EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【DEEP】バンタム級・力也が海飛に一本勝ち! RYOGAが濱口奏琉を極める。泉武志が連勝、嶋田がゆうたに一本勝ち、橘川が佐藤との接戦制す

2022/11/23 17:11
 2022年11月23日(水・祝)、東京・竹芝のニューピアホールにて『DEEP TOKYO IMPACT 2022 6th ROUND』が開催された。 DEEP TOKYO IMPACT 2022 6th ROUND 速報 2022年11月23日(水・祝)竹芝 ニューピアホール開場/17:00 開始/17:30 ▼DEEP バンタム級 5分2R〇力也(KING OF LIBLTY)61.55kg[1R 2分39秒 アームバー]×海飛(和術慧舟會 HEARTS)61.65kg 海飛「前回はつまらない試合をしてしまったので、今回は派手な試合をしてブッ飛ばします」 力也「頑張ります」  力也は、2014年のレスリング世界大学選手権グレコローマン59kg級5位、2013年全日本学生選手権同60kg級優勝など、レスリングベース。2019年にPANCRASEでプロデビュー後、2020年からDEEPに参戦。2021年は1勝3敗で、伊澤カズトにTKO勝ちも関原翔、日比野“エビ中”純也、島袋力に敗れた。  しかし、2022年は2連勝中。5月にKENTAを左ハイから右フックで1R KO。9月大会では三好マヒロを1Rにデミトリアス・ジョンソンばりの抱え上げて落としてすぐに極める腕十字で一本勝ちを決めている。  海飛は、極真会館山口支部出身。2015年に全日本高校生空手道選手権で優勝し、その後はTEAM TEPPENでアマキックを経験。現在は、和術慧舟會HEARTS所属で、2020年12月のPANCRASEアマチュア全日本オープントーナメントライト級優勝。さらに2021年3月のDEEPフューチャーキングトーナメントフェザー級でも優勝し、7試合連続KO勝ち。  プロデビューの2021年を2勝2敗の五分でスタートすると、2022年3月に牧野滉風を2R TKO。同年4月のPOUND STORMでは鈴木崇矢も2R TKOに下し、2連勝。しかし、7月の前戦ではムエタイ巧者の雅駿介に打撃を混ぜた組み技で競り負け、判定負け。レスリングと空手、異なる競技をベースにMMAでの実力を高めている両者による、バンタム級の注目カードだ。  1R、海飛の跳びヒザ蹴りに、力也はダブルレッグで金網に詰めて首投げ狙いも2度すかした海飛がスタンドバックから投げてバックに。  リアネイキドチョークを狙うが、脇潜る力也は立ち上がり、背負って投げてバックに。正対して左を当てる海飛。  右ミドルを当て、右ストレート、左フックで前に出るが、力也は払い腰でテイクダウン奪い、サイドから袈裟固め、両足で挟んでストレートアームバーでタップを奪った。  3連勝を決めた力也は「フィニッシュ率100%の力也です。まず試合組んでくれて、やってくれるDEEP関係者、佐伯(繁代表)さんありがとうございます。仲間、家族、スポンサーさん、ありがとうございます。DEEPを代表して、もうひとつ上のステージに行きます。みんなついてきてください」と語った。海飛は2連敗となった。 [nextpage] ▼DEEP -60kg 5分2R×濱口奏琉(パラエストラ和泉)59.65kg[1R 3分50秒 腕十字]〇RYOGA(KRAZY BEE)59.85kg 濱口奏琉「面白い試合をしようと思います。応援よろしくお願いします」 RYOGA「沖縄大会が終わってすぐ、こうして試合に呼んでいただきありがとうございます。濱口選手とはタイプも性格も育ちも全然違う。試合もケツの方でお互いバチバチと、KOか一本決着が一番面白いと思うので、明日は見せたいと思います」  濱口“ソウル”は、極真会館で2018年、2019年の国際親善空手道選手権大会高校男子上級65㎏級で2連覇の空手家。レスリングでも2021年7月の西日本学生新人選手権大会でグレコローマンスタイル63kg級優勝、全日本学生選手権5位の実績を持つ。  MMAでは、3月のフューチャーキングトーナメントで4試合を勝ち抜き優勝を果たした。弟の濱口来音もグレコ55kg級で活躍しており、注目兄弟だ。2022年7月のDEEPでプロデビューし、山本有人に右の蹴りを当てて判定勝ちしている。  対するRYOGAこと福地椋河は、柔道ベースで2018年に『THE OUTSIDER』で連勝。2021年3月のDEEPでプロデビューし松丸息吹に判定負け後、2021年6月に風我にスプリット判定勝ち。ヒロヤ、日比野“エビ中”純也に判定負けも、2022年10月の前戦DEEP沖縄でTARKERに1R TKO勝ちしている。プロ2勝3敗。  1R、強烈な右カーフを当てる濱口に蹴り終わりにバック奪うRYOGA。しかし正対して立つ濱口にRYOGAは足関節狙い。離れる濱口。詰めるRYOGAは右を振り濱口の左腕をオーバーフック。背負いで投げてマウント、すぐさま腕十字に入り、ヒジを伸ばして極めた! [nextpage] ▼DEEP ライト級 5分2R〇泉 武志(FIGHTER'S FLOW)70.80kg[判定3-0] ※20-17, 20-18×2×前田啓伍(Tristar Gym)69.90kg 前田「Tristar Gym所属の前田です。今回、DEEP初参戦ということで、楽しみにしています。完全制圧できるよう頑張るので応援よろしくお願いします」 泉「いますごく練習していて、成長がものすごく早いと感じています。それを試合で全力で出し切りたいと思います。後輩の力也にバトンタッチできれば」  組みの泉武志と打撃の前田啓伍のライト級戦。  泉は、2016年レスリング全日本選手権グレコローマン71kg級優勝、2017年アジア選手権同級優勝のレスラー。2022年4月の『RIZIN Trigger 3rd』でプロデビューもグラント・ボクダノフにポジショニングで制され、3R TKO負け。7月にはDEEPで伝統派空手出身の野村駿太にスプリット判定負けで2連敗。しかし、9月の前戦DEEPで元修斗のTHE☆ナマハゲに判定3-0で勝利。プロMMA初勝利を飾っている。  対する前田は、DEEP初参戦。2021年9月に「Grachan 50」でプロデビュー戦こそ判定負けも、以降3連勝中。「Fighting NEXUS」で西村刀、石原匠をTKOに下すと、2022年6月の前戦「GLADIATOR 018」では後藤丈季のラッシュに下がりながらのサウスポー構えの左を当ててKO勝ち、と3試合連続フィニッシュ勝利中だ。現在はTristar Gymに所属しており、どんな進化を見せるか。  1R、ニータップでテイクダウンを奪う泉。立つ前田の脇くぐりバックコントロールから持ち上げスタンドバックに。背負う前田にリアネイキドチョークを狙うが、外した前田がダブルレッグへ。ここを切り返してバック回る泉はスタンドバックからジャーマンスープレックスを見せてゴング。  2R、左ボディストレートの前田。詰める泉は再三の右差しから脇潜り、片足かけてついにバックテイク。シングルバックからチョークを狙うが、立ち上がる前田が右フックで前に出てゴング。  判定3-0(20-17, 20-18×2)で泉が勝利。2連勝をマークした。 [nextpage] ▼DEEP ウェルター級 5分2R〇嶋田伊吹(FIGHT HOLIC)77.50kg[1R 3分48秒 リアネイキドチョーク]×コマネチゆうた(Y&K ACADEMY)76.55kg 嶋田「全力で叩き潰します」 ゆうた「今年は怪我で試合を見せられず、今回バッチリ見せるんでよろしくお願いします」  1R、組んで右で差してテイクダウンの嶋田。立ち上がるゆうただが、なおもダブルレッグテイクダウンの嶋田がパウンドに背中を見せたゆうたをリアネイキドチョークで極めた。 [nextpage] ▼DEEP フェザー級 5分2R×佐藤勇駿(K-clann)65.30kg[判定1-2] ※19-19マスト橘川×2, 19-19マスト佐藤〇橘川尋貴(IGGY HAND'S GYM)66.10kg 佐藤「立ちでも寝技でも、圧倒的に勝てるように頑張ります。あと、今回はセキュリティに出られないので、観戦マナーよろしくお願いします」 橘川「前回5年ぶりの試合でちょっとわちゃわちゃしたんですけど、今回の試合は落ち着いてバチバチで、KOか一本を狙います」  1R、橘川の左右の前進に、下がりながら左を当てて腰を落とさせた佐藤。橘川は組んで四つからテイクダウンも、スクランブルで立つ佐藤。橘川はその立ち際にバック。背負う佐藤に引き込む橘川は4の字ロックで背後からパンチ。コントロールしてゴング。  2R、左ジャブの橘川に、右を単発ながら振る佐藤。金網に詰まった橘川はダブルレッグも差し上げる佐藤。四つで佐藤のヒザがローブローとなり、注意。再開。互いに蹴り合いから左を当てた橘川。しかし打ち合いに強い佐藤は右を当て返してダウンを奪う。すぐに立つ橘川が組んで押し込みゴング。  判定は2-1(19-19マスト橘川×2, 19-19マスト佐藤)と割れ、組みで上回った橘川が接戦を勝利した。 [nextpage] ▼DEEP ストロー級 5分2R×多湖リキト(ネックス)52.60kg[判定0-3] ※19-19マスト大和田×3〇大和田光太郎(パラエストラ八王子)52.40kg 大和田「DEEP初参戦、いい試合をして勝てるように頑張ります。よろしくお願いします」」 多湖リキト「僕も楽しみなんですが、見てくれる人を全員楽しませる試合をします」  1R、多湖の右ローに右を狙う大和田。多湖はシングルレッグで押し込み。後頭部への攻撃で大和田に注意。シングルレッグからダブルレッグ、脇潜りスタンドバックの多湖。正対する大和田は突き放すと、すぐに詰める多湖に、大和田は跳びヒザ! なおも詰めて組む多湖もゴング。  2R、多湖の左をかわして右を当てて右ヒザを当てる大和田! 多湖の組みを切り、スタンド勝負。多胡は頭を下げて左右を振って前に。大和田は右ハイ。ブロックして前に出る多湖はシングルレッグもがぶりリストコントロールしてヒジを突く大和田。立つ多湖に大和田が右で差して押し込んでゴング。  判定は3-0(19-19マスト大和田×3)で大和田が勝利した。 [nextpage] ▼DEEP バンタム級 5分2R〇岩見 凌(KIBAマーシャルアーツ)61.55kg[判定3-0] ※20-17, 20-18×2×山本哲也(IGGY HAND'S GYM)61.50kg 岩見「気持ちの勝負になると思っています。何が何でも勝ちます」 山本「全力で勝ちにいきます」  1R、サウスポー構えの山本は組んで小外がけテイクダウン。立つ岩見は右を当ててダウンを奪うが、すぐに立つ山本も組みに。シングルレッグ&小外で尻餅を着かせる。ここもすぐに立つ岩見。  ヒザの突き合いで山本のヒザがローブローに。再開。またも岩見は右を当てて山本の腰を落とさせる。  2R、右のダブルで前に出る岩見。右の蹴りも混ぜて左右を突いて左差しで押し込み右ヒザ!シングルレッグで片ヒザを着かせる山本だが、岩見は小手に舞いて体を入れ替えラッシュ。山本はシングルレッグに入るもパウンドの岩見でゴング。  判定3-0(20-17, 20-18×2)でダウンを奪った岩見が勝利した。 [nextpage] ▼DEEP フライ級 5分2R〇ひろと(夕月堂本舗)56.95kg[判定3-0] ※19-19マストひろと×3×亀田一鶴(和術慧舟會 HEARTS)57.15kg ひろと「一本で行きたいと思います」 亀田「しっかり仕留めます」  1R、亀田はダブルレッグテイクダウン。金網で上体立てるひろとに腰を抱く亀田。ひろとはその頭にパウンド。シングルレッグに切り替えバック狙う亀田。ひろとは金網使い立ち、ボディロックテイクダウンもすぐ立つ亀田がサウスポー構えから左ストレートを当てて前に! しかし立つひろとがシングルレッグでテイクダウンしパウンドでゴング。  2R、右振り、ダブルレッグから頭を横に出してテイクダウンはひろと。立つ亀田に右ハイからすぐにダブルレッグテイクダウン。パスし、サイドもスクランブルして立つ亀田が逆にダブルレッグテイクダウン。後ろ手に左手を掴んでパウンド。立つひろとにスタンドバック。クラッチも切り、上のまま背中を着かせて細かくパウンドしてゴング。  判定3-0(19-19マストひろと×3)でひろとが勝利した。 [nextpage] ▼DEEP フライ級 5分2R×カネタケマン(IGGY HANDS GYM)56.65kg[判定0-3] ※18-20×3〇高柳京之介(K-Clann)57.20kg カネタケマン「大学を休んで来ているので、単位は落としても勝利は落とさないように頑張ります」 高柳「しっかり勝ちたいと思います」  1R、右ハイから右で差して首投げテイクダウンはカネタケマン。すぐに立つ高柳はヒジ。右ストレートに組むカネタケマンをがぶり、パウンド。カネタケマンは下から腕十字狙いもゴング。  2R、高柳のダブルレッグをキムラで切り返すカネタケマンだが、上を取る高柳が鉄槌も後頭部に打撃で注意。再開。右振り、前蹴りのカネタケマンに構わず詰めてテイクダウンは高柳。左足で越えてハーフからパウンド。フルガードのカネタケマンの仕掛けを潰してサイドから鉄槌でゴング。  判定3-0(20-18×3)で高柳が勝利した。 [nextpage] ※アマチュアファイトは開場中に開催 ▼DEEP JEWELS 51kg以下 3分2R アマチュアSP ルール〇Sarah(トライフォース赤坂)[判定3-0] ※20-18×2, 20-17×須田美咲(リバーサルジム立川 ALPHA)50.65kg 須田美咲「前回のデビュー戦も相手がトライフォース赤坂所属で負けたんで、その悔しさをぶつけて、2連敗しないようにしっかり勝ちたいと思います」 [nextpage] ▼DEEP JEWELS 60kg以下 3分2R アマチュアSP ルール〇天野心愛(パンクラスイズム横浜)57.50kg[判定3-0] ※20-18×3×高水麻衣(リバーサルジム立川 ALPHA)59.50kg 天野「頑張ります」 高水「まさかこの年齢になってアマチュアでMMAデビューするとは思っていなかったので、悔いのない試合にします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント