MMA
インタビュー

【RIZIN】平本蓮、メイン昇格に「徳を積んできたおかげ」朝倉未来の勝利予想に「見る目あるじゃんとは思った」

2022/06/30 19:06
 2022年7月2日(土)沖縄アリーナ『RIZIN.36』に出場する選手の個別インタビューが、6月30日(木)沖縄・那覇市内にて行われた。  メインイベントのフェザー級(66.0kg)5分3Rで、鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM)と対戦する平本蓮(ルーファスポーツ)は、朝倉海の欠場によりセミファイナルからメインイベントへ繰り上がったことに「メインになってテンション上がり中です。やっぱり徳を積んできたおかげだなって。こんな形として現れるとは思わなかったので最高です」と  現在のコンディションを聞かれると「水抜きを控えているので、最終調整をしっかりして最高の勝利をみんなに届けられたらなと思っています」とした。  改めて鈴木の印象を聞かれると「気をつけて戦います」とだけ答え、打撃については「8オンスグローブだとKOが少ない印象ですが、オープンフィンガーだとそこは関係なくなるのと、ONEでオープンフィンガーの打撃戦に慣れているとは思いますが真剣にやれば問題ない感じですかね」と、問題なしと答える。  試合展開は「俺の右が炸裂して終わるかなって試合ですね。右のパンチか、右の蹴りか」と右の攻撃でフィニッシュすると予告。  しかし、テイクダウンを全く使わないわけではないと平本は言う。「テイクダウンを自分から行かないというよりも、打撃で作戦を立てていって仮に相手が打撃で削れてロープ際であったりとか組んで硬直して抜けるなって思ったところはバンバン抜いていって、テイクダウンも得意なので。そこは打撃を効かせてからって話で、テイクダウン全く考えていないってわけではなく、作戦が打撃っていうことですね。打撃を効かせた中での延長線での組み技っていうのが見せられたらな、という感じです」と説明した。  朝倉未来は「今回は絶対に平本選手が勝つ、打撃勝負に徹すれば勝つ。鈴木選手はタックルとか入るけれどテイクダウンをとれずに消耗する」と予想しているが、「見る目あるじゃんとは思いました。僕も鈴木は得意なパターンのサウスポーの相手だと思うので、勝ち筋が見えてるからこそ慎重にやっていきたいなって思います」と、朝倉の予想は的を射ていると笑う。  鈴木は自身のジムBELLWOODには平本のような綺麗な打撃を使うストライカーはいる、と対応に自信を見せていた。そのことを伝え聞くと平本は「地元の不良少年集めて格闘技やらせてるくらいのレベルですよ。言っておけばって感じです」と一笑に付した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント