キックボクシング
ニュース

【RISE】海人、強豪外国人との2連戦で新たな境地へ「頑丈さも全て壊せるように蹴りもパンチも練習している」アンディ・サワー戦についても

2022/12/07 02:12
 2022年12月25日(日)東京・両国国技館『Cygames presents RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022』にて、ミドル級(-70kg)3分3R延長1Rで、ストーヤン・コプリヴレンスキー(ブルガリア/Mike's Gym)と対戦する海人(TEAM F.O.D)が6日(火)大阪の所属ジムにて公開練習を行った。  ミット打ちでキレのある動きを見せた海人は、今年も5戦5勝とハイペースで試合をこなしてきた。「最初の方は外国人と試合していましたけれど、もっと強いヤツとやらせてくれって気持ちがいっぱいで。6月は唯一日本人で対戦したいと思っていた野杁選手と対戦させてもらって、そこでようやくスタートラインに立てて、自分が行きたいところに行けるなと。2022年は自分がやっとスタート出来るって年になったと思います」と振り返る。  その6月『THE MATCH 2022』での野杁正明戦については「通過点だと思って試合はしましたけれど、これに勝ってるのと勝てないのとでは今の立ち位置はないと思うし、ここまで外国人と試合が続くこともなかったと思うので、あの一戦をやって日本一になったのがこのスタートに立てた理由だと思っています」とした。  対戦相手が難航して最後の記者会見での発表になったことには「いろいろな相手候補もいて、決まりそうで決まらなかったりが続いたので、正直もやもやした感はありましたね。世界に対してもムカつきがあって自分ナメられていると思ってきたので、そのモヤモヤは正直ありました」という。  対戦相手候補にはアンディ・サワーの名もあがっていたが「対戦はもちろんしたかったですけれど、正直今回の相手の方が強いと思っているので。強い選手とやりたいと思っているので今回の相手でよかったです。ただ、SBを受け継ぐというか、SBの絶対エース、絶対王者の立ち位置を奪いたかったのでそういう意味ではやりたかったです」と、意味合いが違うとした。  GLORY世界ライト級1位の肩書きを持つコプリヴレンスキーのことは「印象的にはガツガツ来るインファイターなイメージですかね」と評し、「自分が持っている全て、テクニック・スピード・キレでそのパワーを殺してしまおうと思っています。何もさせずに試合を終わらせようと思っています。相手の印象は何も残させず終わらせる。しっかり後悔して帰ってもらおうと思います」とする。  すでに「練習もずっとしていて、段々とイメージに現実味が沸いてきました。その気持ちはどんどん強くなっています」とすでに圧倒するイメージは出来上がっている。  日本人選手と外国人選手ではモチベーションが違ってくるのかと聞かれると、「気持ちは違いますね。そこでやって行きたいとしか思っていなかったので。デビューから世界一になりたいと思い続けているので、vs.世界の方がモチベーションは高いです。僕はワクワク楽しみしかない。自分に期待しているし、早くしたい、早く倒したい気持ちの方が強い」と、気持ちの高鳴りが抑えられないようだ。  実際「毎日夢を見るんですが、試合が決まってから対戦相手と試合している夢ばかり見ます。これもずっと勝っていて、自分のイメージ通りばかりなので。だからこそ自信しかないというか、夢でも勝てるし、現実の方がもっといい勝ち方出来ると思っています」と、夢の中でも戦って勝っていると笑った。  現状の勝つイメージは「日本人の選手と対戦して倒せたもので8月と9月の2回は倒せなかった。外国人の頑丈さが身に染みたので、その頑丈さも全て壊せるように蹴りもパンチも練習しています。今まで以上に破壊力が増すだけではなく、打ち所、手数だったりを意識してやっています。7月と9月の試合があったからこそこうなったという試合をしたい」と、やはり倒すというイメージ。  どの点を強化したかと聞けばフィジカルではなく「キレもスピードも打つ場所も。今まで通りの場所では崩せない、場所も変えてパンチや蹴りの打ち方をやっています」と言い、何で倒すかには「全部です。カーフもヒザもパンチも全部出していくので、持っている技の一つ一つが前と違うものが練習で打てていて、出すもの全てが相手が嫌やなってて攻撃になっているのでそれを見せたい」とどの技でも倒せるとした。  ミット打ちはパンチがメインだったが「もちろんパンチひとつひとつも今までとは違うものを意識して打っています。相手の得意なパンチにパンチで対抗するつもりはないですが、パンチででも圧倒できる自信はあります」と自信を見せる。  この試合も海人にとっては「正直通過点だと思っています。もっと上の世界の選手とやりたいので、GLORYだったら1位ではなく王者と試合がしたい。今回の試合は1位を倒して王者が出ざるをえないようにしたいと思っています」と、GLORY世界ライト級王者ティジャニ・ベスタティを引っ張り出したいと意気込んだ。  今大会には様々なカードが並んでいるが、自分以外の試合で興味がある試合はと聞かれるとペットパノムルン・キャットムーカオvs.山田洸誓をあげた。「洸誓さんの引退試合でもあるので注目しています」  同じSB勢の試合は気にならないのかと問われると「もちろん気にしてないことはないですれけど、みんな強いので自信あります。みんな勝ってくれるやろなと。大舞台に出ていないだけでみんな強いので。チームとして戦うつもりは正直なくて、でもみんな強いのでそこは自信あるのでいい意味で気にしてないです」とSB勢の強さを信頼しているとした。  そして「今回もvs.世界ですが今までの2戦では見せられなかった自分の強さを見せます。そして今回でみんなが納得するような、海人が世界一に近い男やなっていう試合をするのでお楽しみに」とファンにメッセージを送った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント