キックボクシング
ニュース

【THE MATCH】原口健飛「次のエースの筆頭は僕かなと思っています」、YA-MAN「譲れるわけないので俺がエースになる」=一夜明け会見

2022/06/20 23:06
 2022年6月19日(日)東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』の一夜明け会見が、20日(月)都内にて行われた。  会見にはドラゴンコーナーで勝利した選手たちが出席。前夜の試合を振り返った。 鈴木真彦(山口道場/RISEバンタム級王者/RISE)※金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王者/K-1)に判定勝ち 「素晴らしい大会を開催して実現してくださった関係者の皆さんに感謝しています。ありがとうございました。そしてたくさんの応援をありがとうございました。試合内容は王者対決ということもあって勝利はしたんですけれど内容には全然納得いってないので、これからも僕は倒す試合をして格闘技界を盛り上げていきたいと思っています」 江幡 睦(伊原道場/第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者)※璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス/第7代Krushスーパー・バンタム級王者)に判定勝ち 「昨日は東京ドーム、本当にいい景色でした。僕は中学の頃に親友と双子の弟(塁)と一緒に夢を持って、夢を誓って茨城から東京に来ました。いつか大舞台で皆さんの拍手をもらって、勇気と希望を与えられるような試合をしようそういう夢を誓って東京へ来ました。その夢がひとつ叶ったんじゃないかなとあの景色を見て思いました。まだまだ僕の夢は続くのでこれから僕の挑戦がまた始まります。またよろしくお願いします。皆さん、本当にありがとうございました」 風音(TEAM TEPPEN/RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝/RISE)※黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード/K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント優勝/K-1)に判定勝ち 「昨日は団体関係なく格闘技ファンの皆さん、伊藤代表、そして何よりも天心と武尊選手のおかげで僕はまたひとつ強くなれました。本当にありがとうございました。また今日から孤独な世界に戻って死ぬ気でやって行きますので風音に注目してもらえると嬉しいです」 笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)※中島千博(POWER OF DREAM/Krushスーパー・フェザー級王者)に判定勝ち 「今回このような大きい大会に出させていただき関係者の皆様本当にありがとうございました。今回、他団体の王者に勝ててシュートボクシングの強さをしっかり証明できたと思います。でもまだまだ僕も圧倒して倒し切れなかった部分もあるし、もっと圧倒的な強さで他団体の王者をもっと倒したいと思うので僕に注目してください。来週は兄と弟の試合もあるし、三兄弟でやっているのでみんな強いので注目して三兄弟の応援よろしくお願いします」 中村 寛(BK GYM/第6代DEEP☆KICK-60kg級王者/RISE)※レオナ・ペタス(THE SPIRIT ZERO/LARA TOKYO/第9代Krushスーパー・フェザー級王者/K-1)に判定勝ち 「昨日はまず初めに、天心君と武尊選手がいてなかったらこんな大会になっていないと思うので2人に感謝しています。同時にこの大会を作り上げてくださった関係者の皆様にほんまに感謝しています。個人的には僕を支えてくださっているスポンサー様、自分のオフィシャルファンクラブの皆様、ファンクラブに入っていなくてもファンの皆様に一緒に戦ってくれてありがとうございましたと伝えたいです。この結果に満足せず一から頑張り直すので応援していて欲しいです」 原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/第6代RISEライト級王者)※山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第5代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)にKO勝ち 「まずはこのような素晴らしい舞台を用意してくださった関係者様、そして会場に来てくださったファンの皆様、そして最高の応援団、皆さん本当にありがとうございました。僕は試合内容的には久しぶりに心から喜べる試合内容になったと思います。そして那須川天心と同じ舞台で戦えたことを誇りに思います。天心君、お疲れさまでした」 海人(TEAM F.O.D/S-cup2018 -65kg世界トーナメント王者)※野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPウェルター級王者)に判定勝ち 「昨日は本当に自分の強さを証明したくて野杁選手と戦わせてもらって、野杁さんの強さを肌で感じて本当に強いなと感じました。本当に幸せな楽しい時間でしたが、そこでしっかり自分が勝ってもう日本に敵がいないと今は胸を張って言えるので、次は世界一になれるようにしっかり頑張って行きたいですし、野杁選手に教わったことを全て自分の実にして世界に勝っていきたいと思います」 ――海人選手は野杁選手に何を教わったと? 「技の一つ一つの精度であったり、新しい僕が嫌だと思った技もあったのでそれを自分にプラスしていきたいと思ったので、それを使って今後世界と戦っていきたいと思いました」 ――原口選手は自分の試合を見た感想は? 「1・2回見ました。あまりどのシーンが効いたかは試合中は分からなかったんですけれど、一発目のストレートをよくあの体勢で打ったというのがありますね。それ以降は基本的に狙って打っていたのでアレなんですけど、あの体勢でよく打てたパンチが効いたので勝ててよかったです」 ――中村選手、両手は大丈夫? 試合は見た?「今から検査ですが大丈夫です。すぐに治します。あまり感想はないですけれど、何も緊張することなくいつも通りの感じで試合を楽しもうと、その課題はクリアして楽しめたのと、勝ちに徹することが出来たと思っているので、客観的に見てもいい試合は出来たと思う。倒せてないから悔しいですけれど」 ――鈴木選手は同じ階級の志朗vs.玖村戦は見た? 「試合後で見れてなくて。でも玖村選手が僕が負けた志朗選手に勝っているので気にはなりますけれど、いずれほんまに強い者同士がまたこういう場面で戦うってなった時に戦うことはあると思うので、僕はいつでも誰とでも戦うし全然やるよって感じですね」 ――風音選手、笠原選手、鈴木選手は戦ったことのある那須川天心選手がキックボクシング最後の試合を終えたことにどんな思いがある? 風音「僕は完全にチームメイトとして勝って欲しかっただけですね。純粋に勝って欲しかったので、戦ったからとかでなく、ただ単純に勝って欲しかった、それだけですね。勝つのは信じていたし、つなげられてよかったです。それに尽きます」 笠原「僕も勝って良かったなって思います。やっぱり凄いなって思ったし、観客を全員魅了して勝ったので尊敬しかないです。長い間お疲れさまでした」 鈴木「僕も本当に対戦したとかは関係なく、凄い楽しみにしていたカードやったので、そこで最後まで勝ってキックボクシング人生をやり切ってもらったので、第二のボクシング人生も頑張ってもらいたいですね。お疲れさまでしたと」 ――RISEファイターの皆さん、原口選手から那須川選手の跡を継いでRISEのエースに、という言葉があったが、どう思う? 鈴木「もちろん僕も格闘技を選手としてやっているので、引っ張っていけるような存在にならないといけないと思っているので、まずは試合で魅せていきたい」 風音「僕もそうですね。誰よりも強くなるためにやっているので、それがおのずとそういう風につながっていくと思うので、変わらずブレずに世界一を目指してやっていくのみですね」 YA-MAN「同じ階級ですし、ここでエースなんか譲れるわけないので俺がエースになるって感じですね」 中村「デビューの時からずっと俺は俺って気持ちで有言実行してやってきたので、それを引き続きやって、分かる人には分かってもらってそれが広まって行ったら自分がエースになるんちゃうかなって思います。それは人が決めることなので自分が好きなようにやろうと思っています」 ――今のみんなの言葉を受けて原口選手は? 原口「僕は自分が引っ張っていかなあかんなと思っていますけれど、自分だけじゃあかんし、ここにいるRISEファイターみんなが責任を持って覚悟を持ってやっていかないと、誰々がいなくなったらRISEが潰れるとかそういうことを言われちゃうとRISEファイターは悔しいと思うので。でも、筆頭は僕かなと今のところは思っています」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント