MMA
レポート

【UFC】ストリックランドがミドル級新王者に!アデサニヤに判定勝ち。武芸百般ヴォルコフがトゥイバサに一本勝ち、マネル・ケイプがUFC4連勝! カラ・フランスに「次はお前だ」

2023/09/10 11:09
 2023年9月9日(日本時間10日)、豪州シドニーのクドス・バンク・アリーナで『UFC 293: Adesanya vs. Strickland』が開催された。  前日計量では、メインの「UFC世界ミドル級選手権試合」(5分5R)を戦う王者イスラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)は184.8ポンド(83.82kg)、挑戦者ショーン・ストリックランド(米国)も184.9ポンド(83.86kg)でパス。  公開計量では、黒のハットに白Tシャツ姿のままスケールに乗ったストリックランドに対し、“ザ・ラスト・スタイルベンダー”アデサニヤは、ナイジェリアカラーの首飾りをつけて周囲にキスを投げて合掌。フェイスオフでは上衣を脱ぎ捨てて“Fワード”で中国でのキャリアを皮肉り笑顔のストリックランドに対し、アデサニヤは無言で挑戦者を見つめた。  先にストリックランドがシドニーの観客からのサポートに感謝の言葉を述べ、「お前らのためにウォーに行く。いくつか脳細胞を失ってくる」とマイクで語ると、続けてアデサニヤは今日の成功について、「それは僕のことではなく、僕たちの後ろに素晴らしいチームがいて素晴らしい文化があるということ。明日があるのでもう十分だ」と語り、ステージを後にした。  また、フライ級で3連勝中のマネル・ケイプ(ポルトガル/アンゴラ)と、欠場したカイ・カラ・フランスの代役として19日前オファーでケイプと緊急対戦するフェリペ・ドス・サントス(ブラジル)も計量をパス。  7日の会見では、会場客席にカラ・フランスの姿を見付けてペットボトルを投げつけ、「目の前に弱虫がいる。3週間も時間があったのにお前は有罪だ。お前のせいで日曜は殺人事件が起こる」と言い放ち、カラフランスのチームメイトのアデサニヤから「敬意を払う必要がある」とたしなめられ「黙って座ってろ、お前の相手はストリックランドだ」と、言い返すなど乱闘騒ぎを起こしたケイプは、この日もテンション高め。  大ブーイングの中、公開計量に登場したフライ級10位のケイプは、黒のサングラスをかけてシャドーボクシングをしながら檀上に上がり、126ポンド(57.15kg)でパス。125.4ポンド(56.88kg)だったフェリペ・ドス・サントスのもとに歩み寄り、握手をかわすとそのまま大きくスタンスを広げてドス・サントスに近づき下から煽るように顔面を近づけた。その挑発的行為にドス・サントスも咆哮。ダナ・ホワイト代表がケイプの右ヒジを掴んで分ける場面も見られた。  なお、アーリープレリムのフェザー級のシェーン・ヤング(ニュージーランド)が149.75ポンド(67.92kg)の体重超過。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のミランダに報奨金の30%を支払う。  大会の模様は、日本時間10日(日)7時30分にスタート予定のアーリープレリム3試合、9時開始のプレリム4試合、11時に始まるメインカード5試合を含む全試合が『UFC FIGHT PASS』ならびに『U-NEXT』でライブ配信されている。 『UFC 293: Adesanya vs. Strickland』速報 【メインカード】 ▼UFC世界ミドル級選手権試合 5分5R×イスラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)24勝3敗(UFC13勝3敗)184.8lbs/83.82kg[判定0-3] ※46-49×3〇ショーン・ストリックランド(米国)28勝5敗(UFC15勝5敗)184.9lbs/83.86kg※ストリックランドが新王者に  ミドル級タイトルマッチ。王者アデサニヤに、5位のストリックランドが挑戦。  アデサニヤは5度の王座防衛に成功後、アレックス・ペレイラに逆転をKO負けも、2023年4月のダイレクトリマッチで2R KO勝ちで王座奪還。  ストリックランドは2022年に4位まで上げて王座挑戦に近づくもペレイラに1R KO負け。2022年12月にはジャレッド・キャノニアにもスプリット判定負けで連敗。しかし、2023年1月にケルヴィン・ガステラムの代役のナッソーディン・イマボフに判定勝ちすると、7月にはアブス・マゴメドフに2R KO勝ち。当初は、アデサニヤの挑戦者として、ロバート・ウィテカーをKOしたドリカス・デュ・プレシが決まっていたが負傷欠場により、ストリックランドにチャンスが回ってきた。  1R、ともにオーソドックス構えから。スイッチするアデサニヤは左前蹴り。さばくストリックランドは前手を払う。左ミドルもはたくストリックランド。詰めて左ジャブ、インロー。かわすアデサニヤも左インロー。前手を触角にして伸ばすアデサニヤは右ロー。上体を立てるストリックランド。アデサニヤの左ミドルを掴むが、深追いせず。  詰めて右を突くが、アークリングでかわすアデサニヤは左ロー。ボディストレート。さらにこつこつと右カーフを打つ。アゴもとのガードを固めてL字ガードで前に出るストリックランドはワンツー! ブロッキングしたアデサニヤは左ボディストレート、オーソからガード上に左ミドルも当てる。  追うストリックランドに回るアデサニヤ。左ハイで距離を作るが、アデサニヤの左フックに右ストレートを当てたストリックランド! 崩れたアデサニヤを詰めて左を連打するが、ケージ際で凌ぐアデサニヤ。  2R、長丁場の5R戦。前足を上げて歩いて詰めるストリックランドは左ジャブ。その圧力に左右から左ハイで押し戻すアデサニヤだが、間合いが近くハードヒットしない。  ワンツーで押し戻して右ローはアデサニヤ。多量の発汗もストリックランドは落ち着いて前に。アデサニヤの右をブロッキングするストリックランド。左右に回るアデサニヤを常に詰めていくと、アデサニヤは右カーフ。ワンツーの右をボディに突くアデサニヤ。左ジャブ、さらに右ストレート。しかしそこにストリックランドも右を合わせに行く。  アデサニヤのフェイントには乗らずに詰めるストリックランド。左肩を前にさばいて右を打ち込むが、アデサニヤもスウェイでかわす。  3R、オーソから入るアデサニヤ。左ジャブをさばくストリックランドは左回りのアデサニヤを追う。カーフから左ミドルを下がりながら打つアデサニヤ。ストリックランドも前蹴りで詰める。打撃の精度はストリックランドの数字。  右ストレートで押し戻したアデサニヤは、右ボディストレート、さらに左の蹴りのコンビネーション。ストリックランドはジャブのダブルで前に。常にケージを背にさせられるアデサニヤは今度は右ハイも空振り。アデサニヤの右をかわして右を打ち込むも、両者かわす。  左ジャブ、フックで前に出たストリックランドだが、見切るアデサニヤが大きな右。これをかわしたストリックランドが左をかすめる。左ジャブからワンツーの打ち合いで最後の左をかすめるストリックランド! 金網に詰めるが、サークリングのアデサニヤ。ストリックランドは右前蹴りで詰めてホーン。2、3Rの手数はアデサニヤが盛り返した。  4R、チャンピオンシップラウンドへ。左ジャブをダブルで突き、右ストレートを打つアデサニヤ。追うストリックランドに左ボディジャブ、右カーフ、ハイと強打ではなくとも当てるアデサニヤ。左ミドルも。ストリックランドは追い足で圧力をかけると、右からの左でかすめ、ワンツーの右! しかし、スウェイするアデサニヤも左を返す。  ジャブ、右を突くアデサニヤ。ストリックランドは近い距離でガード上に左右。固めて受けて離れるアデサニヤは、ストリックランドのジャブにカウンターの右を狙う。  右カーフを打つアデサニヤ。チェックしながら王ストリックランドだが、とらえきれない。回るアデサニヤに追うストリックランドの構図は変わらず。回りながらもアデサニヤは左。ストリックランドは左前蹴りで詰めると、右から左フックもガードの上。  5R、前蹴りから詰めるストリックランド。左の蹴りに、ラウンドを落とせないアデサニヤも左右の蹴りの打ち返し。詰めるストリックランドに回るアデサニヤ。ストリックランドの右のダブルをスウェイでかわし右ストレート。ストリックランドもかわす。  ワンツーから左ミドルのアデサニヤ。オーソに戻して左ハイも手数はどうか。詰めるストリックランドに左フックをガード上に当てるストリックランドはさらに右でアデサニヤにバランスを崩す。前蹴りで距離を取るアデサニヤ。  左の相打ちは胸に。左ジャブのダブルにアデサニヤはブロッキング。回るアデサニヤに右ストレートもかすめるとアデサニヤは左右のフックも軸がぶれる。左前蹴り、さらに前に淡々と詰めるストリックランド。さらに右のダブル! 左回りのアデサニヤに左前蹴りも! アデサニヤは最終Rの流しなのか。手数が出ない。ストリックランドは左を振って前に出たところでホーン。  5R通じて圧力をかけ続けたストリックランドはホーンに両手を挙げて歓喜。アデサニヤはケージに両手を乗せて顔を下に向けた。判定へ。  判定3-0(49-46×3)でミドル級のベルトを巻いたストリックランドは、ケージの中で、「これは夢か? 誰か殴ってくれ。泣きたくないからしっかりしないとな。アデサニヤはすごいKOファイターだが、豪州のファンの声がすごいモチベートになった。毎日、脳神経を失って頑張って来たんだ。だから言葉にならない……。俺みたいな人生でもここに来れたんだ。みんなありがとう!」と涙目で語った。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R〇アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)37勝10敗(UFC11勝4敗)262.95lbs/119.27kg[2R 4分37秒 エゼキエルチョーク]×タイ・トゥイバサ(豪州)14勝6敗(UFC8勝6敗)265.6lbs/120.47kg  1R、詰めるトゥイバサの左右をさばく芦原空手出身のヴォルコフ。前蹴りがローブローもツゥイバサは続行。トゥイバサの蹴りを掴んで崩すヴォルコフ。さらに右の蹴りでツィバサの前進を止める。追うトゥイバサは左インロー。しかし、間合いが空くと、ヴォルコフは左の蹴りを上下のダブルで突く。  右カーフを当てるヴォルコフ。そこに右を合わせに行くトゥイバサだが、ヴォルコフの右ミドルが腹に! 右の蹴りから前に出るトゥイバサだが、ヴォルコフの長い右で迎撃され、腰が落ちる! 動きが止まったトゥイバサに左右の蹴りからガードを固めたトゥイバサに打ち下ろしのラッシュ! トゥイバサはガードを固めてホーンに救われる。  2R、ヴォルコフの右ローに合わせて勇気を持って前に出るトゥイバサ。さらに右カーフを返す。頭が下がるトゥイバサの入りに右アッパーを突くヴォルコフはさらに首相撲ヒザ! しかし、続くカーフには右を振るトゥイバサが前に。さらに右カーフを突くが、その打ち終わりにトゥイバサがダウン! 上を取るトゥイバサにハーフから脇を差して立つトゥイバサに地元のファンは大歓声。  顔が遠いヴォルコフ。右カーフを打つトゥイバサの蹴り足を掴んでこかしたヴォルコフはマウント! さらに肩固め! これを外したトゥイバサにパウンド! 背中を見せたトゥイバサだが、正対してもパウンドを浴びる。上のヴォルコフはマウントからエゼキエルチョーク! ノーギの袖車絞めでタップを奪うと。トゥイバサの手を挙げた。  日本のフルコンタクト空手、剣道、ブラジリアン柔術茶帯のヴォルコフは、試合後「こんなに彼がタフだとは思っていなかったよ。打撃も多かったし、彼に拍手を。極真出身なので突きも蹴りもやろうと思っていた。一本勝ちは10年ぶり(7年)かな」と笑顔を見せた。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇マネル・ケイプ(ポルトガル)19勝6敗(UFC4勝2敗)※UFC4連勝 126lbs/57.15kg[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×フェリペ・ドス・サントス(ブラジル)7勝1敗(UFC0勝1敗)125.4lbs/56.88kg マネル・ケイプ インタビュー  当初、マネル・ケイプと対戦予定だったカイ・カラ・フランスが、練習中の脳震盪により、同大会を欠場することをSNSで発表。3連勝でフライ級5位のカラ・フランスとの試合を決めていた10位のケイプは、代わりにUFCデビューながらMMA7戦無敗1NCのフェリペ・ドス・サントス(ブラジル)と対戦することになった。UFCでのカード変更がなんと「7度目」となるケイプは、9週間前にUFCとの契約更新にサインしたばかり。  朝倉海を2R TKOに下し、RIZINベルトを手土産にUFC参戦を決めたケイプだが、オクタゴンデビュー2試合連続のキャンセルを経ての1戦目と2戦目で、現王者のアレッシャンドリ・パントージャと現6位のマテウス・ニコラウに判定負け。その後、オデー・オズボーン、ジャルガス・ジュマグロフにいずれも1R TKO勝ちで勢いにのった。  しかし、2022年4月のスム・ダルジ戦は、ケイプが禁止薬物トリナボル使用に絡み、3日前に中止。6月のホジェリオ・ボントリン戦は、ボントリンの減量中の体調不良によるドクターストップで試合中止となっており、1年ぶり復帰となる2022年12月の前戦で、ダビッド・ドボジャーク(※10月14日に平良達郎と対戦)に判定勝ちで3連勝をマークした。  その後、アレックス・ペレス、デイブソン・フィゲイレード、カイ・カラフランスら強豪が立て続けにケイプ戦をキャンセルしており、4連勝を目指すケイプにとっては、元タイトルコンテンダーとの試合は、王座挑戦に近づくマッチアップだったが、直前の試合中止となっていた。  カラ・フランスの代役は、8月22日の『Contender Series(DWCS) 2023: Week 3』に出場予定だったドス・サントスに決定。DWCSでは、対戦相手のルチアーノ・ペレイラが欠場し、ケイプの相手として、22歳のドス・サントスに白羽の矢が立った。  ブラジル・サンパウロのシュートボクセ・ディエゴ・リマに所属するドス・サントスは、プロMMA7勝無敗で、2022年11月の前戦『LFA 146』では、ユーゴ・パイヴァに判定勝ち。序盤から最後までアグレッシブな試合運びで、オーソからの高い打点の前蹴り、左ミドル、ヒジ・ヒザからのテイクダウンなど、テイクダウンを9度も決める動きを見せている。一方で、テイクダウンディフェンスは強くないものの、7勝中2KO・TKO、3つのサブミッション(三角絞め、腕関節、ギロチンチョーク)の5試合をフィニュシュしており、29歳で18勝6敗とキャリアで優るケイプを相手に、フレッシュな動きを見せることができるか。  ケイプにとってはランク5位から、侮れないグリーンボーイ相手に変更と、上位陣からことごとく嫌われた形となったが、オクタゴン4連勝で、今度こそ上位陣との対戦を決めるか。  コール時に相手に向かい、インスペクターに制されるケイプ。  1R、ともにオーソドックス構えから。ケイプの前進ににドス・サントスが右ロー。さらに右ローを突き、二段蹴蹴り、跳びヒザと前に出る。回ってさばくケイプだが、右を被弾するケイプ!  しかし、左の相打ちのタイミングでダウンを奪うと、ドス・サントスはガード。体を放すケイプ。スタンドで打ち合うドス・サントスだが、ケイプはサウスポー構えになり左ミドル。しかしその蹴り足を掴まれたドス・サントスが下に。そこから足を肩口にかけてスイープするケイプ。  スタンドでヒザを当てるドス・サントス! ジャブを避けるためかオーソに戻したケイプは鼻横から出血。ケイプの前進に首相撲ヒザも! ケイプは回転バックヒジ。ケイプの前蹴りを掴んで詰めるが、金網際で倒れないケイプ。右を当てるケイプだが、ドス・サントスも長い右を当ててヒザを返す!  2R、オーソから入るケイプはサウスポー構えにスイッチ。右の蹴りを放つドス・サントス。ケイプは左回りでドス・サントスの右を誘うか。しかし、その右ストレートで額が上がる。ケイプはオーソに戻して右のカーフ! バランスを崩したドス・サントスに跳び込んでの右をヒット! ドス・サントスは左ジャブ、右の二段蹴りと上下に散らす。右ローのドス・サントスは二段前蹴り。  バックヒジはかわしたケイプだが、手数が足りない。左ジャブを突くケイプ。ワンツーを当てて、ドス・サントスの打ち返しはかわすケイプ。さらにカーフ。ドス・サントスもインローを返すと後ろ蹴り。シングルレッグも。切るケイプが詰めて左ボディ! これに片ヒザを落としたドス・サントスだが前に。さばくケイプはフックから右ストレートを当てて、終了間際に両手を後ろ手に組む。手数はドス・サントスも後半はケイプが有効打を返している。  3R、観客を煽るドス・サントスが勢いよく中央に出る。ドス・サントスの右をかわしてオーソから右を当てるケイプ! さらに右から左もヒット。右をインサイドに打ち込む。  ドス・サントスもジャブ、ワンツーで押し戻すが、蹴りをさばいたケイプにドス・サントスは右のダブルで前に! 打ち合いの持ち込むサントスは左右で前に出るが、目がいいケイプは連打をかわしてこつこつと左右を返して右のショートフックでドス・サントスの腰を落とさせる。  バスケットのドリブルの仕草を見せたケイプに、ドス・サントスも蹴りで追うが、左右にステップが止まらないケイプをとらえることは出来ず。ドス・サントスの左ジャブの打ち終わりに右を内側に打ち込みヒット! 前に出てもドス・サントスの打ち返しをかわして、ノーモーションの右!  ドス・サントスが右の二段蹴りを見せるが、残り10秒近くなったところでダブルレッグテイクダウン! 下からヒジを打つドス・サントスにケイプも左右のパウンド!  終了のホーンにドス・サントスはケージの上に上がりガッツポーズで歓声。ケイプも負けじとケージに上りガッツポーズもブーイングを浴びた。  判定は3-0(30-27, 29-28×2)でケイプが勝利。会見での乱闘騒ぎもあり、ブーイングを浴びたケイプだが、試合後はドス・サントスにポルトガル語で健闘を称えた。  そして、「実はかなり彼(ドス・サントスを)リスペクトしている。彼は漢だ。俺と試合をしたからね。いままでのみんなはビビってる。そこにいるお前(カラ・フランス)もそうだ。次はお前をブッ倒す」とケージサイドのカラ・フランスを挑発すると、カラ・フランスも首斬りのポーズで応戦した。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R〇ジャスティン・タファ(豪州)7勝3敗(UFC4勝3敗)265.2lbs/120.29kg[1R 1分22秒 TKO] ※左フック→パウンド×オースティン・レーン(米国)12勝4敗(UFC0勝1敗)242.3lbs/109.90kg  1R、タファの前進に、サウスポー構えのレーンが指を伸ばしアイポークで中断。前回も同じアイポークでノーコンテストだったが、今回は再開。左ローのレーンを詰めて右を放つタファ。レーンは高いサイドキックも空振り。しかし前足に左関節蹴り。タファは右に右を当てると、踏み込んでの左フック!  後方に倒れたレーンにタファはマーク・ハントばりのウォークオフでいったん足を止めたが、レフェリーが止めに入らなかったため、強烈な左右のパウンドを打ち込み、試合を決めた。 [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R〇タイソン・ペドロ(豪州)10勝4敗(UFC6勝4敗)205.45lbs/93.19kg[1R 2分12秒 TKO] ※右ストレート×アントン・トゥルカリ(スウェーデン)8勝3敗(UFC0勝3敗)205.35lbs/93.14kg  1R、ともにオーソドックス構え。右ローのトゥルカリにペドロはカウンターの右を放つ。右ストレートが伸びるトゥルカリ。互いに右カーフを打つと、トゥルカリが右を放ち組みに。突き放すペドロは、トゥルカリのフェイントにかからず、ワンツーの右を当てて前に!  下がるトゥルカリにヒザ、さらに右を当ててダウンを奪うと、鉄槌。ペドロは倒れたトゥルカリに刀で斬りつける仕草を見せた。 [nextpage] 【プレリム】※後ほど詳細追加 ▼ライトヘビー級 5分3R〇カーロス・アルバーグ(ニュージーランド)9勝1敗(UFC5勝1敗)※UFC5連勝 204.7lbs/92.85kg[3R 4分49秒 リアネイキドチョーク]×チョン・ダウン(韓国)15勝5敗(UFC4勝3敗)205.3lbs/93.12kg ▼フェザー級 5分3R〇チェペ・マリスカル(米国)15勝6敗(UFC2勝0敗)145.85lbs/66.15kg[2R 3分19秒 バーバルサブミッション]※ジェンキンスが右ヒジ負傷×ジャック・ジェンキンス(豪州)12勝3敗(UFC2勝1敗)145.85lbs/66.15kg ▼ライト級 5分3R〇ジェイミー・ムラーキー(豪州)17勝6敗(UFC5勝4敗)155.35lbs/70.46kg[判定3-0] ※29-28×3×ジョン・マクデッシ(カナダ)18勝9敗(UFC11勝9敗)155.1lbs/70.35kg ▼ライト級 5分3R〇ナスラット・ハクパラスト(モロッコ)15勝5敗(UFC7勝4敗)155.85lbs/70.69kg[判定3-0] ※30-27×3×ランドン・キニョネス(米国)7勝2敗(UFC0勝1敗)155.75lbs/70.65kg 【アーリープレリム】 ▼ウェルター級 5分3R〇チャーリー・ラドキ(米国)8勝3敗(UFC1勝0敗)170.3lbs/77.25kg[判定3-0] ※29-27×3×マイク・ダイヤモンド(ジンバブエ)3勝3敗(UFC0勝3敗)170.25lbs/77.22kg ▼フェザー級 5分3R〇ガブリエル・ミランダ(ブラジル)17勝6敗(UFC1勝1敗)144.95lbs/65.74kg[1R 0分59秒 ネッククランク]×シェーン・ヤング(ニュージーランド)13勝8敗(UFC2勝5敗)※体重超過 149.75lbs/67.92kg※ヤングが体重超過。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のミランダに報奨金の30%を支払う ▼ウェルター級 5分3R〇ケビン・ジュセ(フランス)9勝2敗(UFC1勝0敗)170.5lbs/77.34kg[1R 4分49秒 リアネイキドチョーク]×キーファー・クロスビー(アイルランド)10勝4敗(UFC0勝1敗)170.85lbs/77.49kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント