K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】フェザー級王者・村越優汰、若手の台頭に「そこのレベルには負けていない」

2019/07/01 20:07
2019年6月30日(日)東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、7月1日(月)都内にて行われた。  -58.5kg契約スーパーファイトで、フォー・シャオロン(中国/中国刑天舞威クラブ/CFP)を判定3-0で破ったK-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰(湘南格闘クラブ)が会見に出席。昨夜の試合を振り返った。 「昨日は前回以上の結果を見せるというつもりで挑んだんですが、なかなか相手もタフで、思っていたよりやりづらくて思うような結果を出せなくて内容には満足していません」と、厳しい表情で話した村越。  その理由を「自分は蹴りでペースをつかんでいくんですが、相手がステップを使うので蹴りを当てられず、ペースを作れなかった」と分析し、一番の武器である左三日月蹴りがサウスポー同士だったため蹴れなかったことが原因ではと聞かれると「それはそこまで関係ないです。距離感が違ったことですね」と、距離感が合わなかったのが理由だとした。 「自分の前の試合が凄い勝ち方をしていたので(木村“フィリップ”ミノルが1Rに一撃KO)、自分もと思っていたんですが、なかなか結果を出せなくて自分的には不甲斐ない結果です」と、目標に掲げていたKOができなかったことに悔しさをにじませた。  同日には西京春馬がホルヘ・バレラをKO、K-1 KRUSH FIGHT王者・江川優生は6月21日大会で初回KO防衛と若い選手の台頭が目立ってきたフェザー級だが、村越は「それは刺激にはなります。結果として自分が倒して勝つところは見せられていないが、そこのレベルには負けていないと思っている。実力は全然あるので負けないです」と、若手はまだまだ自分には及ばないと言い放った。<関連記事>武居由樹が全試合KOでトーナメント完全制覇、ゲーオ陥落で安保瑠輝也が新王者に、不可思が無念のTKO負け、木村ミノル豪快一撃KO
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事