MMA
レポート

【UFC】王者アデサニヤが5度目の防衛に成功、ヴォルカノフスキーがホロウェイを完封し4度目防衛、元GLORY王者ペレイラが4位ストリックランドをTKO! バーバリーナがローラーをTKO、オマリーがNC、ミラーが一本勝ちでUFC最多勝利、敗れたセラーニは引退表明

2022/07/03 10:07
UFC 276: Adesanya vs. Cannonier 速報 2022年7月2日(日本時間3日)米国ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーナ 【メインカード】 ▼UFC世界ミドル級選手権試合 5分5R〇イスラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)23勝1敗(UFC12勝1敗)[判定3-0] ※49-46×2, 50-45×ジャレッド・キャノニア(米国)15勝6敗(UFC8勝6敗)※アデサニヤが5度目の防衛に成功  ミドル級タイトルマッチ5分5R。王者アデサニヤが、2位のキャノニアの挑戦を受ける。  5度目の防衛戦に臨むアデサニヤは、アンダーテイカーのテーマで登場。ハットを被り、骨壺を両手に抱えて花道を進むと、ケージイン時に四つん這いになり、「ここは俺の場所」とばかりにポストにマーキングの仕草。2月の前戦では最強挑戦者ロバート・ウィテカーに判定勝ちしている。  対する“キラゴリラ”キヤノニアはミドル級では5勝1敗。唯一の黒星はウィテカー。2月の前戦ではデレク・ブルンソンを2R 右ヒジでTKOに下している。  1R、ともにオーソドックス構えから。ともに右ローから。左右足を入れ替えるアデサニヤは左前蹴りをそのまま前に置いてスイッチ。右ローを当てる。  オーソドックス構えのアデサニヤにサウスポーから左前蹴りをみせるキャノニア。オーソドックス構えに帰るキャノニアに左ハイをブロック上に当てるアデサニヤ。    2R、ともにオーソドックス構えから。キャノニアの右ローは遠い。かわすアデサニヤが圧力をかける。前手を伸ばして左右ハイキック。右はブロッキングしたキャノニアだが、入れない。オーソから左ジャブを当てるアデサニヤは、スイッチしてサウスポー構えに。  左ローを当てると、そこにキヤノニアは右を合わせにいくが空振り。右ハイも当たらず。右腕を回してフェイントから右ボディを突くアデサニヤ。押し戻すキヤノニアは組みにいくがさばかれる。  オーソから左ジャブを突き、サウスポー構えになるキヤノニアは右前手フックも空振り。その打ち終わりにアデサニヤは左ハイをブロック上に当てる。キヤノニアの左の入りにアデサニヤの左前手が目に入り中断後、再開。  オーソからサウスポー構えのキャノニアに右インローを当てるアデサニヤ。しっかりジャブを当てストレートで詰める。  3R、サウスポー構えから左インロー。下がりながら左右の足を入れ替えるアデサニヤは右ロー。キャノニアの前進に前手を伸ばしてさばくアデサニヤ。強引に詰めるキャノニアに首相撲からシングルレッグも足を外に出して切るアデサニヤ。体を入れ替え、左右で詰めると、キャノニアノバックフィストはかわす。  サウスポー構えから右前手のフックを振るキャノニアだが、見切るアデサニヤ。左ジャブの打ち終わりにキャノニアは右をヒット。そのまま詰めてダブルアンダーで押し込むが、右での差しに変えてヒザ。アデサニヤは左で小手に巻いて崩れず。突き放して右ハイをブロック上に当ててブザー。  4R、キャノニアの詰めをステップで外して、体を入れ替え、左アウトローを当てるアデサニヤ。キャノニアは右クロスをかすめるが、続く右フックはダッキングしてサークリングでかわす。組みに入るキャノニアは両脇を差すが、押し込んでも展開なく、離れるアデサニヤが右前蹴りで牽制。  キャノニアの右の強振に左ジャブを内側から突くアデサニヤ。詰めて押し込むキャノニアに首相撲から金網背に休むアデサニヤ。キャノニアの右ヒジをかわして突き離すと、右フックもかわす。ブザーに金網に両手を着けてもたれかかる。  5R、オーソから左右の右を突くキャノニア。かわすアデサニヤもジャブ連打。さらに右ハイ、左ジャブと対角に攻撃。両手を合わせての右ヒジも狙う。オーソからジャブ&右ローを当てるアデサニヤ。キャノニアは右回りから右をかすめるが追打、追い足は無い。右で差して組んだキャノニアは金網まで押し込むが、小手に巻きさばくアデサニヤに、シングルレッグに切り替えるキャノニアだが、崩せず。そこに詰めたアデサニヤだが、キャノニアは左をヒット。ここはアデサニヤがクリンチ。突き放してワンツーでキャノニアを下がらせる。  判定は3-0(49-46×2, 50-45)でアデサニヤが勝利、5度目の防衛に成功。ケージの中でのインタビューで、「キャノニアを対戦相手として楽しみにしていた。ジョン・クラウチとウチのチームとの戦いでもあった。次は、キックボクシングの試合でも何でもできる。お前は何も出来ない、凍らせる」と、GLORY時代に敗れているアレックス・ペレイラを指名した。 [nextpage] ▼UFC世界フェザー級選手権試合 5分5R〇アレクサンダー・ヴォルカノフスキー(豪州)25勝1敗(UFC12勝0敗)※UFC12連勝[判定3-0] ※50-45×3×マックス・ホロウェイ(米国)23勝7敗(UFC19勝7敗)※ヴォルカノフスキーが4度目の王座防衛に成功  フェザー級タイトルマッチ5分5R。  ヴォルカノフスキーはUFC無敗のフェザー級王者。現在UFCデビューから11連勝中。2019年と2020年に対戦し、いずれも判定勝ちしているホロウェイと対戦。  1R、ともにオーソドックス構え。左前蹴りを見せるホロウェイが先に圧力をかける。ヴォルカノフスキーもフェイントを入れながら、左ロー。ホロウェイのボディ打ちの入りに左フックを狙う。  ワンツーで詰めるヴォルカノフスキー。スウェイでかわすホロウェイが前蹴りから詰めるが、ヴォルカノフスキーも左右ですぐに押し戻す。右ボディから左フックを放つヴォルカノフスキー。ワンツーには右ボディを返すホロウェイは左ハイも。ブロッキングするヴォルカノフスキー。顔を近づけて来たホロウェイに左ジャブを当てる。  ジャブの刺し合いから左を当てるヴォルカノフスキー! 近づくと左引手と釣り手をつかむ。左を突くヴォルカノフスキーに、ホロウェイは右のバックヒジを振りブザー。両者笑みを見せる。  2R、ここも詰めるホロウェイ。左の入りを左で押し返すヴォルカノフスキー。ホロウェイは右の蹴り。ジャブ・ストレートの右はヴォルカノフスキー。ブロッキングするホロウェイ。ワンツーから右ヒジを突くホロウェイに、しっかりブロッキングするヴォルカノフスキーは両脇を差して組むとスタンドバックにつくが、離れるホロウェイ。  ホロウェイの長い右をかわして右を当てるヴォルカノフスキー! 左眉から出血するホロウェイ。左ミドルハイから前に出るが、かわすヴォルカノフスキーは右ローを当てると、インサイドに入ってワンツースリー。  ホロウェイの打ち返しをかわして左右から左ローまで繋ぐ。さらにヴォルカノフスキーがホロウェイの前蹴り、後ろ蹴りもかわしてブザー。  3R、ホロウェイの入りに左ジャブを当てるヴォルカノフスキー。ジャブの刺し合いはヴォルカノフスキーが当てる。前蹴りから左右で金網まで詰めるが、ヴォルカノフスキーは左にサークリングでかわす。左ボディストレートも突くヴォルカノフスキー。さらにワンツー、右アッパーと打ち込み、ホロウェイの打ち返しはスウェイする。4連打のヴォルカノフスキー。ホロウェイがヒザを突くとその打ち終わりに組み。右で脇を差すヴォルカノフスキー、左に差し変えて離れる。  ホロウェイは鼻回りの出血が増える。ジャブ、ワンツー。詰めるホロウェイは右ヒザも頭を下げないヴォルカノフスキーは被弾せず。ホロウェイはオーソドックス構えから右を振るが当たらず。  5R、左の拳を合わせた両者。詰めるホロウェイに左インローのヴォルカノフスキー。ホロウェイはシングルレッグも金網にもたらて切るヴォルカノフスキーはすぐに体を入れ替え両脇を差して離れる。  オーソから右アウトローを当てるヴォルカノフスキー。さらに左ハイも肩口にヒット。ジャブ、左右ローにホロウェイは身体が流れる。ホロウェイの入りをさばいてジャブ&リーを突くヴォルカノフスキー。カウンターの組みでシングルレッグに入るホロウェイだが、難なく切るヴォルカノフスキー。  ホロウェイは前足に右の関節蹴り。ヴォルカノフスキーはジャブからワンツーで前へ。ジャブ、左フックと軌道を変えて打つヴォルカノフスキー。打たれず、自分だけが当てるヴォルカノフスキー。ワンツーから左ハイに繋ぐホロウェイの動きをしっかり読んでブロック。全く動きが衰えないヴォルカノフスキーは、ブザーに笑顔で右手を挙げて判定前ながらウイニングラン。  判定は50-45×3のフルマークでヴォルカノフスキーが4度目のフェザー級王座防衛に成功。  UFC戦績を12勝無敗とした王者は試合後、ケージ内でのインタビューで、「見てくれ、マックス・ホロウェイは絶対的なビーストで、その強さがふたりのお互いの強さを引き出していたと思う。それは俺がここ数日間ずっと求めていたもの、だからこそ敬意を払う必要があって、自分は、彼が最高の選手だと分かっているからこそ、自分自身をしっかり頭の中に呼び覚ます必要があったんだ。ひとつ言っておきたい。故郷のみんな、俺は気にしない、俺のことを好きだろうが嫌いだろうが、とにかく自分自身のために立ち上がってくれ。人は自分を落とそうとしてくるから、それに対して俺は立ち上がった。俺を見ろ、今はもう誰も俺を落としたりできない、だからみんな、自分のために立ち上がるんだ」と語った。  続けて、「もうフェザー級に相手がいない。ライト級に挑戦も?」と問われ、「まずはこの階級、オクタゴンで戦い続けたい。だからダブルチャンピオンを目指すのも悪くないと思うよ」と、二階級制覇を示唆。カメラはケージサイドのシャーウス・オリヴェイラを映し出した。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇アレックス・ペレイラ(ブラジル)6勝1敗(UFC3勝0敗)[1R 2分36秒 TKO]×ショーン・ストリックランド(米国)25勝4敗(UFC12勝4敗)  ミドル級4位のストリックランドはUFC6連勝中。ペレイラはランク外ながら、GLORYではミドル級&ライトヘビー級の二階級王者として君臨。UFC2連勝中。キック時代にイスラエル・アデサニヤに2度勝っている。  1R、ともにオーソドックス構え。詰めるストリックランドに、左回りでさがりながら左右の蹴りを打つペレイラ。右ストレートも伸ばすが、ストリックランドはかわす。右をボディに、左ローと散らすペレイラ。詰めるストリックランドは左の蹴り。  ストリックランドは胸の前に手を置いて、左を出しながら前に出るが、ペレイラは左に回りながら左フック! ストリックランドがダウンし、立ち上がったところになおも右ストレート! ストリックランドが再び倒れ、すぐにレフェリーが間に入った。  UFC3戦目でミドル級4位のストリックランドを下したペレイラは、「まず最初にストリックランドに感謝したい。いろいろあったけど彼のことは尊敬している。トレーニングからカーフを使うことから作戦を練って、フックを決めた。たくさんの人がアデサニヤ戦のことを話すけど、僕はそれだけじゃない。みんなに感謝したい。アデサニヤの今後も祈るよ」と語った。ストリックランドはUFC連勝が「6」でストップ。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇ブライアン・バーバリーナ(米国)18勝8敗(UFC9勝6敗)[2R 4分47秒 TKO]×ロビー・ローラー(米国)29勝16敗(UFC14勝10敗)  ウェルター級元王者ローラーと、6年ぶり連勝中のバーバリーナの対戦。  1R、ともにサウスポー構え。右インローと左アウトローはバーバリーナ。ローラーは左ボディストレートを突く。  ワンツーで詰めるローラーに右を打ち返しに行くバーバリーナ。左で詰めるローラーに右ボディも。さらにローラーは左アッパー、左は相打ちに。バーバリーナはカージ背にしながらも上下に散らして右ヒジも。  互いに左を当て合うなか、左右をコンパクトに連打するバーバリーナ。さらに右ヒジを打ち込み、右ボディを織り交ぜる。  ローラーも頭を振りながら詰めて左アッパー! 前手の右フック。バーバリーナも右をカチ上げてヒジ。しかしローラーも休まず左を当てる。バーバリーナが右ハイをブロック上に当ててスリップもすぐに立ち上がりゴング。  2R、ワンツーで詰めるバーバリーナ。しかしローラーも右ジャブを連打し、効かせると前に。左前蹴りも腹に突き、右ジャブをヒット。ここで左右で押し返すバーバリーナ。左ストレートを打ち込む。ローラーのカウンターのジャブでバーバリーナは鼻血。  バーバリーナの入りにさらに前手の右フックを当てる。しかしバーバリーナも前進。左ストレートを当てて右の縦ヒジも入れるとローラーが後退! 両者ともに効かされると前に出る激闘に。  金網に詰めて左右のヒジも入れるバーバリーナ。体を入れ替えてきたローラーをなおも連打で金網まで詰めたバーバリーナは、右フック! これをクリーンヒットさせたバーバリーナが左右ラッシュすると、立ったまま打たれ続けるローラーを見て、レフェリーが間に入った。  試合後、“バンバン”バーバリーナは、「夢に見てきた試合だった。憧れだった、レジェンド相手に、こんな試合が出来て光栄だ。打ち合いもグラップリングも出来る」と語った。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R-ペドロ・ムニョス(ブラジル)19勝7敗(UFC9勝7敗)[2R 3分09秒 ノーコンテスト] ※オマリーの偶発的なアイポーク-ショーン・オマリー(米国)15勝1敗(UFC7勝1敗)  バンタム級9位のムニョスと、13位のオマリーの対戦。  1R、ともにサウスポー構えから。スイッチするオマリーがオーソドックス構えになるとムニョスもオーソになり、右カーフックを打つ。オマリーも右カーフを返す。  サウスポー構え。ムニョスの左ローをかわすオマリー。オーソから左ジャブを伸ばす。さらに右後ろ蹴り。サウスポー構えになるとムニョスも左カーフ。  オマリーの長い右前蹴りがローブローとなる中断後再開。左カーフを2発入れたムニョス。さらにもう1発。ムニョスは踏み込んで右ハイ。ブロッキングするオマリー。  オーソになると右ローも突くムニョス。オマリーは右後ろ蹴りを腹に。ムニョスの後ろ廻し蹴りをかわしたオマリーは、1回転して牽制してから、もう一度、今度は後ろ蹴りを入れる。  2R、ムニョスの左右の蹴りは間合いで外すオマリー。左ボディストレートはオマリー。右ストレートはかわされると、今度は後ろ廻し蹴り。これもかわすムニョスは左ローも空振り。  オーソから右ローを当てるムニョス。オマリーの飛び込みはかわすが、右ストレートは額で受ける。右ローのムニョス。オマリーは左ジャブ! ムニョスの左を避けたオマリーの左指を開いたジャブがアイポークになり中断、再開。  ムニョスは続行不可能。シャドーをして待っていたオマリーはバスケットボールのシュートの仕草から、ムニョスに近寄りハグした。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ジェイリン・ターナー(米国)13勝5敗(UFC6勝2敗)※UFC5連勝[1R 0分45秒 ギロチンチョーク]×ブラッド・リデル(ニュージーランド)10勝3敗(UFC4勝2敗)  1R、ターナーが、リデルの左ローに右ストレートを合わせて崩すと、さらに左ハイ。これをかわして頭を下げてリデルが組んんできた際に、カウンターのアームインギロチンチョークで上に。ノーアームギロチンに組み直して絞め上げ、“タランチュラ”ターナーが一本勝ち。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇ジム・ミラー(米国)35勝16敗(UFC24勝15敗)※勝利数24歴代1位、最多出場記録40[2R 1分32秒 ギロチンチョーク]×ドナルド・セラーニ(米国)36勝17敗(UFC23勝14敗)※UFC勝利数23歴代2位、ファイトボーナス獲得数18(歴代1位)  1R、サウスポー構えのミラーに、オーソドックス構えのセラーニは右インロー、右前蹴り。右から左のワンツーで押し戻すミラー。さらに右インローのセラーニに左ストレートを合わせに行くミラー。セラーニは右ミドルも。  ミラーの入りに右テンカオを腹に突くセラーニ。さらに左ミドルもその蹴り足を掴んだミラーがテイクダウン。すぐに腕十字を狙うセラーニに渡さないミラーは腕を抜き、パスの際で右で脇差しのセラーニにマウントを合わせようとするが、上を取るのはセラーニ。今度はミラが下から三角絞め狙いも中腰になるセラーニ。腕を抜き、ミラーの右足をヒザ十字を狙うもブザー。  2R、セラーニの飛び込みに左ヒジを狙うミラー。互いに左の蹴りにバランスを崩したのはセラーニ。その立ち上がり際にすかさず左腕でアームインギロチンチョークで極めたミラー。しっかりクローズドガードの中に入れて絞め上げ、セラーニは動させる指でタップした。  ジム・ミラーはこれでUFC勝利数「24」で歴代単独1位に。  敗れたセラーニはカウボーイハットをオクタゴンに置いて、そのなかにオープンフィンガーグローブを外して入れて引退を表明。  ジョー・ローガンのオクタゴン上でのインタビューに「ありがとうラスヴェガス、ああジョー、もうこれ以上、この仕事を愛せないんだよ。(最多勝利を)ここで諦めるのはつらいことだけど、長くやってきて自分にはもう誰かと戦い続けるのはキツい。映画スターになりたいって思うよ、ベイビー。本当にヴェガスで満員の客に囲まれて試合をして、君と話して、子どもたちもここに上げて、最高の舞台だった。キャリアを誇りに思うし、いつか殿堂入りできたいいな。ありがとうUFC」と引退のコメント。カウボーイハットをかぶった2人のキッズを両腕に抱いた。 (C)Zuffa LLC/UFC/Getty Images  ローガンは「100パーセント、殿堂入りするし、100パーセント君のキャリアは特別なものとして刻まれるよ、わが友よ」と返した。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇イアン・ギャリー(アイルランド)10勝0敗(UFC3勝0敗)※10連勝[判定3-0] ※30-27×3×ゲイブリエル・グリーン(米国)11勝4敗(UFC2勝2敗) [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇ドリキュス・デュプレシー(南アフリカ)16勝2敗(UFC3勝0敗)[判定3-0] ※29-28×3×ブラッド・タヴァレス(米国)19勝7敗(UFC14勝7敗) [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇アンドレ・ムニス(ブラジル)23勝4敗(UFC5勝0敗)[判定3-0] ※30-27×3×ユライア・ホール(ジャマイカ)17勝11敗(UFC10勝9敗) [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R〇メイシー・バーバー(米国)11勝2敗(UFC6勝2敗)[判定3-0] ※29-28×2, 30-27×ジェシカ・アイ(米国)15勝11敗(UFC5勝10敗)※引退を表明 [nextpage] ▼女子バンタム級 5分3R〇ユリア・ストリアレンコ(リトアニア)10勝6敗(UFC1勝4敗)[1R 0分42秒 腕十字]×ジェシカ・ローズ・クラーク(豪州)11勝8敗(UFC4勝4敗)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント