外だとRIZINとBellatorと対抗戦が待っています。 「この階級を盛り上げたいし、若い子とかもいっぱいいるので、自分が一番になってこの階級を盛り上げて、日本で小さくても活躍出来るということを証明したいと思っています」 ──(公開練習の)最後の「ウルトラソウル」パンチは? 「気持ち的に盛り上がって出てきちゃったんですけど、そうですね。“ウルトラソウル”見せたいと思っています。やっぱソウルが一番大事だと思っているので。それを、かけました。押忍」 ──ブルックスはトラッシュトーカーとしても有名です。トラッシュトークを仕掛けられたら、乗りますか? 「あまり頓智がきいた回答ができないので、単純な英語で応えようと思っています。というのも、前回のDEEPの試合では相手の言葉などで少し乱されたので、今回は頭はクールに心はホットに戦いたいと思います!」 【『RIZIN.18』試合順決定】 【関連記事】あいと山本美憂が公開練習「レスラーは上のバランスは強い」(美憂)、「Bellator選手との試合でいまの自分の強さが測れる。勝って終わらせたい」(あい)朝倉未来、そして上迫博仁がRIZINで勝つ理由とは?
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事