MMA
ニュース

【UFC】マネル・ケイプが9位のドボジャークと対戦、日本代表の決勝トーナメント進出も祝福=12.17 ラスベガス

2022/12/02 12:12
 元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプ(アンゴラ・ポルトガル)のUFCフライ級第5戦が12月17日(日本時間18日)の米国ラスベガスUFC APEXでの「UFC Fight Night: Cannonier vs. Strickland」に決定した。  MMA17勝6敗でUFC2勝2敗、現在オクタゴンで2連勝中のケイプは、MMA20勝4敗でUFC3勝1敗のダビッド・ドボジャーク(チェコ)と対戦する。  UFCフライ級12位のケイプは、2019年大晦日のRIZINで朝倉海を2R TKOに下した後、UFCに参戦。アレッシャンドリ・パントージャ、マテウス・ニコラウに判定負けも、オデー・オズボーンに1R 右跳びヒザ蹴りでKO勝ち。2021年12月の前戦では、ジャルガス・ジュマグロフも1R パンチラッシュでKOに沈めている。 (C)Zuffa LLC/UFC  対する同級9位のドボジャークは、2020年3月にUFC初参戦後、ブルーノ・シウバ、ジョーダン・エスピノーサに判定勝ち、フアンカミロ・ロンデロスに1R リアネイキドチョークで一本勝ちと3連勝も、2022年3月の前戦でケイプがスプリット判定負けしたマテウス・ニコラウ(※UFC3連勝中、12月3日にマット・シュネルと対戦)に判定0-3で敗れている。  2連敗からの2連勝を経て、再びトップ10ランカーとの試合に臨むケイプはSNSで、「本番まで17日、日に日に良くなる一方だ」とコメント。ラスベガスのエクストリーム・クートゥアーでの練習風景をアップしている。  日本の平良達郎が参戦し、注目のUFCフライ級戦線で、ラスベガスを拠点とするケイプはトップ10入りを果たすか。  また、アンゴラ系ポルトガル人初のUFCファイターでもあるケイプは、2日早朝の日本の決勝トーナメント進出決定を「拍手」マークで祝福。  ボクサーだった父の影響でボクシングを始めたケイプだが、同時にサッカーでもポルトガルのクラブチームのジュニアで活躍後、MMAに転向している。  そのポルトガルは、ワールドカップ初戦でクリスティアーノ・ロナウドがW杯史上初の5大会連続ゴールを記録するなどガーナを3-2で下すと、2戦目でウルグアイに2-0で勝利し、2連勝で勝ち点を6として決勝トーナメント進出を決めている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント