K-1K-1
K-1
インタビュー

【K-1】大和哲也、12歳年下・近藤拳成との世代交代マッチに「一瞬で決まる試合を見せたい」

2019/08/02 21:08
2019年8月24日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪~』の第5試合、スーパー・ライト級スーパーファイト3分3R・延長1RでK-1甲子園2016 -65kg王者・近藤拳成(大成会館)と対戦する大和哲也(大和ジム/元WBCムエタイ世界スーパー・ライト級王者)。  大和は2005年7月プロデビューの31歳。キックボクシングで数々のタイトルを獲得し、2010年にK-1 WORLD MAX -63kg日本トーナメントで全試合KO優勝を果たす。その後はムエタイルールでの試合に専念していたが、2016年末からK-1に参戦。2018年11月の第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント1回戦でゲーオにKO負けを喫し、今回が9カ月ぶりの再起戦となる。戦績は40勝(30KO) 17敗1分。  対する近藤はK-1甲子園2015 -65kg準優勝、2016同優勝の実績を持ち、プロデビューは2016年4月の20歳。6月のK-1 KRUSH FIGHTではFUMIYAにTKO勝ちして連敗を食い止めた。戦績は2勝(1KO)2敗1分。  大和が9カ月ぶりの復帰を決めた理由、一回り年齢が違う近藤を迎え撃つ心境を語った。 大和哲也はK-1に戻るべきだと思って、K-1で戦うことを決めました ──昨年11月にゲーオ・ウィラサクレックにKO負けをしたあと、今後の試合について色々な葛藤や考えがあったとお聞きしています。改めてK-1で戦うことを決めた一番の理由は何だったんですか? 「本当に最後は『やっぱりK-1でしょ!』というのが一番ですね。僕もK-1に魅せられて格闘技を始めた人間で、今目の前にK-1という華やかな舞台・世界がある。格闘技を始めたきっかけも含めて、タイトルがかかった試合で2回こけたからといって、それだけでK-1を辞める必要はないな、と。大和哲也はK-1に戻るべきだと思って、K-1で戦うことを決めました」 ──K-1で戦うことを決心して、周りの反響はいかがでしたか? 「色々と悩んでいる時に『またK-1で見たいです!』という声もたくさんいただきましたし、逆に『大和選手がどこに行っても応援します!』という声もあって、すごく嬉しかったです。そういったファンの方が背中を押してくれたというか、身近で応援してくれる仲間もそうですけど、改めて応援してもらえることのありがたさを感じました。またK-1で激しい試合を見せたいと思っています」 ──改めてゲーオとの一戦を振り返って、どんなことを感じましたか? 「僕は対戦相手と向き合うと“哲也スカウター”が発動して、相手の強さが何となく分かるんですよ。ゲーオと試合をした時は、自分の中でゲーオ像を大きく持ち過ぎていて、ゲーオのことをものすごく強い選手だと思っていたんです。で、ゲーオと向かい合った時に『あれ? イメージしていたゲーオと全然違う』と思って、正直に言うと『これならいける!』と思いました。あの時はトーナメントの一回戦だし、この感覚だったら倒して勝っちゃった方がいいと思って、一気に倒そうと思って戦ったら……完全にゲーオのハイキックを見過ごしていましたね(苦笑)」 ――哲也スカウターが狂ってしまった、と。 「はい。試合が始まってファーストコンタクトがあると、さらに相手のことが分かるんですけど、ゲーオのミドルを受けた時も蹴りが強いと感じなかったんですよね。そこで完全に隙が生まれました(苦笑)。イメージしていた強いゲーオと自分が相手と向き合ってファーストコンタクトしたゲーオにギャップがあったというか、それが完全に隙になっちゃいましたね。去年は3月に(野杁)正明、11月にゲーオに負けて、過去の経験でも2度もタイトルに絡む試合で負けることはなかったので、ちょっとそこはショックでしたね」 ──確かに大和選手はタイトルマッチに強く、たくさんベルトを巻いてきた格闘技人生だったんですね。 「そうですね。基本的にタイトルマッチではベルトを獲ってきたので、2回もK-1のベルトを獲れなかったことに落ち込むというか葛藤もありました。チャンピオンがゲーオから安保瑠輝也選手に変わって、道程は変わったかもしれませんが、自分が獲るべきものは変わらないので、もう一度奮起してK-1のベルトを獲りにいきます」 ──今大会では近藤拳成選手と対戦することになりました。拳成選手とは一回り(12歳)年齢が違うというのは驚きでした。 「会見に行く道中で相手のプロフィールを見ながら99年生まれというのを見て、本当にびっくりしました。自分も本当にベテランの域に来たんだなというのを実感します。自分はここまで年齢・キャリアに差がある相手とやったことがないので。そういう意味では色々感慨深い試合にはなるかなと思います」 ──今回はどんなテーマを持って戦おうと思っていますか? 「前回はゲーオにKO負けして何もできずに終わってしまったので、見ている人たちに『やっぱり大和哲也は強いな!』と思ってもらえるような、一瞬で決まる試合を見せたいです。拳成選手は若くて勢いもあると思うので、そこに自分がどうベテランらしく対応して一瞬で仕留められるか。緊張感でピリピリするような中でも、ハラハラさせずに一瞬で終らせれるようにしっかり仕上げたいと思います」 ──繰り返しになりますが、その先に見据えているのはK-1スーパー・ライト級のベルトだ、と。 「そうですね。今はもうK-1のベルトを獲ることしか考えていません」 ──ちなみに今まで大和選手は2度挑戦して獲れなかったベルトというのはあるんですか? 「ないですね。一度目は失敗しても、二度目の挑戦で必ず獲ってきました。二回チャレンジして獲れなかったのはK-1のベルトだけなので、三度目の正直でベルトを獲ります。僕ももう32歳になりますし、本当にこの一戦、今年の一戦一戦は進退をかけるじゃないけど、自分でも自分を試すような試合が続くと思います。今回の試合は消化試合とは思ってないですし、本当に大事な試合だと思っています。自分のパフォーマンスをどれだけ引き上げられるかを再確認する試合になると思います」 ――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをいただけますか? 「対戦カード発表会見で拳成選手と並んで、切羽詰まった人間の強さ・内に秘める精神的な強さを感じました。そういう選手は年齢・キャリア関係なく本当に強い選手だと思っています。僕はそういう若い選手に対して、ベテランとして内に秘める熱い想いを冷静に持ち、激しく戦って一瞬で仕留める。それが今回のテーマです。みなさんも楽しみにしていてください」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事