MMA
インタビュー

【RIZIN】伊澤星花とメインで激突の7戦無敗ラーラ「自分を解放してやりたい放題にやれるのでとても楽しみ」

2022/07/29 18:07
 2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナ『湘南美容クリニック presents RIZIN.37』に出場する選手の個別インタビューが29日(金)都内にて行われた。 「RIZINスーパーアトム級ワールドGP」の1回戦で伊澤星花(日本・フリー)と対戦するラーラ・フォントーラ(ブラジル・Constrictor Team)がインタビューに答えた。以下、その一問一答。 【RIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP】※選手名からインタビュー ▼第15試合 RIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP1回戦 5分3R伊澤星花(日本・フリー)6勝無敗・RIZIN女子スーパーアトム級王者ラーラ・フォントーラ(ブラジル・Constrictor Team)7勝無敗・PAWFC女子ストロー級(52.2kg)王者&COFフライ級王者 ▼第14試合 RIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP1回戦 5分3R浜崎朱加(日本・AACC)23勝5敗ジェシカ・アギラー(米国・ATT)20勝9敗 ▼第10試合 RIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP1回戦 5分3R浅倉カンナ(日本・パラエストラ松戸)19勝6敗パク・シウ(韓国・KRAZY BEE)7勝4敗 ▼第9試合 RIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP1回戦 5分3RRENA(日本・SHOOTBOXING/シーザージム)12勝4敗アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ・SC BORETS/SUBHUNTER)2019年IMMAF女子ストロー級(52.2kg)優勝、プロ2勝無敗 伊澤は世界で通用する選手だと思うが、私がの方が上 ――現在の心境は? 「日本に来る夢がかなってとても嬉しく思っています。RIZINはずっと見ていたので、特にメインイベントに出られることがとても嬉しいです」 ――日本に来てやりたいことがあった? 「もし時間があれば観光もしてみたいです」 ――普段はどんな練習をしている? 「夫のジョゼマ“ニンジャ”と道場を持っていて、毎日練習しています。道場は黒帯ばかりです。ムエタイも柔術も、毎日自分たちで練習の時間を決められるのでいつでも練習しています」 ――伊澤選手の印象は? 「伊澤は私と似ていて極めにくる選手だと思っています。彼女も凄く勝ちたいでしょうけれど、試合で勝つのは私です」 ――初めて試合を見る人も多い。自分のどこを見てもらいたい? 「そうですね、私の試合を日本のファンはまだ見ていないと思う。私はスタンドでもグラウンドでも完全にコンプリートな選手だと思っているので、そういう試合を見せたいと思います。それと今は夏で凄く暑いので、それが自分としては暑い時に試合をするのが好きなので、そういった面でもいいと思います」 ――どんな試合展開を予想? 「今回の試合は私が勝つことを願っています。それだけでなくその次の試合のことも考えていて、9月の試合、そして最終的には12月にチャンピオンベルトを勝ち取りたい」 ――ブラジリアン柔術ではアタイジ・ジュニオールの茶帯。柔術の大会での戦績は? 「最後の試合は1月にカナダでウェッジ選手とやったんですが、自分が柔術を使って勝つことが出来ました。私の道場では、自分は茶帯ですが他の人たちはみんな黒帯です。男性ばかりで女性は自分一人。そういう環境で練習しています」 ――習った先生からMMAにおける柔術で学んだことは? 「自分のコーチは夫と黒帯の父、自分が今やっていることは全て彼らから学んだことです」 ――腕十字のフィニッシュをよく見るが、MMAにおいてはリスキーだと言われている腕十字を好むのはどんな理由から? 「自分がやることをとにかく信じること。例えばムエタイをやるなら自分のキックやパンチを信じるように、私は柔術を信じているので腕十字を信じています。自分が出来ないと思ったら出来ない。やれると思うからやるんです。フィニッシュするという決意が大事だと思っています」 ――伊澤選手のグラップリングは自分とどれくらい差があると考えているか、それとも同じレベルか? 「試合の時に見てもらえれば分かると思いますが、私の柔術の方が上回っています。私は柔術だけでなくパンチもキックも出来るトータルなファイターだと思っているので、試合を楽しみにしていてください」 ――寝技での蹴り上げがあったりサッカーキックがあるRIZINルールについてはどう思っている? 「最高だと思っています! 自分が今までやってきた試合の中で一番のものが見せられると思う。自分を解放してやりたい放題にやれるのでとても楽しみにしています」 ――GPで最も警戒している選手、あるいは戦いたいと思っている選手は? 「今はとりあえず伊澤戦に集中しています。それに勝ったら次の相手のことを研究し始めたいと思っています」 ――腕十字以外の武器は? 「三角絞めもアームロックも得意です。いろいろな技が出来ます」 ――どんなフィニッシュをしたいと考えている? 「マウンティングして終わりたいと思います」 ――相手が打撃で来たら打撃でやり返す? 「もし彼女がパンチやキックで攻めてきたら自分はテイクダウンして寝技に持ち込みます。もし彼女が寝技で来たら私はパンチやキックを使いたいと思います」 ――MMAファイターとしてどのようなスタイルを理想としている? 「自分の理想としては全てのことをオールラウンドにこなすことが出来る選手です。柔術、レスリング、ボクシング、ムエタイ…全てが出来る選手です」 ――伊澤選手は世界で通用するファイターだと思うか? 「彼女は世界で通用する選手だと思うが、私が彼女に勝って自分の方が上だということを証明したいと思います」 ――49kg契約は問題ない? 「通常は60kgあります。でも49kgにするのは全く問題ありません。ジャンクフードをやめただけでそれくらい痩せられるので(笑)。当日は力強く戦えます」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント