その他
ニュース

【BreakingDown】次回2月大会から考案中のオリジナルルールを採用予定、プロはMMAのOFGでラウンド制も

2022/12/04 22:12
 2022年12月4日(日)都内某所にて開催された『BreakingDown6.5』の大会終了後、プロデューサーの朝倉未来(トライフォース赤坂)とYUGOエグゼクティブプロデューサー/CEOが囲み取材を受けた。  大会の冒頭でKO決着を期待していた朝倉だが、全7試合中KO決着は1試合のみ。そのことについて「めちゃめちゃ短い時間でバンバン倒れすぎてもそれはそれでまた面白くないので。もうちょっとバランスいい感じで倒す人も出てきてってなると面白いと思いますけれど。グローブ自体が安全性を考慮しているので倒しづらいかなと思うんですよ。そこはしょうがないかなと。アマチュアなので」と、安全面を考慮しているぶん仕方がないとする。  ただ「今後プロの試合に関してはRIZINとかで使用しているグローブでいいのかなと思っているし、僕も出るのだったら薄い方がいいので。あと、プロ戦は1分×3Rでもいいのかなと思っています」と、プロ選手の試合は通常のオープンフィンガーグローブ着用のラウンド制にしてもいいのではとした。  現行のルールは1分でドローの場合、30秒の延長戦を勝敗がつくまで繰り返すルールとなっているが、「30秒が短すぎて再延長になりやすい。なのでドローだったらまた1分でいいのかなと思っちゃいましたね」と延長戦も1分にするかもしれないという。  このルールについてYUGOエグゼクティブプロデューサー/CEOは「いま専用ルールを考案中なので、それは7までに間に合わせたいなと思います。元々、これは喧嘩って1分だよねって提案から始まったものなので。今はキックボクシングルールかMMAルールに分類されているんですね。(そうではなく)この1分に適したルールをスパーリングしながらいろいろ考えているので、7までには間に合わせたい。詳細はお待ちください」と、次回大会からはBreakingDownオリジナルの新ルールを採用する予定と明かした。  また、朝倉はBreakingDownについて「団体としてはずっと右肩上がり。.5を含めて年8回くらい定期的にやっていきたい。前回の対抗戦が凄く面白かったから、今後も海外とか日本の中でとかレジェンド枠とか対抗戦をやりたいと思いますね」と対抗戦をメイン企画にしていきたいとし、秋山成勲からも要望があった日韓戦については「2月の大会の後に3カ月周期でやっているので、次は5月として3月くらいにオーディションをやるとなるとそこが日韓戦になるかもしれないです」と5月大会になるかもしれないと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント