K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】初陣をKO勝利で飾った石井一成「K-1でもスターになれるんだなって期待を込めて見守って欲しい」

2022/08/12 15:08
 2022年8月11日(木)福岡国際センターで開催された『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』の一夜明け会見が、12日(金)福岡市内で行われた。  第18試合のK-1バンタム級3分3R延長1Rで、藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)を3R2分41秒、KOで破りK-1初陣を勝利で飾った石井一成(ウォー・ワンチャイプロモーション)が出席。前夜の試合を振り返った。 「K-1デビュー戦ということで緊張するかなと思っていたんですが、緊張も全くせず、たくさんの応援のおかげで逆にホーム感があってやりやすい状況で試合を出来ました。1Rは固いなとか、3Rからしか行けないのかなってコメントもあったんですけれど、今回はK-1初参戦ということでチームと話し合って1Rは何があっても行かないと。映像を見ても分かると思いますが、1Rはパンチもほとんど出していないし、まずは蹴って自分のリーチにしてから最後は仕留めるという作戦だったので、そこは心配しないでいただきたいです」 (C)KPKB/渡邉大希 初参戦を終えてのK-1のリングの感想は「地元が福岡でデビュー戦ということで、壬生狼一樹も同じチームで約600人以上の応援団が来てくれて。それでコールされた時に凄く会場が沸いてくれて、その時に初めてのK-1だったんですけれどホーム感がありすぎて本当にやりやすかったです」と、地元の応援でリラックス出来たという。  初めてK-1ルールの試合をやってみての手応えは「藤田選手はパンチで来るのは分かっていたので。ただ高校生から始めて今までやってきたと言っていて、いろいろK-1だと不安もあって考えたんですけど、高校生からやってきた選手に俺って負けるわけないよなって。落ち着いて考えたら、今まで高校生から始めたって人とスパーリングをしても一発もパンチをもらっていないし、これは格の違いを見せないといけないなって覚悟で今回臨んだので、藤田選手はアツいファイターだと凄く感じたんですけれど、ここは僕のプライドを懸けて戦いました」と、小学校1年生からキックボクシングをやっている自分が負けるわけがないというプライドがあったとする。 (C)KPKB/渡邉大希 KOした3Rは「3Rはセコンドから行っていいよって指示が出たので行くようにしたんですけれど、左のパンチを今回封じていて。1回目のダウンも右で取ったんですが左をちょっと前に痛めていて封じていて、3Rは最後だから左も出そうと思って左も出したら行けたなっていう。自分の得意技は(左)フックと(左)ボディなのでそこが混ざると全然行けるなって思いました」と、セコンドから倒しに行けとの指示があったことと、左のパンチを使ったからだと説明。 (C)KPKB/渡邉大希 試合後は放送席にいた魔裟斗に挨拶に行き、控室でも話をしたということで「魔裟斗さんにも1Rからもっと行った方がいいよ、パンチに磨きをかけたらもっと化けるよって言っていただいたので、そこはしっかり受け止めて練習していきたいと思います」と、魔裟斗からの指摘を真摯に受け止めるとした。 (C)KPKB/渡邉大希 今後については「昨日も言わせてもらったんですけれど、バンタム級の世界トーナメントをやっていただきたいのと、黒田(斗真)選手か池田(幸司)選手のどちらかとやりたいと。強い人とやりたいし、K-1の世界のベルトが欲しいし、そこはK-1さんにお願いして。9月はちょっと近いので12月なら僕は空いているので、トーナメントになるのかは分からないですけれど、トーナメントも開いてもらって12月はどっちかと試合が出来たら嬉しいです」と、12月のK-1大阪大会への参戦を希望する。  そして「昨日も反響が大きくて、今までムエタイとか違う団体さんに出ていたので、また新しい見てくれる人が増えたので。そこは変わらずムエタイの強さを見せていきたいのと、K-1で不安という声もありましたがそれは皆さんの頭の中から全部消してもらって、石井一成はK-1でもスターになれるんだなって期待を込めて見守って欲しいですね」と、K-1ルールでも通用する自分を見て欲しいと語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント