キックボクシング
レポート

【Stand up】新人王戦決勝で17歳の高校生・柊真、吉岡龍輝、羅司が優勝

2022/12/08 18:12
Stand up 実行委員会「Stand up vol.15 King of Rookie2022 Final」2022年12月4日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX  若手育成を目的に寺戸伸近がゼネラルマネージャーを務めるキックボクシング交流大会『Stand up』。昨年、大いに盛り上がりを見せた新人王トーナメント『Stand up King of Rookie』を今年は7階級(-51.5kg、-55.5kg、-57.5kg、-60kg、-63kg、-65kg、-67.5kg)で実施。各階級の参加人数は4人で、7月24日と9月18日、10月23日の3大会に分けて一回戦、10月23日と12月4日に決勝戦を行った。  ルールは、ヒジなし・掴んでからの攻撃は1回の点はRISEルールと同じとなり、新人王になった選手はRISEランキング入り。他、ビッグマッチ出場の優先権を得る。 ▼第4試合 King of Rookie2022新人王決定戦 -51.5kg契約 3分3R延長1R●金塚聖矢(チームドラゴン)TKO 2R1分44秒 ※レフェリーストップ〇柊真(新潟誠道館)  金塚は3戦2勝1分の24歳。対する17歳の柊真は10月の一回戦がプロデビュー戦となり、今回2戦目となる。  1R、プレスをかける柊真は金塚にロープを背負わせ左ミドル、右ローと蹴り技で様子を探る。金塚は左ミドル、右ストレート。終盤に一気に仕掛けた柊真はパンチラッシュで左ストレートをヒットさせるが、金塚もパンチを返して応戦する。  2Rもプレッシャーをかける柊真に、金塚は左ミドル、右ロー。柊真はパンチのコンビネーションで追うと、金塚をコーナーに追い込んで大振りの右フックでダウンを奪う。立ち上がる金塚は打ち合いに応じるも、再び柊真が左右フックを浴びせて2度目のダウンを奪った。そのまま連打を仕掛けた柊真が右ストレートを炸裂させて連打につないだところで、レフェリーがストップ。  新人王に輝いた柊真は「今、高校生で強い人はいっぱいいて特に51.5kgは強い10代がいますが、僕も仲間入りして全員倒せるように練習するので応援よろしくお願いします」とアピールした。なお、柊真が今大会のMVPを獲得した。 [nextpage] ▼第3試合 King of Rookie2022新人王決定戦 -63kg契約 3分3R延長1R〇吉岡龍輝(及川道場/JAPAN CUP2021-65kg級王者)不戦勝●細野登弘(新潟誠道館)※吉岡が新人王に  JAPAN CUP 2021-65kg級王者の吉岡は今年9月の一回戦でプロデビューした20歳。今回が2戦目となる。対する細野は7戦3勝(2KO)4敗の30歳。しかし、細野が前々日にコロナ陽性となり、出場不可能に。吉岡は前日計量で規定体重もクリアしているため不戦勝で新人王となった。マイクを握った吉岡は「今回試合がなくなったのですが、今の時期仕方ないことだと思っています。僕はこれから上にどんどん上がっていくので、次の試合でさらに進化した姿を見せるのでこれからの僕に期待してください」とアピールした。 [nextpage] ▼第2試合 King of Rookie2022新人王決定戦 -67.5kg契約 3分3R延長1R-石川泰市(Ten Clover Gym)無効試合 ※1R44秒、ローブローで和田が試合続行不可能のため-和田哲平(FASCINATE FIGHT TEAM)  2018KAMINARIMON全日本Aクラス-70kg優勝の石川はプロ戦績4戦2勝(1KO)1敗1分の24歳。対する和田は2戦2勝(1KO)のこちらも24歳。セコンドには原口健飛が付く。   1R、石川はノーガードから左ハイ。和田は下がりながら左ロー、石川も左ローを返したところローブローに。和田はダメージ深く、試合続行不可能でこの試合は無効試合となり、来年2月26日に同所で開催される次回大会で再度試合を行うことが決定した。 [nextpage] ▼第1試合 -53kg契約 3分3R〇羅司(TEAM TEPPEN)TKO 2R2分50秒 ※レフェリーストップ●小野祥平(TARGET SHIBUYA)  羅司は2021King of Rookie-53kg級優勝・彪司の弟でRISE Nova全日本大会2021-60kg優勝、プロ戦績は2戦1勝(1KO)1敗の18歳。対する小野はJAPAN CUP2022-55kg優勝、プロ戦績は1戦1敗の24歳。  1R、サウスポーの羅司は左ミドル主体の攻めから左ストレー、右フック。後手の小野は押されながらも右ストレートを当てる。羅司が手数で上回り主導権を握る。2R、接近戦の打ち合いで羅司が左ストレート、テンカオで小野の動きを止め、左ミドルも効かせて下がらせると左ストレートを炸裂。一気にラッシュを仕掛けた羅司はダウンを奪う。再開後も小野をコーナーに詰めた羅司はラッシュを仕掛け左ハイ、パンチ連打で2度目のダウンを奪った。巻き返しを狙う小野は前進も、羅司はパンチラッシュで小野を防戦一方に追い込んだところで、レフェリーがストップした。 [nextpage] 「Stand upアマチュア全日本選手権大会2022」2022年12月4日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX <全日本トーナメント入賞者> Bクラス中学生部-45㎏優勝 浮塚 莉空(建武館)準優勝 山口 慶大(MIYABIジム)第三位 小池 空(IDEAL GYM)第三位 小野 琥大(TARGET) Bクラス中学生部-50㎏優勝 草野 浩二郎(K-1ジム ウルフ) Bクラス中学生部-55㎏優勝 藤田 琉樺(LA GYM JAPAN) Bクラス一般部-55㎏優勝 石黒 好誠(TEAM TEPPEN)準優勝 久住 祐翔(白山道場)第三位 小栁津 敏宏(ブレイブファイトクラブ)第三位 木之内 星矢(KASHIMA DOJO) Bクラス一般部-60㎏優勝 山中 楽斗(及川道場)準優勝 須藤 智也(TEAM TEPPEN)第三位 櫻井 主帝(チームドラゴン)第三位 保立 壮真(IDEAL GYM) Bクラス一般部-65㎏優勝 堀 佑太郎(IDEAL GYM)準優勝 若松 空冴(シェイプラボ)第三位 戸田 龍之介(建武館)第三位 岩元 大威(TARGET SHIBUYA) Bクラス女子部-48㎏優勝 山中 瑠那(及川道場)準優勝 藤井 杏朱(Ωmega)第三位 内藤 右姫菜(建武館)第三位 田中 璃奈(シルバード) Bクラス女子部-53㎏優勝 数島 七海(及川道場)準優勝 金子 久美子(NEXT LEVEL 渋谷)第三位 五十嵐 優衣奈(TARGET)第三位 塚本 実莉(REX JAPAN) Aクラス一般部-55㎏優勝 平山 裕翔(TEAM TEPPEN)準優勝 林 裕人(及川道場)第三位 山﨑 湊(Be WELLキックボクシングジム)第三位 前村 龍樹(新宿レフティージム) Aクラス一般部-60㎏優勝 門脇 碧泉(正道会館 戸田道場)準優勝 山本 亘哉(TEAM TEPPEN)第三位 田中 祐三(シルバード)第三位 山内 歩希(及川道場) Aクラス一般部-65㎏優勝 近藤 大晟(及川道場)準優勝 𠮷川 剛葵(TEAM TEPPEN)第三位 野村 太陽(K’Bスポーツジム)第三位 川満 雅志(RIKIX)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア