MMA
インタビュー

【RIZIN】なぜRIZINはBellatorに5戦全敗したのか──大海に乗り出すために必要なこと

2023/01/02 12:01
 大晦日『RIZIN.40』(さいたまスーパーアリーナ)にて「RIZIN vs. Bellator 5対5 全面対抗戦」が行われ、現王者や元王者が選出された対抗戦で、Bellator軍が5戦全勝。RIZIN軍はフィニッシュされなかったものの5選手全員がポイントゲームの判定で競り負けた。  大会前に既報の通り、今回Bellatorのスコット・コーカー代表は、米国からのレフェリー&ジャッジ2名をJMOCチームに加えることをリクエスト、各選手に事前の日本入りの遠征予算を割り当てることを明言していた。 「リングや、ルールの違いには慣れるのに時間がかかる。時差などを克服するために、滞在費はこちらが持つから、早めに入ってくれ。『RIZINの選手を舐めてはいけない』と厳しく言ってきた。それを選手たちが理解して、クリスマスを返上して取り組んでくれて嬉しい」と、勝因を語る。  大会10日前に日本入りしたフアン・アーチュレッタ(米国)は、全試合後、会見場でRIZIN軍の5戦全敗で足りないものを問われ、「特に攻撃面での自信が少し足りないのではないか。最初から攻撃的なら自分も防御的になって大変だったと思う。やはり、一線を越えてもっと前に出るのは、選手としては怖いものがある。前に出過ぎるとマズいという恐怖がある、そういう意味でピットブルも最初はそうだったろう。その点でもう一歩前に出ようとするところの差だと思う」と語った。  では「なぜ、もう一歩前に出られない」のか。 [nextpage] 北米のトップコーチを招聘してファイトキャンプを  本誌の取材に、アーチュレッタは試合前のミット打ちで、対戦相手の距離を対策した細かいステップと強弱のある連打のなかに、テイクダウンのフェイクを入れ、「何が来るのか分からない」動きを見せていた。強いフィジカルを保つ減量方法、「MMAとして」打撃も組みも寝技も連動し、融合させる。各ジャンルの専門コーチが意見を横断させて、選手個々のスタイルのなかで、最適解を生み出していた。  2016年1月に日本のKRAZY BEEからアメリカントップチームに移籍した堀口恭司は試合後、「技術的なものが日本は遅れているのかなと思って自分は海外に行ったので、今回の試合を見てもやはり技術的には遅れているのかなと思いましたね。(その技術差を埋めるには)自分がやっているように、アメリカへ行って直に肌で感じる。技術やコーチの差を実際に感じないと人間って分からないので、世界に出た方がいいんじゃないかなと自分は思います」と語っている。  MMAは個人戦だが、チーム戦でもある。RIZNも対抗戦のチームをバックアップしてきた。  今回、RIZIN軍は、大将を務めるホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)の練習パートナーとして、米国からジョニー・ケースの招聘に協力している。稀有な柔術スキルを持つサトシに、ボクシングとレスリング巧者であるケースを組ませることで、敵の大将AJ・マッキーを攻略しようとしていた。  しかし、サトシは一矢報いることが出来ず。マッキーのバックを奪うもニアフィニッシュに至らず、判定3-0で敗れ、かつて父アントニオ・マッキーが敗れたアリーナでのAJによるリベンジを許した。  5戦全敗を喫したRIZINの榊原信行CEOは、大会後「現状我々のポジションはここ。圧倒的フィジカル差を感じた。スコットと話しをしているのは次は、2回連続でRIZINルールでということにはならないから、アメリカに渡ってユニファイドルールでケージに入らないといけない。その対策は選手個々にやってくださいではなく、せっかくチーム戦なので北米のトップコーチを招聘してファイトキャンプを組むなど、そういう環境を選手たちに提供することをぜひ前向きに考えたい」と、チームジャパンで立ち向かう必要があるとした。  北米ジムのコーチ、トレーナーによっては、担当選手の勝敗が収入に影響してくるため、そこに責任も生じ、対戦相手の分析、個々の選手に応じた練習・戦略を授けることで勝率を上げることに専念。さらにメガジムでは各分野のコーチがその選手の情報を共有し、試合に臨むことになる。 【写真】得意の首投げで投げたクレベルだが、パトリシオはその勢いを利して離れて立ち上がった。  北米から練習相手を招聘したサトシ、タイで出稽古に取り組んだクレベルともに、自身の強みである柔術を、Bellatorの頂きに立った相手に、RIZINのリングでいかに活かすかに取り組んできた。  これがケージでユニファイドルールならば、さらに練り込むべきことが出て来る。日々アップデートされるMMAの技術のなかで、いかに最適解を見つけるか。そのトータルのコーディネートを誰がするか。  対抗戦の先鋒戦で、ハビブ・ヌルマゴメドフ率いるダゲスタン軍団のガジ・ラバダノフ(ロシア)と激闘を繰り広げた武田光司(BRAVE)は、2022年の年末に向けてハワイのユナイテッドMMAで、ONE王者のクリスチャン・リーらとトレーニングし、ロータス世田谷やパンクラスイズム横浜への出稽古で、世界を知る青木真也や松嶋こよみらと練習を重ねてきた。  試合後、ハビブから熱闘を賞賛された武田は、直接、ラバダノフにダゲスタンでの練習を申し込んでいる。  結果を見れば5戦全敗だが、いずれもクロスゲームで局面ごとに光明はある対抗戦だった。しかし、最後に競り勝ったのはBellatorチーム。もし大海に乗り出すなら、今度は他流試合になる。交わることでようやく背中は見えた。その距離は遠いか近いか、手をかけるためにすべきことも明らかとなった、大晦日の決戦だった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア