MMA
レポート

【修斗】渡辺彩華がプロ4戦目でSARAMIにTKO勝ちで新王者に! ジェニー・ファンが古賀愛蘭に逆転一本勝ち、中村未来が川西茉夕に熱闘勝利。インフィニティリーグに藤野恵実が参戦

2023/05/21 12:05
 2023年5月21日(日)修斗の昼夜興行の昼大会として13時から東京・ニューピアホールにて、女子修斗公式戦「COLORS Produce by SHOOTO」が開催された。  メインは、世界王者SARAMI(パンクラスイズム横浜)が渡辺彩華(AACC)を迎え撃つスーパーアトム級世界戦。セミファイナルに注目の古賀愛蘭(BURST)とジェニー・ファン(AACC)のアトム級戦が並んだ。 【写真】集合しての撮影では「COLORS」 の「C」のマークでポーズ。  大会の当日券は12時30分から販売。ABEMAにて配信された。 [nextpage] 女子修斗公式戦「COLORS Produce by SHOOTO」速報 2023年5月21日(日)東京・ニューピアホール ▼メインイベント・第7試合 世界女子スーパーアトム級チャンピオンシップ 5分5R×SARAMI(王者・初防衛戦/パンクラスイズム横浜)49.7kg[2R 2分36秒 TKO] ※パウンド〇渡辺彩華(挑戦者・同級2位/AACC)49.4kg※渡辺が新王者に  メインイベントは、修斗世界女子スーパーアトム級王者のSARAMI(パンクラスイズム横浜)に、同級2位・渡辺彩華(AACC)が挑戦する5分5Rのチャンピオンシップ。  MMA17勝13敗の王者SARAMIは、2021年11月に3度目の対戦となる黒部三奈とベルトを賭けて対戦し、フルマークの判定勝ちを収め第2代修斗女子世界スーパーアトム級王者に。  2022年4月に初参戦のRIZINで浅倉カンナに判定負けも、その悔しさをバネに2022年11月にラーラ・フォントーラに魂のテイクダウンを決めて判定勝ち。再起を遂げている。  対する渡辺彩華は、まだMMA2勝1敗ながら、その対戦相手はルーキーとしては異例の大物ばかり。  2020年12月のプロMMAデビュー戦で神野あかりに1R TKO勝ち後、2022年10月には大会直前の対戦相手変更にも関わらず、前ストロー級クィーン・オブ・パンクラシスト藤野恵美を相手に十分すぎる打ち合いを見せた。  続く2023年1月の修斗では、初代スーパーアトム級王者の黒部三奈を2R、サウスポーからオーソにスイッチしてのカウンターの右アッパーでKOに下している。  ともに柔道ベースで組み負けないSARANIには精緻なジャブ、ムエタイの首相撲ヒジ・ヒザもある。新鋭の挑戦を跳ね返すか。25歳の渡辺は黒部戦に続き、MMAで8年キャリアが上のSARAMIも撃破するか。  1R、オーソから右カーフを3度当てる渡辺。サウスポー構えでは左ミドル。SARAMIは左ジャブから右を突く。  2R、渡辺の入りに右を狙うSARAMI。左ジャブ、左フックを軌道を変えて打ちこむSARAMIに、ステップで位置取り変える渡辺は、右ボディストレートから左の三日月蹴り。続けてボディストレートのフェイントから離れ際に左ハイ!  腰を落としたSARAMIはすぐに立て直しボディロックへ。それを剥がして渡辺はスタンド勝負。今度は左ストレートから同側の左ハイを効かせたところでSARAMIが足を泳がせダウン! パウンド連打にレフェリーが間に入ると同時に、コーナーからバトンも投げ込まれた。  アリーシャ・ガルシア戦を彷彿させるハイキックでの勝利を決めた渡辺は、ベルトを腰に、勝利のティアラを頭に抱き、「美女からシンデレラになりました。AACCに移籍して連戦で厳しい相手ばかりでしたが、ジムのみんなのおかげで頑張ることが出来ました(涙)。もっと強い選手に挑んでいくので応援宜しくお願いします」と語った。 [nextpage] ▼第6試合 女子アトム級 5分3R×古賀愛蘭(BURST)47.5kg[3R 2分30秒 チョーク]〇ジェニー・ファン(AACC)47.2kg  まずは女子格闘技の“レジェンド”藤井惠の元で鎬を削る古賀愛蘭(BURST)と川西茉夕(BURST)が出場。古賀は5歳から始めた日本拳法で培った鋭い打撃に加え、さらにMMAの基礎を学ぶため、BURSTの門を叩いた21歳。鋭いステップワークと抜群の距離感で戦い、RIZINの大舞台でも物怖じしない舞台度胸を持つZ世代期待の女子ファイターの一人だ。  2021年11月のRIZINでにっせーにスプリット判定負け後、2022年4月にパク・シウにフィニッシュさせずに判定負け。2022年12月に宝珠山桃花とドロー判定後、2023年3月の前戦「Shooto BORDER 2023: The 1st」では、檜山美樹子を1R TKOで下している。  対するジェニー・ファン(AACC)は、テコンドーと柔道をベースにプレッシャーをかけて距離を詰めるスタイルでONE Championshipで活躍。2015年のプロデビュー後、ONEで4連勝も、その後、山口芽生との2戦の判定負けを含む5連敗を喫した。しかし、2022年12月にはPANCRASE横浜大会に参戦し、沙弥子を打撃で上回り、2Rにリアネイキドチョークで極めて再起を果たしている。  日本拳法の古賀とテコンドーのファン、ベースが異なる打撃をルーツに持つ二人だが、MMAの立ち技でイニシアチブを取るのは古賀愛蘭か? ジェニー・ファンか?  1R、ファンの入りに右を突く古賀は、詰めるファンにダブルレッグテイクダウン! がぶりの古賀から首抜き立つファンをなおも詰めてシングルレッグテイクダウンする。ハーフガードのファンは金網で立ち上がりへ。首をがぶる古賀に首抜き、右カーフも。そこに左を当てる古賀! ファンの組みを切って、終了間際にダブルレッグテイクダウンを決める。  2R、右カーフのファンは組むと首投げも、すぐに立つ古賀はスタンドバック狙い。正対したファンの上を取り、ハーフからフルガードにするファンの上からパウンド。ファンの下からの仕掛けに体を離すと、ファンはシッティングガードで近づく。  3R、古賀のダブルレッグテイクダウンに柔術立ちするファンは、ノーアームギロチンチョーク! 首を抜いて上になる古賀にオモプラッタからチョーク(クラークプラッタ=クラーク・グレイシーの得意技)。古賀がタップし、ファンが逆転勝利!  ファンはあらかじめ用意した紙を見ながら日本語で「AACCの阿部先生、仲間たち、周りにいる方々に感謝します。格闘技が発展している国で女子で強い人たちと戦うのが私の夢でした。両親は私が格闘技に出ることは望んでいませんが、私自身は夢に向かってがんばれることが、すごく、うれしいです。今後もがんばっていきます」と語り、大きな拍手を受けた。 [nextpage] ▼第5試合 女子アトム級 5分3R〇中村未来(マルスジム)47.5kg[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×川西茉夕(BURST)47.3kg  その古賀と同門の川西茉夕(BURST)は、プロデビューから2試合連続でアームロックで一本勝ちをおさめ、早くもフィニッシャーとしての片鱗が垣間見える。  柔道出身のBURSTの川西は、2019年8月のアマチュアDEEPで山田凛音を判定で下し、12月の大阪大会ではHIMEに47秒、リアネイキドチョークで一本勝ち。コロナ禍のなか、病院での仕事の関係で試合から離れていたが、2022年9月の修斗「FORCE16」高松大会で復帰し、檜山美樹子にキムラロックで一本勝ち。そして2022年12月の前戦「TORAO 28」で毛利道場の和田千聖にもキムラロックで一本勝ちしている。  師匠の藤井惠からも、「身体能力が高くバランスが良い」と高評価を得ており、柔道ベースながら打撃からのテイクダウンも駆使し、“打倒極”にもバランスの良さを見せるコンプリートファイターだ。  対するは、2022年のインフィニティリーグ準優勝の中村未来(マルスジム)。Road to ONEで平田樹に、シュートボクシングではMISAKIに敗戦も、修斗では2022年に3戦し、小生由紀、加藤春菜に判定勝ち後、渡辺久江にKO勝ちするなど3勝をあげる健闘を見せている。  古賀愛蘭vs.ジェニー・ファン、中村未来vs.川西茉夕の2試合は3R戦で組まれており、タイトル戦に向けたセレクションの意味が含まれていることは明白。ビッグインパクトを残すのは果たして誰になるのか? その先にはOne Friday Fights 5でも勝利した世界王者・澤田千優が待っている。  1R、サウスポー構えの中村の右前手フックに川西が左を合わせて中村を後退させてテイクダウンもすぐに立つ中村が外足を取って左ストレート。さらに先に前に出て連打。後ろ廻し蹴りも。川西の組みにヒジでフレームを作ってヒザを突く。  2R、川西の出入りに角度をつけて入る中村は右足を外にワンツーの左で川西をケージに追い込む。  3R、ダブルレッグからみたび脇潜りスタンドバックにつこうとする川西。一度はボディロックから大腰で投げるが、その都度中村は正対。フレームを作ってヒザを突き、ニンジャチョーク狙い、離れて右前蹴り、バックフィストを見せる。  激しいスクランブルとなった熱戦の判定は3-0(30-27, 29-28×2)で中村が勝利。判定に頷いた中村は「去年、初代ベルトを獲れず悔しい思いをしました。今日、強敵に勝ててひと安心しています。タイトルを目指してまた一つひとつ勝っていきます」と語った。 [nextpage] ▼第4試合 COLORSグラップリングルール 53kg契約 8分1R△前澤 智(リバーサルジム東京スタンドアウト)52.2kg[ドロー 時間切れ]△杉内由紀(ポゴナさいたま)52.7kg  元DEEPJEWELSアトム級王者・前澤智のCOLORS参戦が決定。過去にはRIZINなどの大舞台も経験したが2020年10月にMMAを引退。その後は柔術や組技を中心に活動の場を広げている。  対するは国内の柔術、組技の先駆者とも言える杉内由紀。2019年には寝技格闘技イベント『QUINTET』に“TEAM BJJ KUNOICHI”の先鋒として出場し、秒殺で3人抜きを果たしており、組技の実績は周知の通り。  しかし、今回特筆すべき点は他にもあり、なんと杉内は2004年に行われた『G-SHOOTO』旗揚げ戦に旧姓の古舘由紀の名で参戦しており、得意の腕ひしぎ十字固めで勝利をおさめている。あれから19年。時を経て『COLORS』の旗揚げ戦に出場することになるとは夢にも思わなかっただろう。  そんな杉内由紀と前澤智はこれまで一度も対戦することがなく、意外にも今回が初対決。尚、この一戦はサブミッションオンリーのCOLORSグラップリングルール(8分1R・時間切れの場合引き分け)で行われる。トップグラップラー同士の華麗な動きに注目だ。  1R、立ちの組みは力強い柔道ベースの前澤。杉内はシッティングガードから前澤の右手首を掴んでラッソーで外がけ。抜けてストレートフットロックの前澤は外して上取り首を抱えてハーフからギロチン狙い、アメリカーナを仕掛ける。  防ぐ杉内はヒザを入れようとするが、首を抱える前澤はいったん体を離し、足をさばいて、ここも首かかえてハーフからパス狙い。牛殺しも狙いながらマウント、腕十字を狙う。  杉内は潜りから足がらみへ。残りわずかで前澤も外ヒールへ。互いに防いでホーン。時間切れドローとなった。 [nextpage] ▼第3試合 epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級 5分2R〇杉本 恵(AACC)51.7kg[判定3-0] ※20-18, 20-17×2×吉成はるか(シューティング宇留野道場)51.9kg  1R、サウスポー構えの吉成に、オーソの杉本は左右回転速くラッシュ。左で差して押し込み左右ヒザ! 金網背に首相撲に組む吉成は組み手を変えて右を小手で細かいパンチ。ブレーク。左右の細かい連打で吉成を金網に詰める杉本。ホーン。  2R、吉成の前進に杉本がダブルレッグテイクダウン! 左でオーバーフックする吉成は下から右鉄槌。しかし、体を離した杉本は足をさばいてパウンド。ハーフの吉成に背中を着かせマウント、リアネイキドチョークへ!  前に落とした吉成はパウンドもすぐに杉本はシングルレッグでレッスルアップ。立ち上がりダブルレッグテイクダウン! 吉成のキムラ狙いを外して上に。吉成の立ちを詰めてホーン。  判定3-0(20-18, 20-17×2)で杉本が勝利。インフィニティリーグ勝ち点2を獲得した。 [nextpage] ▼第2試合 epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級5分2R〇宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)51.8kg[1R 4分19秒 リアネイキドチョーク]×エンゼル☆志穂(GSB多治見)51.6kg  1R、詰める宝珠山に志穂は左を振って組むが、切り返して上になる宝珠山はバック奪い両足かけてリアネイキドチョーク。タップを奪った。宝珠山はインフィニティリーグで好発進を切った。 [nextpage] インフィニティリーグ2023 女子ストロー級に藤野恵実が参戦 ◆epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級出場選手杉本 恵(AACC)宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)吉成はるか(シューティング宇留野道場)エンゼル☆志穂(GSB多治見)Xは藤野恵実と発表 ※2023年5月21日から2024年1月28日のニューピアホール大会まで全10試合を行い、最終戦を終えた段階で、1位、2位の選手で2024年に「初代女子世界ストロー級王座決定戦」を行い、初代ストロー級女王を決定。 ※エンゼル、吉成は2022年全日本での昇格組、経験豊富な宝珠山、世界ランカー・杉本。そしてX=藤野で構成。藤野は7月からリーグ戦参加となる。 [nextpage] ▼第1試合 女子アトム級 5分2R△渡辺久江(ZERO)47.6kg[判定1-0] ※20-19, 19-19×2△玉田育子(AACC)46.3kg  1R、サウスポー構えの玉田に、右インローの渡辺。圧力かける渡辺は右前蹴り。その打ち終わりに組んだ玉田がボディロック。ダブルレッグテイクダウンからハーフの渡辺に鉄槌、尻で座る渡辺は金網背に立ち上がり。玉田のがぶりから首上げ、玉田の組みを切ると玉田は引き込みに。  2R、右インローの渡辺に、シングルレッグで金網に詰める玉田。上の組みからスタンドバックにつくと右足をかけて崩しへ、がぶりからボディ打ちを効かせる渡辺に玉田は引き込む形に。体を離す渡辺はスタンド勝負で右インロー。玉田の組みを切ってホーン。  判定は1-0(20-19, 19-19×2)でドローに。 [nextpage] ▼オープニングファイト COLORSグラップリングルール 49kg契約 5分1R(※13:00開始)△井上愛羅(ストライプル茨城)[ドロー]△NOEL(AACC)  1R、シッティングガードの引き込みの井上はNOELをクローズドガードの中に入れる。下から三角、腕十字狙いの井上に、かつぎパス狙いからストレートフットロックのNOEL。足を抜く井上は再びシッティングガードからクローズドガードに入れて仕掛けるがドロ―に。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント