K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】連続初回KO勝ちのゴンナパー「ライト級でもう一度タイトルに挑戦すること。階級を上げて65kgのタイトルにも挑戦したい」

2022/08/12 21:08
 2022年8月11日(木)福岡国際センターで開催された『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の一夜明け会見が、12日(金)福岡市内で行われた。  第11試合スーパーファイトの-63kg契約3分3R延長1Rで、岩﨑悠斗(PURGE TOKYO)を1R終了時、TKOに破ったゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)が出席。前夜の試合を振り返った。 「試合を終えて今の状態はいつも通りで、特に感じることはないけれど、昨日の試合に関しては作戦通りの試合運びが出来て、そして勝つことが出来たので嬉しかった」  対戦した岩﨑に関しては「最初から問題なく戦えると言ってきたし、戦ってみた後も印象としては変わらない。今回、自分も気合いを入れて練習しましたし、いい練習が出来て勝つことが出来たのは嬉しかったですけ。でも、格闘家を職業としている以上、みんな同じ想いで戦っていると思うので、岩﨑選手にもエールを送りたいと思います」とした。 (C)KPKB/渡邉大希 今回のKO勝ちは「結果に繋がるような技を出していくことを目指して練習を続けてきた。特に力を入れてきたのは、蹴りとパンチどちらにも関わらず、攻撃の重さを重視して、結果に繋がるような技の出し方に重点を置いてウィラサクレック会長からもトレーニングを受けてきたので、それが出せたと思う」と、重い攻撃を出すような練習をしてきたという。 (C)KPKB/渡邉大希 そして目標を聞かれると「まずは今のライト級でもう一度タイトルに挑戦すること。でもそれが近いうちに叶わないということであれば、階級を上げて65kg(スーパー・ライト級)でのタイトルにも挑戦したい。65kgに上げたとしても、自分は恐れるものは何もありません」と、現ライト級王者・朝久泰央とのリベンジマッチが第一だが、二階級制覇も視野にいれているとした。  また、日本での生活が長いゴンナパーは好きな日本食を聞かれると「ラーメンと天ぷらです」と答えている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント