K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【K-1】安保瑠輝也、ゲーオ破り王座奪取も納得せず「K-1は倒してナンボなので再戦したい」

2019/07/01 20:07
2019年6月30日(日)東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、7月1日(月)都内にて行われた。  K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチで、王者ゲーオ・ウィラサクラック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)を延長戦の末に判定で破り、第4代スーパー・ライト級王座に就いた安保瑠輝也(team ALL-WIN)が会見に出席。昨夜の試合を振り返った。  開口一番「たくさんの応援の力のおかげで勝てた試合だと思っています」と、ファンや関係者にお礼を述べた安保。「狙っていた技はあったんですが、いつも以上に攻撃しづらかった。空間を作るのが上手かったし、攻めさせないのが上手かった」とゲーオとの試合はやりにくかったと感想を述べた。 「勝ちは勝ちでここにベルトがあることが嬉しいし、胸を張りたいが、試合内容は納得いっていない部分もある。再戦はしたいとの気持ちがあります」と、試合直後と同じようにゲーオと再戦したい話し、「再戦はいつでもやります。試合内容は全然ダメだと思っていて。いろいろな人に感動したと言われましたが、K-1は倒してナンボなので再戦したい」と完全決着を誓う。8月24日には所属ジムのある大阪でK-1が開催されるが「全然、僕はいつでもやりたい」と、短いスパンでのダイレクトリマッチでもいいとした。  そして、「K-1チャンピオンは9人いる(9階級、現在は8人)。それぞれ個性があって、僕はレベルがあると思っています。昨日の武居(由樹)選手を見ていたら本当に凄いなって思うし、同じチャンピオンですけれど、自分がこのベルトと一緒に自分の価値を高めていって、本当のチャンピオンになれる人間になっていきたいと思います」と、誰もが認めるチャンピオンになりたいと語った。<関連記事>武居由樹が全試合KOでトーナメント完全制覇、ゲーオ陥落で安保瑠輝也が新王者に、不可思が無念のTKO負け、木村ミノル豪快一撃KO
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事