MMA
ニュース

【GLADIATOR】南出剛が復帰戦でライダーHIROと対戦、フライ級王者・NavEがノンタイトルで有川直毅と激突、ライト級挑戦決定戦で4連勝・井上啓太が国際戦、中川皓貴vs.島村裕も=9月25日(日)大阪

2022/08/19 20:08
 2022年9月25日(日)大阪・176BOXにて『BODYMAKER presents GLADIATOR 019 in OSAKA』の開催が決定した。  バンタム級の5分2Rでは、南出剛(創道塾)が2年2カ月振りに復活。ライダーHIRO(宇留野道場)と対戦する。 ▼バンタム級 5分2R南出 剛(創道塾)ライダーHIRO(宇留野道場)  2016年に櫻井雄一郎代表率いる新生「GLADIATOR」第1回和歌山大会に出場している南出は、極真空手出身でMMA10勝6敗1分。2016年8月に井上直樹に判定0-2で敗れるも、同年11月のグアムPXCではジョシュア・アルバレスを左中段蹴りを効かせて1R TKOに下すなど3連勝。  しかし、2018年11月に安藤達也に一本負けすると、2019年6月にダイキ ライトイヤーに判定0-2負け。2020年7月には服部賢大に1R KO負けと3連敗を喫し、試合から離れていた。  その南出の復帰戦の相手は、“ZSTの仮面ライダー”ライダーHIRO。27勝18敗11分のベテランで、GFG、ZSTで3連勝後、2020年1月のZSTで竿本樹生に判定負け。しかし、2022年8月7日の前戦では『Fighting NEXUS vol.28』で“鉄人“”と大石真丈と対戦し、1R センタク挟みで一本勝ちしている。 ▼フライ級 5分2RNavE(N★TRUST)有川直毅(K-PLACE)  フライ級では、王者・NavE(N★TRUST)がノンタイトルの2R戦で、有川直毅(K-PLACE)と対戦。  NavEは、2018年9月の「GLADIATOR×DEMOLITIONVol.2」で加マーク納との再戦で判定勝ちでフライ級王座を獲得。2019年12月には「GRAND」のフライ級王座決定戦で松場貴志に判定負けで二冠ならずも、2021年9月の「GLADIATOR 015」で宮城友一の挑戦を退け、判定勝ちで王座防衛に成功している。前戦は2022年3月の「RIZIN.34」で福田龍彌に1R KO負け。オフィシャルは「RIZIN大阪大会で星を落としたNavEは王者としてこの試合での負けは許されない」と記している。  対する有川は、2021年6月のPANCRASEで山中憲次に判定勝ち、2022年1月の「GLADIATOR 016」で藤田健吾に判定勝ちと2連勝も、2022年4月のPANCRASEの前戦で上田将竜にスプリット判定負け。その上田は鶴屋怜とのコンテンダー争い(9.11立川)に向かい、有川はPANCRASEの5位となっている。上田戦では右のカーフキックを水面蹴りのように打ってこかしており、その多彩な足技にも注目だ。 ▼ライト級 次期挑戦者決定戦 5分2R井上啓太(GROUND CORE)グスタヴォ・ウーリッツァー(BRAZILIAN THAI)  ライト級では、黒帯柔術家でMMA4勝1敗の井上啓太(GROUND CORE)が、Bellator参戦経験もあるグスタヴォ・ウーリッツァー(BRAZILIAN THAI)と対戦する。正規王者のキ・ウォンビンが「Road to UFC」トーナメントに参戦のなか、暫定王者・佐々木信治への挑戦権を賭けて戦う両者。  キャリア初の国際戦となる井上は、プロデビュー戦こそPANCRASE大阪で太田裕稀に判定負けも、GLADIATORで4連勝中。2018年9月に飯田健夫を2R TKOに下すと、2021年6月に八木敬志を1R 内ヒールフックで極め、2022年には1月に春川広明を首相撲からの右ヒザで1R TKO。さらに4月の前戦ではレンジャーハントを1R ヒザ十字に極め、4試合連続フィニッシュ勝利している。  対するMMA24勝26敗のウーリッツァーは、2021年12月にブラジルでギロチンチョークで一本勝ち後、2022年6月の「Titan FC 77」でルイス・ペニャに1R TKO負けも、2002年のプロデビューから息の長い戦いを見せている。  次期挑戦者となるのは、39歳のブラジリアン・ウーリッツァーか、27歳のストライキング柔術家・井上か。 ▼フェザー級 5分2R中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)島村 裕(宇留野道場)  フェザー級では、王座を狙う中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)と島村裕(宇留野道場)の2R戦が決定。 “グラジの寝業師”中川は柔道出身でMMA8勝3敗。2022年2月の「RIZIN TRIGGER 2nd」でGRACHANの小島勝志を相手に、スタンドで左ミドルを当て、内股からの投げ、ダブルレッグテイクダウンでトップから攻めて判定勝ち。  2022年6月の前戦ではBRAVEの原口央にテイクダウンを許すも、2Rにフックガードからスイープし、マウントを奪いかけるなど応戦し、スプリット判定負け。接戦を落としたが、寝技の強さを見せている。  対する島村も国際武道大の柔道部出身。必殺技ローリングサンダーを武器に、2018年5月からZSTで4勝1分と快進撃。2019年7月にはキャリア3戦目の透暉鷹に判定勝ちし、2020年11月には高須将太にもTKO勝ちしたが、2021年12月に小森真誉の首相撲ヒザとケージレスリングに判定負けで連勝がストップ。しかし、2022年6月の「GLADIATOR 018」で天草ストロンガー四郎に1R 払い腰テイクダウンからの腕十字を極めて再起を飾っている。  ともに組み技ベースの戦いで勝負を決めるのは、スタンドか、極めの強さか。タイトルをモノにするためには互いに負けられない一戦となる。  その他、ベテランファイター久保健太vs.元ライトフライ級王者ヤックル真吾、「RIZIN TRIGGER 2」出場のMASANARI vs.別所竜弥、元ライトフライ級王者・吉村友菊vs.中西テツオなど、見応えあるカードが並んだ。 [nextpage] BODYMAKER presents GLADIATOR 019 in OSAKA 2022年9月25 日(日)大阪 176box開場/12:00 開始/13:00 【決定対戦カード】※試合順未定 ▼バンタム級 5分2R南出 剛(創道塾)ライダーHIRO(宇留野道場) ▼フライ級 5分2RNavE(N★TRUST)有川直毅(K-PLACE) ▼ライト級 次期挑戦者決定戦 5分2R井上啓太(GROUND CORE)Gustavo"SHOW MAN"Wurlitzer(BRAZILIAN THAI) ▼フェザー級 5分2R中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)島村 裕(宇留野道場) ▼バンタム級 5分2R別所竜也(NESTFIT MMA)MASANARI(ONE'S) ▼フライ級 5分2R久保健太(GSB多治見)ヤックル真吾(T-REX JIUJITSU ACADEMY) ▼フライ級 5分2R吉村友菊(総合格闘技道場Reliable)中西テツオ(EQUIPO CERO) ▼バンタム級 5分2R大前健太(創道塾)谷口 武(修斗GYM神戸) ▼バンタム級 5分2R溝口 司(矢田道場)浅井亮磨(戦ジム) ▼ライト級 5分2R中薗優太(Martial artsFighterTeam侍)後藤丈季(京都 政拳会) ▼フライ級 5分2R川崎聖太(総合格闘技 闇愚羅)中山陸斗(総合格闘技道場Reliable) ▼フェザー級 5分2R伊賀GORI(N★TRUST)一輝(BROTHERFOOD TeamKZT) ▼ウェルター級 5分2R近藤魁星(M3A FIT)藤田 大(パラエストラ千葉) ▼フライ級 5分2RKJ Tylar(T-REX JIU-JITSU ACADEMY)TBA
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント