EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【UFC】死闘! プロハースカがテイシェイラに5R一本勝ち、史上初のRIZIN&UFCの2団体制覇! 女子フライ級女王シェフチェンコがサントスに辛勝、ウェイリーが再戦で裏拳KO! イェンジェイチックが引退=『UFC275』

2022/06/12 11:06
 2022年6月11日(日本時間12日)、シンガポール・カランのシンガポール・インドア・スタジアムにて『UFC275』が開催された。 「UFC 275: Teixeira vs. Procházka」速報 【メインカード】※WOWOW放送 ▼UFC世界ライトヘビー級選手権試合 5分5R〇イリー・プロハースカ(チェコ)29勝3敗(UFC3勝0敗)205lbs/92.99kg [5R 4分32秒 リアネイキドチョーク]×グローバー・テイシェイラ(ブラジル)33勝8敗(UFC16勝6敗)205lbs/92.99kg ※プロハースカが新王者に。テイシェイラは初防衛に失敗  シンガポール初開催のUFCナンバーシリーズのメインイベントは、ライトヘビー級王者グローバー・テイシェイラ(ブラジル)に、元RIZINライトヘビー級王者のイリー・プロハースカ(チェコ)が挑戦する同級タイトルマッチ(5分5R)。  テイシェイラは、2021年10月にヤン・ブラホヴィッチをリアネイキドチョークで降し、ランディ・クートゥアーのUFC史上最年長王座獲得記録(43歳)に次ぐ42歳で王座を獲得。今回が初防衛戦になる。  29歳のプロハースカは、RIZINからUFCに参戦し、ヴォルカン・オーズデミア、ドミニク・レイエスを2連続KOで降し、わずか3戦目でタイトルショットを得た。  入場後、オクタゴンのなかで軽快に左右の足をシャッフルして手足を動かすプロハースカ。テイシェイラは落ち着いて一瞬笑顔を見せる。リーチは4インチ差でプロハースカが長い。コールにプロハースカは両手を広げる。テイシェイラは右の拳をブルース・バッファーと合わせる。  1R、拳を合わせた両者。サウスポー構えのプロハースカはスイッチで足wを入れ替える。先に右の蹴りはテイシェイラ。プロハースカは右ローを返す。サウスポー構えのプロハースカは右前手でジャブ。ボディ打ちから左フックも。  右を振ってシングルレッグで肩口まで持ち上げてテイクダウンはテイシェイラ!  クローズドガードのプロハースカは背中を着くと、中腰のテイシェイラはインサイドからパウンド。プロハースカは金網使い立とうとするがここでバックを狙うテイシェイラにプロハースカは下を選択。ケージを蹴ってスクランブルで立ち上がる。  跳びヒザで前に出るプロハースカは左の蹴り。右を当てて前に出るテイシェイラに、プロハースカはシングルレッグテイクダウン! そのまま足を越えられるプロハースカ。マウントを奪うテイシェイラはパウンド! 残り1分20秒。亀になって立とうとするプロハースカにバックを奪うテイシェイラ。それを落としたプロハースカはインサイドから長い左右のパウンドでテイシェイラをカットさせる。1Rからテイクダウンを奪ったテイシェイラ。脱出したプロハースカはどう出るか。  2R、オーソドックス構えになるプロハースカ。ワンツーで詰めるテイシェイラに長い右前蹴りはプロハースカ! さらに左ヒザも見せる。  サウスポー構えになるプロハースカ。右ミドルを返すテイシェイラに、プロハースカは右を当てると、右跳びヒザ! さらに左右でラッシュ! 足を手繰りに行くテイシェイラを切るプロハースカは右アッパー! さらにバックヒジ。テイシェイラはシングルレッグも切るプロハースカ。オーソドックス構えからワンツーで詰めるが、スリップしたプロハースカ!  ここを逃さず詰めるテイシェイラ。ニアマウントを許したプロハースカはパウンドを受けながらもハーフガードに戻すも、残り15秒でマウント! 強いヒジでプロハースカは左目を大きくカットする。  3R、笑顔を見せるテイシェイラ。サウスポー構えから右ハイを見せるプロハースカ。右アッパーも当てるプロハースカにテイシェイラはダブルレッグもここはスプロールするプロハースカ。  左のダブルを当てるプロハースカ! ともに右ロー。サウスポー構えからオーソになり前に出るプロハースカにテイクダウンを狙うテイシェイラを切るプロハースカ。  ジャブから右ヒザはプロハースカもその蹴り足を掴むテイシェイラがテイクダウン! ここはすぐに亀になり足を手繰り立ち上がるプロハースカ。  右の首後ろを掴み左ヒジ! さらにボディ打ちも、ここで組み付くテイシェイラ。体を入れ替えるプロハースカは金網に釘付けにして左右ラッシュ! テイシェイラの組みを切り、上になるとハーフからパウンド! 下になるテイシェイラは右目を大きくカット! ハーフから肩固め狙いも、ブリッジで返すテイシェイラ。プロハースカは際でバック狙いも足はかからず下に。  残り20秒、上で元気になるテイシェイラはプロハースカにヒジ! 両者出血が多くなる。プロハースカのスタミナはいかに。  4R、チャンピオンシップラウンド。プロハースカにとっては初の4R目。オーソドックス構えのプロハースカサウスポー構えになるとテイシェイラが前に。右ボディストレート、さらに右ハイも。プロハースカも左前蹴り、長いワンツー。  左ボディを効かせたテイシェイラ! さらに前進し、ダブルレッグへ。がぶろうとするプロハースカにテイシェイラがテイクダウン! 両足も払って倒してサイドを奪うテイシェイラはマウントへ。  そのまま肩固めを狙うが、頭は入っていない。凌ぐプロハースカは親指を上げて「大丈夫」と示すと、ブリッジから上に! 残り1分20秒をパウンド、亀からテイシェイラはスイッチ! バックへ。ここも腰をずらし上になるプロハースカ。残り18秒、プロハースカが上のままブザー。死闘に。1、4Rはテイシェイラ。2、3Rをどう取るか。  5R、場内は大歓声。両者ハグをしてからスタート。  左ジャブを突くプロハースカに右ストレートを当てたテイシェイラ! プロハースカの頭が下がると詰めてギロチンチョークへ! ここで頭を抜いたプロハースカはパウンドもテイシェイラは立つ。  ジャブ、右ストレートのテイシェイラにプロハースカはヒザ! しかし、左右からテイシェイラはダブルレッグ、シングルレッグのテイシェイラに、切るプロハースカ! 右を振るテイシェイラ。右から左、さらに左ボディ! そしてダブルレッグへ!  立ち上がろうとするプロハースカの腰を抱き寝かせるとマウントに! プロハースカはスタミナ厳しいが、ケージを蹴って上に。亀になるテイシェイラに背後からパウンド、ヒップアタップもかわして、バックを奪うとリアネイキドチョーク! 足はかからないがサイドバックから首を絞めると、テイシェイラがタップした!  プロハースカは、史上初のRIZIN&UFCの2団体制覇。  試合後、プロハースカは、「こんな試合はありません。だからこそいい気分です。何も考えずに試合をしいました。もっともっと強くなって帰ってきます。1R、5Rどこでフィニッシュが来ても構わないと思いました。アメイジング、ほんとうに嬉しいです。しかし試合ではしっかり終わらせるセットアップが出来ないところがあり悔しいです。死闘でした。テイシェイラは真のチャンピオンです」とコメント。ダニエル・コーミエーの「チャンピオン」のコールに胸に手を当てた。  一方、最終ラウンドで敗れたテイシェイラは、「彼はグラウンドでも強かった。刀と刀のような戦いだった。言い訳はない。正直、彼の打撃もあんなに強く当たっていたし、すごいと思った。自分も全力は尽くしたと思っている。まだ戦えるかな?(コーミエーが「出来るよ」と回答)まだまだ戦うよ」と語った。  退場時にプロハースカは、元王者のヤン・ブラホヴィッチと言葉をかわした。初防衛戦の相手は誰になるか。 【関連記事】 史上初、RIZIN&UFC二冠王へ──イリー・プロハースカ「RIZINは、僕の礎を築いてくれた学校。その時間の全てが、今回の戦いのためなんだ」 [nextpage] ▼UFC世界女子フライ級選手権試合 5分5R〇ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(キルギス)23勝3敗(UFC12勝2敗)124.5lbs/56.47kg ※UFC9連勝[判定2-1] ※48-47, 47-48, 49-46×タイラ・サントス(ブラジル)19勝2敗(UFC4勝2敗)125lbs/56.70kg ※UFC4連勝でストップ※シェフチェンコが7度目の防衛に成功  コメインでは、UFC世界女子フライ級選手権試合として、7度目の防衛戦に臨む女王ヴァレンティーナ・シェフチェンコと、MMA19勝1敗(UFC4勝1敗)のチャレンジャー、同級4位でUFC4連勝中のタイラ・サントスが対戦。サントスは、ロクサンをテイクダウンし、前戦でジョアン・ウッドをリアネイキドチョークで極めている。 1R、サウスポー構えのシェフチェンコ。オーソドックス構えのサントス。どっしりと構えるシェフチェンコ。サントスは左ローから右インローを見せるが遠い。  左の後ろ蹴りを見せるシェフチェンコ。ワンツースリーで詰めるサントスに右で脇差し組むシェフチェンコ。金網に押し込み、左も差し上げると左ヒザを突く。  両差しにシェフチェンコは背中ごしにサントスをクラッチすると肩パンチ、右で差し上げて投げも、この際で上になるのはサントス!  すぐにバックを奪うと4の字ロックで背後からフェイスロック、背後のサントスに左拳を打つシェフチェンコ。サントスは鼻、口を押えてからリアネイキドチョーク狙いもブザー。  2R、ワンツー、左の後ろ廻し蹴りを見せるシェフチェンコ。。かわしたサントスに左で詰めて組むが、サントスは左で差して体を入れ替え押し込み。  左小外がけでテイクダウンを奪うサントス! 下からシェフチェンコはフットチョークも外すサントス。腹の細かいパンチもブレーク。  左ミドルを蹴るシェフチェンコ、詰めて首投げテイクダウン! バック狙いのサントスに上を取ろうとするが、スクランブルで上を取るのはサントス。  3R、サントスがマウスピースを入れ忘れて再開。オーソから左の蹴り、さらに右の右前蹴りも見せるサントス。シェフチェンコは左後ろ蹴り。バックステップしてかわすサントス。  ワンツーのサントスをかわすシェフチェンコ。詰めて組んで小外がけテイクダウンも、際に強いサントスは下にならず、両者立ち上がり。  組みでも強いサントス相手にシェフチェンコは打撃勝負したいが、カウンタータイプのため、待ち。  組みで有利と見たサントスは、先に組んで左で差して、ボディロックテイクダウン! すぐに足を4の字に巻き、リアネイキドチョーク! 後ろ手を剥がすシェフチェンコ。今度はフェイスロックで絞めるもブザー。  4R、左の蹴りはシェフチェンコ、右ミドルを返すサントス。シェフチェンコは右を振って左ハイ!  しかし、シェフチェンコのバッティングにサントスは右目を大きく腫らし右目が塞がる。  見えない左側の攻撃はシェフチェンコ。左ミドルのシェフチェンコは前に。サントスは距離を取るが、ワンツーから左ハイを当てるシェフチェンコ。サントスは前蹴り。ワンツーから組みも、ヒジ打ちで剥がすシェフチェンコ。ワンツーも、それを掻い潜ってテイクダウンはサントス! 上のままブザー。  5R、右ローはサントス。ワンツースリーまで繋ぐシェフチェンコ。左ミドルもヒット。詰めて首投げもここでバック狙いから、首を抜き上になるサントスはチョーク狙い。これを前に落として立つシェフチェンコ。左の蹴りも単発のシェフチェンコだが、ダブルレッグテイクダウン!  ハーフガードのサントスに背中を着かせるシェフチェンコだがフィニッシュ出来るか。右手のオープンハンドで耳を叩くと、右で枕に巻き、肩で抑え込んで左の細かいパウンドからサイド奪取。ここはサントスも腰を切りハーフに戻して残り20秒。シェフチェンコは上のままブザー。  1、2、3Rはサントス。4、5Rはシェフチェンコと見られるが……判定は2-1に割れ、(48-47、47-48、49-46)で王者シェフチェンコが勝利。  シェフチェンコは「今日も勝って自信になりました。ここに自分の心があります。これがチャンピオンマインド。大変な試合になることは分かっていました。私もどのような展開になってもいいと思ったので、打撃もグラップリングも練習してきました。ずっと戦い続けたい。バンタム級、フライ級でも何でも受けて立つ」とコメント。  敗れたサントスは、「私はまだまだ若いです。これが最後の試合じゃない。これからも頑張ります。タフな試合でした。これまでで最高に一番大変な試合。(右目は)残念ながら、3R以降は左目しか見えなかったです」と語った。  シェフチェンコは7度目の防衛に成功。ロンダ・ラウジーを超えて女子最多防衛記録を打ち立てた。バンタム級との二冠を目指すか。 [nextpage] ▼女子ストロー級 5分3R〇ジャン・ウェイリー(中国)23勝3敗(UFC7勝2敗)116lbs/52.62kg[2R 2分28秒 KO]×ヨアナ・イェンジェイチック(ポーランド)16勝6敗(UFC10勝6敗)116lbs/52.62kg  2020年3月以来の再戦。前回は大激闘の末、ウェイリーがイェンジェイチックにスプリット判定で勝利している。  ウェイリーはヘンリー・セフードとのトレーニングを経てシンガポール入り。ATTのイェンジェイチックのセコンドにはマイク・ブラウンがつく。アジアでの戦いに戻って来たウェイリーのコールには大きな拍手。  1R、ともにオーソドックス構え。先に右ローを見せるイェンジェイチック。ウェイリーも右ローを返すと、イェンジェイチックの右の蹴りに右を狙う。  ワンツーから右ローを当ててウェイリーのバランスを崩すイェンジェイチック。ウェイリーも右ストレートを返すと、右の小外でテイクダウンを奪うとパウンド!  さらにイェンジェイチックの立ち上がりにスタンドバックから崩して再びテイクダウン! ディープハーフガードのイェンジェイチックは立ち上がり。しかし、ボディロックテイクダウンするウェイリーはマウント、ヒジ!  イェンジェイチックは潜りから脇差し立ち上がろうとするが、左で小手に巻き、ヒジを打ち込むウェイリー! イェンジェイチックは脇差し立ち上がると右ストレートをヒット、さらに右ハイもその蹴り足を掴んで倒すウェイリー。イェンジェイチックもすぐに立ち上がる。ウェイリーの組みの進化が見られた1R。  2R、先に圧力をかけるのはイェンジェイチック。ウェイリーのは左のサイドキックを2発。イェンジェイチックも右ミドルと交錯。ウェイリーは左ロー。イェンジェイチックもワンツー&右ロー。右で差して組んだウェイリーは強引な投げ。ここはすかしたイェンジェイチック。  詰めるイェンジェイチックは左から右で前に。サイドキックからかわしたウェイリーは右バックフィスト! 前方にダウンしたイェンジェイチック。すぐにレフェリーが間に入った。  試合後、ウェイリーは「とても嬉しいです。出来ることをすべてやると言って勝ちました。()とてもリラックスして冷静で、ヨアナとではなく自分との戦いだと思って戦いました。エスパルザ、アブダビで試合があれば行きます。アブダビはあなたでではなく、私の領域です」と語ると、「ヨアナは本物の戦士。元チャンピオンで彼女のような選手はいない。最後にとても平和な状態なのを感謝します」とコメント。  続けて、イェンジェイチックにもマイクが渡され、ダニエル・コーミエーのインタビューに、「大変なトレーニングを行ってきました。自分自身に誇りだと伝えてきました。最後の私も攻撃しようと思ってきたけど、もらってしまいました。厳しい練習をしてきたし、私のスパーリングコーナー、トレーナー、家族にも感謝します。これで引退したいと思います。ダナ、期待び応えられなくてごめんなさい。最後に、応援してくれた皆さんにも感謝したいと思います。皆さん一人ひとりに感謝したい。20年、35歳になり、母親にもなりたいし、何十年も練習してこの競技に捧げてきました。みんな大好きです」と語り、オクタゴンにグローブを置いた。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇ジェイク・マシューズ(豪州)19勝5敗(UFC12勝5敗)170.5lbs/77.34kg[2R 2分24秒 KO] ※右ストレート×アンドレ・フィアリオ(ポルトガル)16勝5敗(UFC2勝2敗)170.5lbs/77.34kg  1R、ともにオーソドックス構え。マシューズは右ローから。フィアリオも右ローを返す。マシューズはガード上ながら左ハイも。圧力をかけるフィアリオ。マシューズは右カーフキック。さらに右の飛び込みに、前手の左フックを狙うフィアリオ。マシューズはフィアリオの入りに左を当てる。  右で前に出るフィアリオもジャブから右を突くが、マシューズは左ジャブを突き、関節蹴りも。フィアリオの左右に打ち合いでも左を当てて体を入れ替える。最後にバランスを崩すもブザー。マシューズはフィアリオを手数、ヒットともに上回る。  2R、半身気味に前手を突き、サウスポー構えにスイッチして左アッパーを当てるマシューズ! さらにオーソから右フックも! フィアリオは反撃の手が出ない。  ワンツーで前に出るフィアリオに、打ち終わりに右を当てるマシューズ! ここで一気に詰めると左右の連打から右ボディ、左フックさらに右ストレートでダウンを奪い、試合を決めた。  試合後、マシューズは「これが俺の実力だ。パリのみんなもこんにちは、また新しいジェイク・マシューズを披露できることを楽しみにしているよ」と語った。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇ジャック・デラ・マダレナ(豪州)12勝2敗(UFC2勝0敗)170.5lbs/77.34kg[1R 2分32秒 TKO]×ラマザン・エミーフ(ロシア)20勝6敗(UFC5勝3敗)171lbs/77.56kg  1R、サウスポー構えのマダレナにエミーフは最初のシングルレッグからすぐに脇を潜りバックテイク、崩して、マダレナの立ち際を首をとらえアナコンダチョークへ。  回転して逃れたエミーフは、力を使ったマダレナに左右でラッシュ。ワンツーから左フックを当てて、さらに左ボディを当てると、さらに右から左ボディ! エミーフがダウンし、マダレナはパウンド連打。レフェリーが間に入った。 [nextpage] 【プレリミナリー】※UFC FIGHT PASS ▼フェザー級 5分3R〇ジョシュア・クリバオ(豪州)10勝1敗(UFC2勝1敗)146lbs/66.22kg[判定2-1] ※29-28×2, 28-29×チェ・スンウ(韓国)10勝5敗(UFC3勝4敗)146lbs/66.22kg 2度ダウンを奪ったクリバオ(右)がウンスの反撃を振り切り、スプリット判定勝ち。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ハイサエ・マハシャテ(中国)7勝1敗(UFC1勝0敗)155.5lbs/70.53kg[1R1分14秒 KO] ※右ストレート×スティーブ・ガルシア(米国)12勝5敗(UFC1勝2敗)155.5lbs/70.53kg ガルシアの左ストレートをかわして右ストレートでマハシャテがUFCデビュー戦KO勝利。MMA7連勝。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇ブレンダン・アレン(米国)19勝5敗(UFC7勝2敗)186lbs/84.37kg[判定3-0] ※29-28×3×ジェイコブ・マルクーン(豪州)6勝2敗(UFC2勝2敗)186lbs/84.37kg [nextpage] 【アーリープレリム】 ▼バンタム級 5分3R〇カン・ギョンホ(韓国)18勝9敗(UFC7勝3敗)136lbs/61.69kg[判定3-0] ※29-28×3×ダナー・バットゲレル(モンゴル)12勝4敗(UFC3勝3敗)135lbs/61.24kg 右カーフキックを効かせ、左ストレートも当てたギョンホが2019年12月以来のオクタゴン勝利。 [nextpage] ▼女子ストロー級 5分3R〇シルバーナ・ゴメス・フアレス(アルゼンチン)11勝4敗(UFC1勝2敗)116lbs/52.62kg[1R 1分22秒 KO] ※右フック→左右ラッシュ×リャン・ナ(中国)13勝6敗(UFC0勝2敗)116lbs/52.62kg [nextpage] ▼女子バンタム級 5分3R〇ジョセリン・エドワーズ(パナマ)11勝4敗(UFC2勝2敗)145lbs/65.77kg[判定3-0] ※30-27×2, 29-28×ラモーナ・パスカル(中国)6勝4敗(UFC0勝2敗)145lbs/65.77kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア