EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
その他
ニュース

【RIZIN】内藤大助、朝倉未来は「ガードが低すぎた」パンチは「当てただけ」との見解も「ボクシングの試合を見てみたい」

2022/09/29 11:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『超RIZIN』のメインイベントにて、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)が2R3分15秒、朝倉未来(トライフォース赤坂)をTKO(勝敗は無し)した。  同大会を会場で観戦した元WBC世界フライ級王者・内藤大助が、自身のYouTubeチャンネルにて試合の感想を語った。  内藤がまず指摘したのは「朝倉選手に対して、メイウェザー相手にあのガードはないなっていうのが一番思ったかな。ガードが低かったです。ガードを高く上げるって大変です、疲れます、気付いたら下がっています。ずっとガードし続けるのは大変。こうした方が(手を下げる)上げるよりラク。スタイル的にもパンチを出しやすい。でも、それじゃダメ。高速のパンチを打つメイウェザーだから余計危ないよ」と、朝倉のガードが低すぎたというもの。 「ボクシングは(パンチを)当てるイメージのあるスポーツなんですけれど、一番は“もらわないこと”なんですよ。いかにもらわないかなんです。もらわないで相手にパンチを当てる、ということで言えばガードは大事でしたね」と、パンチを当てることよりも相手のパンチをもらわないことが大事と話した。  内藤は事前の予想で「朝倉未来選手はメイウェザーに触れることも出来ない」と予想しており、「(朝倉のパンチが)何発か当たっていたというのは本当に当てただけのパンチです。プッシュ気味とか、当たっていたように見えて微妙に避けていたというのもありました。でも大げさにかすりもしないですと言ったところがあって、そこは申し訳なく思っています。(メイウェザーは)ほぼほぼ朝倉選手のパンチは見切っていたし、クリーンヒットですね、バチコーンというのはなかったと思います」と、場内が大きく沸いた朝倉がパンチを当てたシーンも「当てただけ」でダメージのある「クリーンヒット」ではなかったとの見解。  しかし、朝倉のボクシングの才能は認めるところがあるようで「もしよろしければ1戦か2戦、プロボクシングを見てみたい。あの試合だけだとボクシング弱いなって見ている人もいるかもしれない。決してそんなことはない。動画で見ましたけれど、ボクシングのスパーリングでバチコーンとプロボクサーを倒したり、凄いんですよ。プロボクシングで(試合を)見てみたいなって思いましたね」と、本格的なボクシングの試合も見てみたいと話している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント