MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉兄弟が大改革「今のままでは世界のトップ選手とやっていくのは厳しい」「海外のトップ選手のいるジムに負けない環境をこれから作る」

2023/08/03 12:08
 2023年7月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『超RIZIN.2』のメインイベントで、1R2分41秒、リアネイキドチョークでヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)に敗れ、RIZINフェザー級王座を逃した朝倉未来(トライフォース赤坂)。  この試合結果を受けて、トライフォース赤坂が“大改革”を行っていくことを弟の朝倉海が自身のYouTubeチャンネルにて明かした。  海は「今のままでは世界のトップ選手とやっていくのは厳しいと思うし、この環境を変えていかないといけないといけない」と以前から問題意識を持っていたが、今回の兄・未来の敗戦を受けてトライフォース赤坂の選手とコーチでミーティングを行ったという。  その結果、「海外のトップ選手のいるジムに負けない環境をこれから作ります。海外からコーチを呼んだり、海外からトレーニングパートナーを呼んだり。詳しい内容はおいおい話すことになりますが、ガラッと強くなるために環境を変えるつもりです」と、海外のメガジムに負けないような環境を作って行くことになった。  海が信頼する打撃コーチの「エリーも今年中に日本に住んでもらって完全にトライフォースのコーチになってもらう予定です」と、専属トレーナーになってもらう予定だという。 「海外のジムに負けない環境を日本で作らないといけない。そうしないとケラモフとかアゼルバイジャンの選手に勝っていけないと思うので。変わらないといけないなというきっかけになりました」と、兄・未来の敗戦が一気に舵を切るきっかけになったとする。 「(未来は)ここで負けてもう辞めますっていう男ではないと思っているし。俺ら兄弟ってアウトサイダーの頃からずっと綺麗に勝ち続けてきたわけじゃなくて、時には失敗して負けて、そのたびにいろいろ考えて修正してここまで登って来て。でも、絶対に最終的にはトップになるので。兄貴も絶対に引退はしないと思うし、RIZINでも俺らが絶対にトップを獲るので、すぐに戻ってくると思います」と、兄弟そろって、そしてヒロヤと西谷大成も含めて必ず逆襲すると宣言した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント