K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】1回戦でONE帰りのジュングァン迎え撃つ新美貴士「圧倒的に勝てれば優勝できると思う」

2022/08/07 19:08
 2022年8月11日(木・祝)福岡国際センターで開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』にて、「K-1 WORLD GP 2022 K-1フェザー級世界最強決定トーナメント」に出場する第5代Krushフェザー級王者・新美貴士(名古屋JKファクトリー)が所属ジムにて公開練習を行った。  新美は2020年に第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントを制して同王座を獲得。2021年に3度の王座防衛に成功し、K-1 AWARDS 2021ではKrush MVPにも選出された。しかし今年4月の『K'FESTA.5』では椿原龍矢に敗れ、5月のKrush後楽園大会では玖村修平に敗れてKrushフェザー級王座から陥落。プロキャリア初の2連敗を喫している。今回の世界最強決定トーナメントは連敗脱出と再浮上をかけた戦いになる。  トーナメントのオファーを受けた時の心境を「素直にすごいチャンスだと思って、モチベーションが上がってうれしかったです。僕の中ではK-1=トーナメントというイメージがあって、フェザー級のトーナメントが開催されたらうれしいと思っていた」と話した新美。  2連敗という状況でのトーナメント出場となったが「負けてしまったのは終わったことなので仕方ないと思っている。負けた試合もこのトーナメントのためだったと思っているし、2つの負けをしっかりトーナメントのために生かしたい」と前向きに捉えている。  具体的な練習内容についてはシークレットだったものの、新美は「色々やらないといけないことはあるんですけど、今は“練習で出し切る”ことをテーマにやっています」と語り「手数を増やすこともそうですし、倒すために戦っていますが、もし倒せなくても圧倒的に勝つスタイルを創りたい」と進化したファイトスタイルでトーナメント制覇に挑むつもりだ。  トーナメント・一回戦で対戦するのは中国のワン・ジュングァン。中国・武林風でキャリアを積み、K-1ではフェザー級王座をかけて武尊とも対戦。近年ではONE Championshipでもタイトルマッチを経験するなど、間違いなく世界トップに君臨する強豪だ。  新美は「すごくアグレッシブで、攻撃力も高くてポイントの取り方も上手い選手。打ち合うところでは打ち勝って、見るところは見て。そういう試合で勝ちに行きたい。世界的に活躍している選手と戦えることはありがたいし、一回戦でそういう相手と戦って圧倒的に勝てれば優勝できると思う」とジュングァンとの一回戦はのぞむところだ。また過去に中国で試合した経験もある新美にとって、中国のトップ選手と戦うことには特別な想いもある。 「僕も中国で2回試合して2回勝ってるんですけど、中国の選手は戦い方がみんな前に出てアグレッシブな選手が多い。そのなかのトップのジュングァン選手と戦えてうれしいですね。以前、中国でもベルトを獲りたいと話していたんですけど、ジュングァン選手に勝てばその夢もかなうのかなと思うので、そういう意味でもモチベーションが上がります。(中国のベルトにも興味がある?)はい。アウェーの地で獲るというのも目標の一つですし、K-1のベルトとは違う価値があると思います」  トーナメント準決勝・決勝の勝ち上がりについては「戦いたい相手も上がってきてほしい選手も特にいないんです。そこで戦うとなった相手をしっかり圧倒して勝てばいいと思っています」。  このトーナメントは各選手にそれぞれのテーマがあるが、新美は「フェザー級のメンバーはみんな強い選手なんですけど、実力ではどっこいどっこいの感じなので、そこで頭一つ抜けて優勝したい。ポスターを見て頂いたら分かると思うんですけど、自分は目立つポジションにはいないです。それが周囲の評価だと思うので、このトーナメントでそこも覆したいです。過酷なトーナメントになると思いますけど、3試合勝って優勝します」とトーナメント制覇で己の存在を確固たるものにすると誓った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント