K-1K-1
K-1
レポート

【Krush-EX】フライ級の安尾瑠輝vs.北山善がベストバウト、井上修一がデビューから2年3カ月かけて初勝利

2022/11/17 21:11
【Krush-EX】フライ級の安尾瑠輝vs.北山善がベストバウト、井上修一がデビューから2年3カ月かけて初勝利

大久保琉唯を頂点とするフライ級で頭角を現してきそうな安尾(右)と北山(C)K-1

 2022年11月12日(土)東京・GENスポーツパレスにて『サイクリー PRESENTS Krush-EX 2022 vol.8』が開催された。

 中村拓己K-1プロデューサーの大会後の総括コメントは以下の通り。

「今大会もK-1アマチュア・K-1甲子園出身選手が多い大会で、Krush-EXの意義を感じる大会でした。特に印象に残ったのは第3試合の安尾瑠輝選手と北山善選手のフライ級の試合ですね。


 北山選手はK-1 JAPAN GROUPの試合に出たいという希望があり、関係者の方にご紹介いただいて初参戦した選手です。北山選手は岡山から参戦してくれた選手なのですが、非常にいい選手だなと思いました。対戦相手の安尾選手は僕もアマチュアの頃から試合を見ていて、デビュー前から強い選手だと思っていたのですが、この試合はスピーディ且つハイレベルな試合だったと思います。他の試合と比べても、頭一つ抜けたレベルの試合だったと感じました。


 勝った安尾選手はこれでプロ戦績は2戦2勝となり、敗れた北山選手も中国地方から新たに強い選手が出てきたと思わせる試合内容でした。フライ級(51kg)は9月のKrushで大久保琉唯選手がチャンピオンになった階級ですが、まだ新しい階級で、選手層・数もこれからの階級です。そういった部分ではKrush-EXやプレリミナリーファイトからでもベルトを狙える選手が出てくる階級だと思うので、そこも含めて安尾選手・北山選手には注目してもらえればと思います。


 あとは川越亮彦選手と井上修一選手の試合ですね。2人はKrush-EXの常連ファイターで、なかなか結果を出せていない選手同士の対戦でした。試合はデビューして勝ち星がなかった井上選手が最後の最後まであきらめずに戦って、デビューから2年3カ月かけて初勝利を掴みました。井上選手が喜ぶ姿を見て、これもKrush-EXならではの味だなと。一つの勝利に向かって選手が頑張る姿や苦労した選手が花開く姿を魅せられたんじゃないかなと思います。

 今年1年、Krush-EXを開催してきて、たくさんの選手を発見・発掘することができました。2023年も継続してKrush-EXを開催予定なので、どんな選手が出てくるのか注目してください」

サイクリー PRESENTS Krush-EX 2022 vol.8
2022年11月12日(土)東京・GENスポーツパレス

▼メインイベント(第8試合)Krushスーパー・バンタム級 3分3R
△紫苑(KIZUNA田川本部道場)
ドロー 判定1-0
△浩志(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

▼セミファイナル(第7試合)Krushバンタム級 3分3R
×臣龍(KIZUNA田川本部道場/第2代KPKBバンタム級王者)
判定0-3
○黒川瑛斗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第34回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝)

▼第6試合 Krushライト級 3分3R
×川越亮彦(K-1ジム総本部チームペガサス/第26回K-1アマチュア チャレンジAクラス -70kg優勝)
判定0-3
○井上修一(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)

▼第5試合 Krushバンタム級 3分3R
×小島卓也(優弥道場)
判定0-3
○保井広輝(WARRIOR OSAKA)

▼第4試合 Krushバンタム級 3分3R
○紀空(K-1ジム五反田チームキングス/第9回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -55kg優勝)
判定3-0
×呼良(K-1ジム福岡チームbeginning)

▼第3試合 Krushフライ級 3分3R
○安尾瑠輝(K-1ジム心斎橋チームレパード)
判定3-0
×北山善(岡山ジム)

▼第2試合 Krushフェザー級 3分3R
○原田翔貴(拳心會館/第12回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -60kg優勝、第41回K-1アマチュア チャレンジAクラス -60kg優勝)
KO 1R 0分42秒
×神谷勇輝(ARROWS GYM/第42回K-1アマチュア チャレンジAクラス -60kg優勝)

▼第1試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R
×田勢ジャイル(パラエストラ栃木)
判定0-3
○天河(健成會)

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント