AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【PANCRASE】手塚vs高木、瀧澤vsオムルザコフ、ミノワマンvs石川、神酒vs井上、村山vsアンブロー、前山vsアントリン=出場全選手が計量パス

2019/06/29 14:06
【PANCRASE】手塚vs高木、瀧澤vsオムルザコフ、ミノワマンvs石川、神酒vs井上、村山vsアンブロー、前山vsアントリン=出場全選手が計量パス

2019年6月30日(日) 東京新木場・スタジオコーストにて開催される「PANCRASE 306」に向け、29日、前日計量が行われ、出場全選手が計量をパスした。

メインイベントの第11試合で「ウェルター級暫定王者決定戦」に臨む手塚裕之(1位/ハイブリッドレスリング山田道場/TGFC)は黒光りする肉体を披露し76.9kgでパス。対する高木健太(4位/リバーサルジム川口REDIPS)も77.05kgでパス。手塚と対峙すると181cmの長身を際立たせた。

セミファイナルの第10試合は、当初、瀧澤と対戦予定だったリッキー・キャンプが親族に不幸があり試合を辞退。急遽キルギスのダスタン・オムルザコフに変更されたため、試合は無差別級戦となり、瀧澤謙太は62.85kg、オムルザコフは69.8kgで計量している。

第9試合ミドル級戦では、1年9カ月ぶりMMAに臨むミノワマンが80.3kg、石川英司が80.95kgでパス。62勝42敗8分のミノワマン、30勝24敗3分の石川、両者合わせて170戦目となる試合に向け、ミノワマンは「令和で一本」、西部警察ばりのサングラスを外して秤に乗り直した石川は「大門ショット」をテーマに掲げた。

なお、指定席が完売したため、指定席の増席が決定。30日15時15分から当日券が発売される。

▼メインイベント 第11試合 ウェルター級 暫定王者決定戦 5分5R
手塚裕之(76.9kg/1位/ハイブリッドレスリング山田道場/TGFC)6勝3敗
高木健太(77.05kg/リバーサルジム川口REDIPS/4位)17勝16敗

▼セミファイナル 第10試合 無差別級 5分3R
瀧澤謙太(62.85kg/リバーサルジム東京スタンドアウト/3位/8勝5敗)
ダスタン・オムルザコフ(69.8kg/サルブラク/キルギス)2勝0敗

▼第9試合 ミドル級 3分3R
ミノワマン(80.3kg/フリー)62勝42敗8分
石川英司(80.95kg/GRABAKA)30勝24敗3分

[19時予定]

▼第8試合 フェザー級 5分3R
東 陽子(65.5kg/和術慧舟會 AKZA/1位)3勝1敗
キム・ヨンギ(64.4kg/TEAM J/韓国)1勝4敗

▼第7試合 フライ級 5分3R
神酒龍一(56.85kg/CAVE/第3代フライ級K.O.P.)19勝12敗4分
井上 学(57.0kg/C.A.C.C.スネークピットジャパン/初代バンタム級K.O.P./2005年NBTフェザー級優勝)19勝9敗4分

▼第6試合 ウェルター級 5分3R
村山暁洋(77.35kg/GUTSMAN/5位/第9代同級王者)20勝8敗9分
J.J.アンブロー(76.95kg/ノックスMMA)28勝8敗2NC

▼第5試合 ストロー級 5分3R
前山哲兵(52.6kg/フリー)12位 4勝6敗
アダム・アントリン(52.05kg/AKA/Antdawgs MMA/USA)13勝5敗

▼第4試合 ストロー級 5分3R
早坂優瑠(52.0kg/CORE QUEST KUSIRO/9位)18勝12敗5分
高島俊哉(52.55kg/リバーサルジム新宿Me,We/10位/2017年NBTストロー級優勝)4勝3敗1NC

▼第3試合 フライ級 3分3R
2018年NBTフライ級準優勝
杉山廣平(56.8kg/SPLASH)7勝4敗
加マーク納(56.9kg/総合格闘技道場コブラ会)7勝5敗

▼第2試合 ライト級 3分3R
林 源平(kg/和術慧舟會Iggy Hands Gym)8勝8敗1分
阿部右京(kg/OOTA DOJO)9勝5敗1分

▼第1試合 ウェルター級 3分3R
KAZZ(70.55kg/GRABAKA/2013年ネオブラッドトーナメント同級優勝)8勝7敗1分
脇本恭平 (77.3kg/T-Rex Jiu-Jitsu Academy)3勝2敗

【プレリミナリー】

▼第7試合 バンタム級 3分3R
高城光弘(61.4kg/リバーサルジム横浜グランドスラム/4勝1敗)
ワン・リザマ(61.1kg/STEEL ATHLETICS/米国/4勝1敗)

▼第6試合 バンタム級 3分3R
井関 遼(61.3kg/GRABAKA)11勝14敗4分
高瀬一平(61.35kg/マーシャルアーツクラブ中津川)7勝4敗2分

▼第5試合 バンタム級 3分3R
田代悠生(60.9kg/パラエストラ千葉/1勝3敗)
藤井 徹(61.3kg/RBアカデミー/デビュー戦)

▼第4試合 フライ級 3分3R
有川直毅(56.95kg/K-PLACE)3勝1敗1分
水谷健人(56.75kg/AACC)2勝2敗

【2019年 第25回 ネオブラッドトーナメント】

▼第3試合 ウェルター級 4人制トーナメント 決勝戦(3分3R) 
渡邊雅祥 (77.05kg/パラエストラ八王子)
真王DATE (77.3kg/Team DATE)

▼第2試合 フェザー級 8人制トーナメント 準決勝 3分3R
名田英平(66.05kg/総合格闘技道場コブラ会)
立成洋太(65.9kg/FIGHT FARM)

▼第1試合 ストロー級 8人制トーナメント 準決勝 3分3R
尾﨑龍紀 (52.65kg/総合格闘技道場コブラ会)
アラヤ (52.7kg/チームアラヤ)

[16時開始]

UFC究極格闘技 - 見どころUFC究極格闘技 - 見どころ

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!

関連するイベント

関連する記事