MMA
インタビュー

【UFC】“世界のTK”高阪剛&格闘技ジムにも通う俳優・松尾諭が語る7.7『UFC239』の見どころ

2019/07/06 23:07
日本時間の7月7日、米国ネバダ州ラスベガスのT‐モバイルアリーナで『UFC239』が開催される。 メインイベントは、“絶対王者”ジョン・ジョーンズが3連続KO勝利中のティアゴ・サントスを迎え撃つUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ。 さらにUFC女子初の2階級制覇をはたしたアマンダ・ヌネスに、元ボクシング世界3階級王者ホーリー・ホルムが挑むUFC世界女子バンタム級タイトルマッチも行われる。この豪華2大タイトル戦の見どころを、WOWOW『UFC-究極格闘技-』解説者としても知られる“世界のTK”高阪剛に語ってもらった。 【写真】GettyImages 高阪「サントスがまだ見ぬジョーンズを引き出すか注目」 ――UFC239のメインはジョン・ジョーンズvsティアゴ・“マヘタ”・サントスのライトヘビー級タイトルマッチです。王者ジョーンズは復帰後3戦目になりますが、ここまでどう見ていますか? 高阪 復帰後も2連勝していますが、ちょっと本来のジョン・ジョーンズらしくないな、という試合が続いている気はしますよね。 ──復帰1戦目がアレクサンダー・グスタフソンに2ラウンドでTKO勝ち、前回はアンソニー・スミスに大差の判定勝ちと、どちらも完勝しているにも関わらず、やや物足りなさを感じる、と。 高阪 もちろん期待が大きすぎるがゆえなんですけどね。どうして“らしくなさ”を感じてしまうかと言うと、以前のジョン・ジョーンズは相手がガンガン攻めてきたところに、自分がカウンターを当てたりとか。縦ヒジを入れて、そこからテイクダウンとか。立ったまま締め落としたりとか。そういう多彩でアグレッシブな闘いが信条だったと思うんです。欠場中に何かを悟ったのか、自分のスタイルを洗い直した感があるんですよ。 ──より“大人の闘い方”になっているというか。 高阪 そうですね。前回のアンソニー・スミス戦をあらためて見返してみたのですが、相手の攻撃を止める動きが、随所に見られたんですよ。スミスも本来はもっとアグレッシブに攻める選手ですけど、それをさせない動きをジョーンズがしている。たとえば、リストコントロールという、組んだときに相手の手首をつかんで、四つ組にさせない、首相撲を取らせない、タックルにもいかせないという、そういったようなことをやっているんです。またスタンドにおいても、スミスが前に出ようとしても前蹴り使われて距離を取られるし。思い切って踏み込んでも、ヒジを使われるし。対戦相手を“どうにも前に出られない”“うまくいかない”という状況にさせているんですね。 ──かつてのジョーンズは、相手が攻めてきたところを抜群の反射神経で“際”を制して仕留めるようなところがありましたが、その状況にすらさせないわけですね。 高阪 だからより厄介な存在になっているし、マスター、達人への道を歩み始めていますよ。これは対戦相手にとっても、若い頃のジョン・ジョーンズの才能垂れ流しみたいな試合を観て感動していたファンにとっても、困ったものです(笑)。 【写真】GettyImages ──そんなジョーンズと今回相対するのがサントスです。こちらも絶好調で、ミドル級からライトヘビー級に転向以来、3連続フィニッシュ勝利、しかもポストファイトボーナスも3連続で獲得しています。高阪さんから見てサントスはいかがですか? 高阪 自信を持って闘っているのが、いい方向に作用してますよね。技術的なことで言うと、彼のバックボーンであるカポエイラ特有のものだと思うんですけど、構えがオーソドックスとサウスポー、どちらが得意というのもない闘いをするんですよ。そこが強みだと思います」 ――それだけ変幻自在な闘い方ができるということですか。 高阪 蹴りなんかでもキックボクシングとは若干違っていて、蹴った足を戻さなくてもいいという感覚でやっているんですよ。例えば、左構えから左足で蹴って、そのまま足を戻さずにオーソドックスの構えで、次の打撃を連打したりとか。どっちが得意という概念が彼の中にはない。これは相手からしたら、どの打撃が来るのか予測が非常に難しいと思うんですよね。だから自分としては、これをそのまんまジョン・ジョーンズにぶつけてほしいんですよ。 ――読めない打撃でガンガンいってほしい、と。 高阪 しかも、それはトリッキーなだけでなく、当たったら倒れる強い打撃ですから。あの打撃をやられたら、ジョーンズも「顔面にもらったら危ないな」という認識を持つと思うんですよ。そして「危ないな」と思ってくれれば、以前のジョン・ジョーンズに戻るんじゃないかなって(笑)。 ――危機を察知して、アメージングな動きを出してくるんじゃないかと。 高阪 そう。獣が追い込まれたときに、馬鹿力がでるみたいにね。そのジョン・ジョーンズの力を出させることができるのは、ティアゴ・サントスかなと思うんですよ。サントスがジョーンズを振り回してくれれば、そういうスクランブルの中から、まだ見ぬジョン・ジョーンズが見られるんじゃないかなと。自分はそこに期待していますね。 高阪「ヌネスvsホルム戦は、今後の女子MMAシーンを大きく左右する一戦」 【写真】GettyImages──続いて女子最強王者アマンダ・ヌネスにホーリー・ホルムが挑戦するバンタム級タイトルマッチはどう見ていますか? 高阪 まずアマンダ・ヌネスは前回、1階級上のフェザー級王者クリス・サイボーグに殴り勝ったことでもわかるとおり、女子格闘技界屈指のハードパンチャーですよね。また、顔にパンチを当てる感覚に長けてるんですよ。一見振り回しているパンチに見えますけど、顔に当たるように微調整をしている。それも考えてやっているのではなく、その感覚が身についている。いわば身体がそう機能しているんですよね。 ――サイボーグ戦ではラッシュを仕掛けたパンチが、ほとんどヒットしていました。 高阪 ただ、サイボーグのような打ち合う選手相手には、無類の強さを発揮するのですが、現・女子フライ級王者のヴァレンティーナ・シェフチェンコと対戦したときは、シェフチェンコが距離をとって闘ったので、ヌネスはなかなか前に出られずやりづらそうだったんですよ。 ――結果も2-1の判定で、なんとか競り勝った感じでした。 高阪 だからシェフチェンコ戦では、前手のジャブを頻繁に出しながら、自分の距離に少しずつ近づかせるような闘いをしていたんです。ヌネスは自分の距離というものが確立されていて、“制空権”に入ったら高い確率で顔面を捉えられる強さがありますから。 ──そういう接近戦で圧倒的な強さを見せるヌネスに対して、フットワークを駆使するホーリー・ホルムは、ある意味で天敵になりうる存在なのでは? 高阪 そういう面はあると思いますね。大前提として、ホルムは構えがサウスポーで、ヌネスはオーソドックス。ケンカ四つの状態になるので、そこからホルムはすごく生き生きしだすんですよ。 ――左ハイキックでKOして世界に衝撃を与えたロンダ・ラウジー戦も、ホルムがサウスポー、ロンダがオーソドックスでした。 高阪 またフットワークが抜群で、しかも足のスタミナがすごくあるんですよ。最終ラウンドまで自分のスタイルを崩しませんからね。とくにコンビネーションとしては、ステップを踏んで距離をとり、相手が焦れて踏み込んできたとき、バックステップしながら、左ストレート、右フックからの左ハイキックというのが得意技ですよね。これを何度も出すのですが、その都度、足の踏み込む位置が違ったりするので、同じコンビネーションでも相手にしたら、違う攻撃に見えるんでしょう。だからヌネスといえども、不用意に前に出てカウンターをもらったら、ホルムの餌食になりかねない。逆にヌネスが踏み込んだときに連打が打てたら、ホルムも倒れると思う。そこの駆け引きですよね。 ──ヌネスが踏み込んだ瞬間が、勝負を左右すると。 高阪 あともう一つ、ホルムは距離が近くなった場合、組みにくるんですよ。その組むスピードも速いし、寝技や組みで相手のほうにアドバンテージがいきそうになったら、深追いせずにすぐ離れる。そこも彼女の技術だと思うんですよね。そこでやりあって相手を削っておいて、自分はスタミナが十分なので、相手の足が止まったところで左ハイを打つことができる。そこまで持っていけるかどうかですが、これは楽しみな試合ですよ。 ──では、いまや敵なしのヌネスをもっとも倒す可能性があるのがホルムだと。 高阪 その可能性は充分ある、高い次元のマッチアップですよね。 ──ここでもしホルムが勝ったりすると、女子バンタム級戦線がまたわからなくなります。 高阪 ホルムはフェザー級でサイボーグに負けているし、ヌネス、ホルム、サイボーグの3人がじゃんけんみたいな関係にもなりかけない。だから今後の女子MMAシーンを大きく左右する一戦でもあると思います。(取材/文・堀江ガンツ) 俳優・松尾諭が愛してやまない『UFC』の魅力を熱弁! 出演作『アフロ田中』の胸キュンポイントも解説 日本時間の7月7日、米国ネバダ州ラスベガスのT‐モバイルアリーナで開催される『UFC239』に向け、WOWOWでは午前11時から『UFC239 inラスベガス』を独占生中継する。 同大会では、ライトヘビー級の絶対的王者ジョン・ジョーンズが挑戦者ティアゴ・サントスと激突。また、女子選手として初の2階級制覇王者に輝いたアマンダ・ヌネスに、ホーリー・ホルムが挑戦する。 この注目のダブルタイトルマッチの番組ゲストを務めるのは、UFC好きとしても知られる俳優の松尾諭。多くのドラマの名バイプレイヤーであり、7月5日(金)からスタートするWOWOWオリジナルドラマ『アフロ田中』にも出演する。 そこで『UFC239 inラスベガス』での注目選手やUFCそのものの魅力、そしてドラマの見どころなど、余すことなく話してもらった。 ──UFCを好きになったきっかけを教えてください。 松尾 僕ら世代は大体そうだと思いますが、PANCRASE、PRIDE、リングスあたりから総合格闘技を見るようになって、UFCの存在も知っていたのですが、なかなか見る術がありませんでした。当時は貧乏だったのでWOWOWにも加入できず……(笑)。それで、WOWOWでドラマに出演するにあたって、WOWOWに加入した方がいいのではと思い、嫁を説得して念願のWOWOW視聴ができるようになりました。それがだいたいドス・サントスがヘビー級の王座になった時くらいからです。それからずっとUFCを見ていました。あ、WOWOWのドラマにも出ていたので、もちろんそっちも見ていました(笑)。 ──UFCの一番の魅力を教えてください。 松尾 進化のスピードですね。スポーツとしても、競技としてももちろんですが、それに加えて技の移り変わりが早いところも魅力的です。 ──『UFC239 inラスベガス』では、ダブルタイトルマッチが行われます。注目選手を教えてください。 松尾 タイトルマッチでいうと、ヌネス戦です。ホーリー・ホルムは綺麗なのですが、どこかいつも悲壮感が漂っています。勝った時も喜びが爆発しているというよりも悲壮感が感じられます。一方のヌネスは前回の(クリス・)サイボーグ戦で、野獣っぷりがすごかったです。今回は、その野獣にホルムがどこまで食い下がれるか、というところに注目したいですね。立ち技勝負になれば、ホルムが意外とうまく立ち回るのではないかとも思います。ジョーンズ戦もサントスがどこまでジョーンズに食い下がるのかです。ジョーンズは復活してから右肩上がりに調子を上げているので、あの勢いは止められないかと思います。 【写真】GettyImages ──スバリ勝者を予想するとしたら? 松尾(即答で)ヌネスです。ライトヘビー級も王者のジョーンズが勝つと思います。 ──そうなると、ホルムの独特な表情は見られないでしょうか? 松尾 勝った時の悲壮感なら見たいですけど、負けた時はホントに辛そうなので、あまり見たくはないですね。ただ、オクタゴンに入っていく時の表情もそうなのですが、ヌネスは(ホルムとは対照的に)ノリノリで入場してくると思うので、その(両者の)ギャップある表情を見るのも楽しみです。 ──ご自身の格闘技経験についてお聞きします。やり始めたのはいつ頃からでしょうか? 松尾 10年くらい前からです。たまたま知人に紹介されました。ただ、ものすごくキツイので、10年近くやっているのですが、ジムに通ったのは多分20~30回くらい。完全なる幽霊部員です(苦笑)。 ──続けている理由は? 松尾 もちろん格闘技が好きなのですが、変な意味ではなく“もみ合う”のが好きなんです。全身のありとあらゆる筋肉を使って、もみ合っていたいですね。変な意味じゃないですよ(笑)! エクササイズとしてです。 ──芸能界にも多くの格闘技ファンがいると思いますが、どんな方と格闘技の話をしますか? 松尾(ドラマで共演した)岡田准一くんもそうですし、脚本家の金城(一紀)さんは格闘技好きで、UFCのDVDを借りたりしていました。そういえば、最近誰かとも(UFCの話を)したな~。誰だったかな? あ、思い出しました。裏方のスタッフさんだ(笑)。 ──UFCで好きな選手はいますか? 松尾 アンデウソン・シウバです。PRIDEから出ていたこともありますし、ファイトスタイルが(ファンを)楽しませます。すごい負け方(2013年12月「UFC 168」でクリス・ワイドマンに挑戦。自身が放った左ローキックで骨折)をしましたが、あのショックは自分の人生の中でのショックだったことベスト5に入ると思います。テレビを見ていてあんな大きな声を出したのは初めてではないでしょうか。「あー!!!!!」って。着地した瞬間の“ふにゃ”っと骨折した時です。あとは、歳が近い選手が好きです。マーク・ハントやダン・ヘンダーソン。 ──WOWOW『UFC-究極格闘技-』ゲスト出演への意気込みをお願いします。 松尾(堀江)ガンツさんと高阪(剛)さんの邪魔をしないようにします。(実況の)高柳(謙一)さんには邪魔をしていこうかなと思います(笑)。高柳さんのオヤジギャグにどこまで対応できるか、僕も未知数なのでその辺を頑張っていきたいと思います。 ──出演するドラマ『アフロ田中』についてもお聞かせください。西田信二という役は困ったエロい先輩という役柄のようですが、役作りには苦労しましたか? 松尾 役作りに関してはそんなに大変ではありませんでした。僕以外の賀来(賢人)くん、小澤(征悦)さん、白石(隼也)くんが集まった時に、(原作の)漫画通りにやるとは思っていなかったのですが、“あ、これできたな”と思いました。ただ、撮影中に西田のモデルになった原作ののりつけ(雅春)先生がお世話になった会社の社長さんが現場にいらしたのですが、漫画以上に漫画みたいな方で(笑)。芝居でこの方の真似をしたら、“こんなの嘘だ”と言われると思うくらい。その直後から僕の芝居がブレました(笑)。 ──共演者とのエピソードがあれば教えてください。 松尾 賀来くんは芝居をしていても普通に喋っていても気持ちのいい男です。賀来くんも小澤さんも白石くんも共演は初めてだったのですが、(まるでドラマのように)同じ中学校出身で前から知っているような感じでした。すごくいい雰囲気で、中学生の頃に戻ったような部活(的な)ノリで楽しかったです。 ──最後にドラマの見どころをお願いします。 松尾 一見、青年誌のノリかと思われそうですが、メインは田中とマキの恋物語です。台本を読む限り、僕みたいなオジさんでも面白いけど切なくなってキュンキュンします。恋下手な2人が距離を縮めていく過程で、すごいハプニングが起きるんです。原作を読んでいる人は分かるかもしれませんが、台本を読んだだけでもゲラゲラ笑うほど面白かったので、オジさんだけでなく若い人も共感して見られるのではないかと思います。 ◆WOWOW『UFC-究極格闘技-』放送スケジュール『生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC239 in ラスベガス ダブルタイトルマッチ!絶対的王者ジョーンズと2階級制覇ヌネスが降臨!』 7月7日(日)午前11:00 生中継(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)7月19日(金)午後1:00 リピート(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信) 【対戦カード】▼ライトヘビー級タイトルマッチジョン・ジョーンズ vs ティアゴ・サントス ▼女子バンタム級タイトルマッチアマンダ・ヌネス vs ホーリー・ホルム ほか 【出演】解説:髙阪剛、堀江ガンツ実況:髙柳謙一進行:渋佐和佳奈 ※詳しくはWOWOW番組オフシャルサイトをチェック! ────────────── ◆WOWOWオリジナルドラマ『アフロ田中』 7月5日(金)スタート(全10話)毎週金曜深夜0:00 ※第1話無料放送! 原作:のりつけ雅春「上京アフロ田中」   (小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)監督:石田雄介   (『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』『さぼリーマン甘太朗』)脚本:酒井善史 石田雄介音楽:Koji Nakamura 牧戸太郎出演:賀来賢人 夏帆 松尾諭 白石隼也/小澤征悦   村川絵梨 清水葉月 今野杏南/渡辺えり ※詳しくはWOWOW番組オフシャルサイト、ドラマ公式ツイッター(@afrotanaka0705)をチェック!(C)のりつけ雅春/小学館 (C)2019 WOWOW 【関連記事】7.7『UFC239』JJ vsサントス、ヌネスvsホルム、7.28『UFC240』ホロウェイvsエドガーの3大世界王座戦の見どころをヒデ三好&板橋寛が解説!
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事