MMA
インタビュー

【RIZIN】山本美憂、柔道家対策で平田樹&アーセンもセコンド、アグォンとともに「夫婦勝利」誓う

2022/06/28 12:06
 2022年7月2日(土)、沖縄アリーナにて開催される『RIZIN.36』第11試合のスーパーアトム級(49kg)戦で、大島沙緒里(AACC)と対戦する、山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE22)が27日、都内にて公開練習を行なった。  山本は、2018年7月から2019年大晦日まで、4連勝を含む5勝1敗も、2020年12月に浜崎朱加に一本負け、2021年11月の前戦ではRENAのカウンターのヒザ蹴りを受け、逆転のTKO負けを喫している。  沖縄での平仲信明会長との交流、さらにKRAZYBEE沖縄設立と、沖縄と縁の深い山本“KID”徳郁の誘いにより、一時は家族で移り住んでいた山本にとって、沖縄は第二の“ホーム”。 「沖縄には“家族”、といえる人たちがいて、前回あそこまで押してて、そこで負けてしまい、様々な沖縄の方達を悲しませてしまったので、今回はちゃんと勝って、皆で一緒に騒ぎたいです」と、山本はいう。  この日は、東京馬込のKRAZYBEEで公開練習。長男のアーセンが持つミットにサウスポー構えから、左右のパンチを1発1発、丁寧に打ち込んだ。  ショートカットの金髪姿となり、「練習中に髪が散乱して暑いし、編むのも痒くなるから嫌になって、切りました。機能が気持ちを変えさせました」と笑う山本は、現在のコンディションについて「ここまでちゃんとトレーニングを積んできました。あとは体重調整と本番で思いっきり力を出せるようにするだけ」と充実の表情を見せた。 試合が終わって手が上がるまで集中する  前戦では、シュートボクシングからMMAに挑戦するRENAを相手に、スタンドで立ち会い、テイクダウンから上を取ったが、2Rにカウンターのヒザ蹴りをもらい逆転TKO負けを喫した。前々戦では、浜崎朱加にシングルレッグに入ったところにカウンターのキムラで回され、最後はセンタク挟みに敗れている。いずれも一瞬の判断ミス、あるいは動きが雑になったところを対戦相手に突かれた。  敗戦の課題を「最後まで、自分の試合が終わって手が上がるまで集中すること」という山本は、「ミスをしないように自分のゲームプランで相手を倒しに行く。いままで寝技でミスを犯して極められてしまうことがあったので、今回の相手もそれを狙ってくると思うので、それがないように練習してきました」と語る。  今回の対戦相手は、柔道出身で、際立って極めの強いグラップラーの大島で、現在、DEEPミクロ級王者とDEEP JEWELSアトム級王者の二冠を抱く。  大島について「とてもアグレッシブで寝技が強い選手なので、そのへんのところは意識して練習してきました」という。 「相手の得意な戦いには行かないようにしたいですけど、寝技でも練習してきているので、立ちでも寝技でも両方大丈夫です。KOも狙っていきたい」と、互いに組みが強いなか、上からでも下からでも極めに来る大島に対し、山本は立ち技でも勝負し、テイクダウンから自分の形で相手をドミネートする構えだ。 [nextpage] 柔道出身の樹ちゃんがすごく大きな力になりました  山本の試合は第11試合。同日には、夫のカイル・アグオンも山本の試合の2つ前の第9試合で、山本空良(パワーオブドリームジム)と対戦する。 「旦那には自分の試合が終わったら、『速攻、シャワーも浴びずにセコンドに来て』と言ってあります(笑)。この間の試合も自分の試合(芦田崇宏に判定勝ち)後に、スパイク(カーライル)のセコンドにも出たので、全然問題ないと思います」と、名参謀のセコンドを心待ちにしている。 「カイルはこれから来日します。夫婦で出るのは今回2回目で、前回、2人とも負けてしまったんです。これまで親子勝利はあったので、今回は『夫婦勝利』を絶対、勝ち取ります」と揃っての必勝を誓う。  山本のMMAコーチでもあるアグォンは、グアムから山本の動きをチェックしているという。 「主人はコーチなのでビデオを撮って送ってアドバイスをもらったり、練習中にもアーセンが動きをビデオチャットで録って、グアムからライブで怒られたりしました。『もう1回やり直し!』と何回も言われたり(苦笑)」  そして今回は新たな援軍が、セコンドにつく。  柔道出身でONE Championshipで活躍中の平田樹だ。現在、平田のパートナーでもあるアーセンとともにセコンドとして美憂をサポートする。 「今回は、コーチがアーセンと樹ちゃん、そしてグアムからカイル、という3人でセコンドにもついてもらいます。私のセコンドに女子がつくのは初めてなので、それもまたちょっと楽しみ」と、信頼を寄せる。  MMAでテイクダウンに足技を駆使し、柔道の極めをミックスしている大島の動きを、平田が対策。平田は「キムラも、そのほかの技も極めさせないです」と山本の動きに太鼓判を押す。 「米国修行から樹ちゃんが戻ってきて、フィジカル練習もすごく一生懸命やっていて、それは私は(試合が)近かったので一緒にやることができなかったですけど、今回は、柔道出身のMMAファイターが相手なので、樹ちゃんがすごく大きな力になりました。心強いです。  組んで足をかけてくる投げや寝技の対策など、大島選手のビデオを(平田に)見てもらって、“こんなことをしてくる”とか。そんななかでも守りにばかりなってしまうと絶対にいい方向にはいかないので、守りながらでも自分のペースに運んで、フィニッシュに持っていく、そういう練習です」 私の過去の試合はあんまり参考にはならない  しっかり打撃で立ち会い、組んでも恐れず、自身の得意な形で攻めて行く。 「組みが怖いというわけではなく、組まれても自分のポジションに持っていく。フルラウンドでも全然苦じゃないので、仕留められるところで仕留めていきたいです」  この3戦は、山本にとって対AACC勢との戦いでもある。大島もこれまでの山本の動きをチェックし、周囲のアドバイスを受けて研究している。  そんな大島を相手に山本は、「RENA選手とやったときとも、浜崎選手とやったときとも違う、全然進化しているので、過去の試合はあんまり参考にはならないと思います」と、MMA6年目、13戦目の進化に自信を見せる。  7月31日の「RIZIN.37」から、女子スーパーアトム級ワールドGPの開催も決定しており、そこには世界の強豪、そしてかつて敗れたライバルたちも参戦予定だ。リヴェンジを狙うためにも沖縄での勝利は、マストとなる。 【写真】打撃練習をやりこんだ証の拳 「GPのことはまだ気にしていません。とりあえず、この試合に集中して勝つだけです。前回は沖縄で負けてしまったんですけど、今回は勝ちます。応援よろしくお願いします」  山本は、アグォンとともに夫婦そろっての勝利を沖縄で飾ることができるか。注目の女子スーパーアトム級戦だ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント