MMA
ニュース

【GLADIATOR】フェザー級で原口央と中川皓貴が対戦! 初参戦の島村裕が天草ストロンガー四郎と激突、PROGRESSフォークスタイルグラップリングで森戸新士vs.河名マストも=6月26日(日)大阪

2022/06/01 23:06
 2022年6月26日(日)大阪府豊中市の176boxにて『BODYMAKER presents GLADIATOR 018 in OSAKA』の開催が決定。PROGRESS提供のグラップリングマッチ1試合を含む、10試合が発表された。  メインイベントは、フェザー級(5分2R)で、原口央(BRAVE/第3代GLADIATORフェザー級王者)と中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)がノンタイトルで激突する。 ▼フェザー級 5分2R原口 央(BRAVE/第3代GLADIATORフェザー級王者)中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)  原口兄弟の兄・央は、2021年9月の「GLADIATOR015」でMIKEを2R TKOに降し、GLADIATORフェザー級王者となった。その2カ月後の「VTJ 2021」では宇野薫にも判定勝ち。2022年5月に「RIZIN LANDMARK Vol.3」に参戦し、関鉄矢に判定負けを喫している。  対する中川は、2020年12月のTTFで狩野優に判定勝ちで4連勝をマークも、2021年6月のPANCRASEで遠藤来生(7.18 PANCRASEでRyoと対戦)に判定負け、2022年1月には「GLADIATOR 016」で冨田翔市にも判定負けで2連敗。しかし、2月の「RIZIN TRIGGER 2nd」で小島勝志に判定で競り勝ち、再起を遂げた。  原口、中川ともに粘り強い組みを武器としているだけに、2Rマッチでいかに当てて組んでもスクランブルするか、あるいはその際でコントロールするか、注目のフェザー級戦だ。 ▼フェザー級 5分2R天草ストロンガー四郎(チームソフトコンタクト)島村 裕(宇留野道場)  また、同じくフェザー級で、ZST、GRACHANで活躍する“ローリングサンダー”島村裕がGLADIATORに初参戦。天草ストロンガー四郎と対戦する。  2021年12月の「Fighting NEXUS vol.25」で小森真誉のMMAムエタイに敗れた島村は新天地で再起なるか。天草は2021年9月の「GLADIATOR 015」で、3連勝中だったサウスポーのチハヤフル・ズッキーニョスの跳びヒザでダウン。リアネイキドチョークで一本負けしており、今回はGLADIATORの門番の役目を果たせるか。  さらにPROGRESS提供のグラップリングマッチが決定。 ▼PROGRESS フォークスタイルグラップリング 5分2R(72㎏以下契約)森戸新士(Leos Jiu Jitsu Academy/藤田柔術)河名マスト(ロータス世田谷)  2021年JBJJF全日本黒帯ライト級で優勝し、数多のグラップリング大会でも輝かしい結果を残している森戸新士が、フォークスタイルグラップリングマッチで3度目の出場。ここまで濱村健、長田拓也にいずれも引き込み、あるいは下からの極めで一本勝ちしており、ケージグラップリングでも強さを見せている。  対する河名は、レスリンググレコローマンで2017年U-23世界選手権59kg級金メダルから、MMA転向後4勝1敗(※4連勝中)。4月の前戦「POUND STORM」では、組みも強い修斗世界フェザー級1位の山本健斗デリカットにもボディロックからのコントロールで判定勝ち。15分通して相手をクラッチし続けている。グラウンドでのサブミッション以外のクラッチは反則のなか、河名はいかに森戸にいい形で引き込ませず、ケージグレコローマンレスリングを見せるか。グラウンドでのトップコントロールの進化にも注目だ 。  また、「格闘DREAMERS」出身で、現WARDOGウェルター級王者の八木敬志が出場予定選手となっている。 BODYMAKER presents GLADIATOR 018 in OSAKA 2022年6月26日(日)176box開場/12:00 開始/13:00 【決定対戦カード】※試合順未定 ▼フェザー級 5分2R原口 央(BRAVE/第3代GLADIATORフェザー級王者)中川皓貴(総合格闘技道場Reliable) ▼フェザー級 5分2R天草ストロンガー四郎(チームソフトコンタクト)島村 裕(宇留野道場) ▼PROGRESS フォークスタイルグラップリング 5分2R(72㎏以下契約)森戸新士(Leos Jiu Jitsu Academy/藤田柔術)河名マスト(ロータス世田谷) ▼フェザー級 5分2R左海清之(総合格闘技道場Reliable)TATUMI(NEX-SPORTS) ▼バンタム級 5分2Rゆうと(OSC/第2代WARDOGバンタム級王者)谷口 武(修斗GYM神戸) ▼フライ級 5分2R坪内一将(総合格闘技道場コブラ会)御代川敏志(パラエストラ柏) ▼バンタム級 5分2Rフェルナンド(SMOKER GYM/PITBULL BROTHERS)秋田良隆(KING GYM KOBE) ▼フェザー級 5分2R桑本征希(SMOKER GYM)入江一輝(brotherfoot TeamKZT) ▼フライ級 5分2R宮川日向(SMOKER GYM)秋元強真(パラエストラ柏) ▼ライト級 5分2R後藤丈季(京都 政拳会)前田啓伍(パラエストラ千葉) ▼ライト級 5分2R八木敬志(猛者連本部/WARDOGウェルター級王者)TBA ▼ウェルター級 5分2R森井 翼(パラエストラ天満)TBA
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント