K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】久保優太が12・3大阪大会の見どころを語る、山崎秀晃&ゆいちゃみと座談会で意外なカードをおススメ「コンピューターが狂う可能性は大いにある」

2022/12/01 19:12
 2022年12月3日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の見どころを語る座談会の動画が、K-1オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。  この座談会には元K-1 WORLD GPスーパーライト級王者の山崎秀晃、同大会にて姉のゆうちゃみと一緒にスペシャルラウンドガールを務めるゆいちゃみに加え、初代K-1 WORLD GPウェルター級王者で現在はRIZINにてMMAファイターとして活躍している久保優太が招かれた。  同大会のメインカードである「K-1 WORLD GP初代バンタム級王座決定トーナメント」での注目選手に、山崎は「壬生狼一輝」、久保は「石井一成」をそれぞれあげる。  注目カードのフェザー級3分3R延長1R、軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)vs.ワン・ジュングァン(中国/天津阿福ファイトクラブ/CFP)では、久保が「ワン選手は武尊選手とめちゃめちゃ打ち合って。そうなると軍司選手が最近得意のパターンのコーナーへ追い詰めてっていうところに持っていけない可能性があるんですよね。武尊選手の圧力ですら打ち合いになったので。そうなると軍司選手はここで苦戦すると思うんですけれど、ここで武尊選手のようなスター、このワン選手を超えてしまったら大スターだと思います」と、武尊でさえ圧力をかけきれなかったワンに圧力をかけることが出来るか、打ち合いで倒しきることが出来るかが見どころだと話す。  山崎は「相手が一瞬でも怯んだらそこを見逃さずしっかり追い込んで、そこで仕留めに行ける非情な悪魔の部分をその時に出せるかどうかだと思うので。あとは下がったタイミングとかを見逃さないのがKOに直結してくると思いますね」と、一瞬のチャンスを逃さなければKOチャンスはやってくるとした。  ゆいちゃみにおススメの選手というコーナーでは、山崎はライト級3分3R延長1Rでエークピカート・モー.クルンテープトンブリー(タイ/志村道場)と対戦する与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)、久保はスーパー・ウェルター級3分3R延長1Rで森田奈男樹(エイワスポーツジム)と対戦するジョムトーン・ストライカージム(タイ/ストライカージム)をそれぞれあげた。  特に話が盛り上がったのは、9月大会で衝撃的なKOを見せつけたジョムトーンに関すること。山崎は「どっしり構えて目がいい。相手の攻撃を寸分のところでかわしながら自分の攻撃をしっかり当てていくと言いますか。自分のプラン通りにゲームメイクしていける印象です」とジョムトーンを評したところで「でも僕は森田選手もかなり買っていまして。身体も強い選手で格闘技に真面目な選手なので、ジョムトーン選手は手こずるんじゃないかなって」と、フルコンタクト空手からK-1に転向してまだ4戦の森田が、253戦ものキャリアを持つ文字通り百戦錬磨のジョムトーンを苦戦させると予想したのだ。  久保は「サウスポーのお手本のような選手で。百戦錬磨じゃないですか」とジョムトーンの強さを認めたうえで、「でも唯一、こういいう森田選手のようなジョムトーン選手が今まで戦ったことがないような足技だったりとか、初めてだと思うんですよ。だから計算されたコンピューターが狂う可能性は大いにあると思ていて。しかも森選手は身体が凄いじゃないですか。パワー差というか。ジョムトーン選手がそこで苦戦するところを見たいですね」と、同じく森田がジョムトーンを苦しめる可能性はあるとし、その場面を見たいとした。  数々の注目カードに加えて、このムエタイvs.空手となるジョムトーンvs.森田も要注目カードとなった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント