MMA
ニュース

【Bellator】堀口恭司、コールドウェル、RENAが計量パス! 前日計量リポート=6月15日(土)Bellator 222

2019/06/14 11:06
6月14日(日本時間15日)、米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われる「Bellator 222」にて、Bellator世界バンタム級タイトルマッチに出場する堀口恭司(日本/アメリカントップチーム)とダリオン・コールドウェル(米国/アライアンスMMA)、さらにプレリミナリーカードに出場するRENA(シーザージム ※海外では本名の「久保田玲奈」で出場)らが13日(同14日)、前日計量に登場。バンタム級のマイク・キンベル以外の全選手が計量をパスした。 堀口恭司は134.4ポンド(60.96kg)、コールドウェルは134.6ポンド(61.05kg)で計量をパス。バンタム級リミットの135ポンド(61.23kg)をアンダーしてのクリアとなった。 公開計量では、「キョウジ・ホリグチ」のコールに場内から「恭司!」の声が沸く。名将マイク・ブラウンがRIZINの大きなベルトを肩にかけて付き添うと、堀口はつけていたキャップを、片手が塞がっているブラウンの頭にかぶせて黒のファイトスパッツで秤の上へ。「134.4ポンド」のコールに両手でガッツポーズを作ってみせた。 スコット・コーカー代表と握手をかわした堀口に続いて、コールドウェルが登場。黒のロングパンツで秤に乗ると、「134.6ポンド」のコールに落ち着いた、充実の表情でガッツポーズは作らず拳を握って固めてフェイスオフへ。 Bellator世界バンタム級ベルトを持つコーカー代表と握手をかわした後、コールドウェルがいつものサウスポー構えで報道陣に背中を向けると、当初、普段のオーソドックス構えをしていた堀口は、報道陣に顔が見えるようにサウスポー構えにスイッチし、ファイティングポーズでのフェイスオフに臨んだ。 堀口を見るや表情が引き締まったコールドウェル。対する堀口は柔和なまま視線を合わせる。対峙すると身長差13センチもあり、数字以上に大きく見えるコールドウェル。翌日の大会当日はホームで果たしてどれくらい体重を戻してくるか。フェイスオフ後、一瞬、堀口は視線をコールドウェルの身体に移して確認していたのが印象的だった。 そして正面を向いての2ショット撮影では、王者のコールドウェルがBellatorのベルトを、堀口はRIZINのベルトを肩にかけて撮影に臨んだ。 また、公開計量前半では、女子112ポンド(50.8kg)契約で対戦するRENAとリンゼイ・ヴァンザントが登場。すでに予備計量は済ませている両者。先に登場したヴァンザントは、星条旗がプリントされたビキニトップとショートパンツで秤に乗り、両手でガッポーズ。111.4ポンド(50.53kg)で計量をパスした。 続けて「RENA KUBOTA」とコールされたRENAは、白のビキニトップに黒メッシュのTシャツをはおり、白の短パンに白メッシュのロングパンツを合わせた、スポーティなスタイルで登場。「111.4ポンド」(50.43kg)のコールに右手でガッツポーズ。その後、海外事情を考慮し、少し控えめにシュートサインを作った。 その後、リラックスした表情でヴァンザントとフェイスオフ。正面に向かって笑顔で2ショットに収まった。 メインイベントは、ローリー・マクドナルドとネイマン・グレイシーによるBellator世界ウェルター級選手権試合&Bellatorウェルター級ワールドGP準決勝。 また、セミファイナルで行われるライトヘビー級戦でリョート・マチダと対戦するチェール・ソネンは、リラックスした表情ながらフェイスオフでは、前手を大きく伸ばした前傾姿勢を見せ、臨戦態勢にあることを示した。 このほか、今大会では注目の選手が多数登場。悪童柔術家のディロン・ダニス、さらにホブソン・グレイシーJrがともにMMA2戦目に臨むほか、ヘンゾ門下生のイスラエル人柔術家ハキム・ゴザリも登場。 プレリミ・メインでは、超新星アーロン・ピコが12戦無敗のアダム・ボリッチと対戦。 さらに元WBCインターナショナル・スーパーバンタム級&フェザー級王者のヘザー・ハーディーが1年半ぶりMMAを聖地マディソン・スクエア・ガーデンで戦う(127.8ポンドキャッチウェイト)。 なお、大会の模様は、6月15日(土・日本時間)の朝7時30分から、RENA出場のプレリムがDAZN YouTubeにて無料生配信。堀口恭司が出場するメインカードは、午前11時からDAZNにて有料生配信される。 また、フジテレビ(関東ローカル)では6月26日(水)深夜26時50分~27時50分の「FUJIYAMA FIGHT CLUB SP ~格闘技新時代 NYの陣~」にて、堀口とRENAの試合とバックステージでの映像などが放送される。 全選手の計量結果&写真は以下の通り。 [nextpage] ◆Bellator 222 計量 公式結果 【Main Card】 ▼Bellator世界ウェルター級選手権試合&ウェルター級ワールドGP準決勝 5分5Rローリー・マクドナルド(169.4ポンド/76.83kg/カナダ)20勝5敗1分ネイマン・グレイシー(169.8ポンド/77.01kg/ブラジル)9勝0敗 ▼ライトヘビー級 5分3Rリョート・マチダ(204.4ポンド/92.71kg/ブラジル)25勝8敗チェール・ソネン(205.6ポンド/93.25kg/米国)31勝16敗1分 ▼175ポンド 5分3Rディロン・ダニス(175ポンド/79.37kg/米国)1勝0敗マックス・ハムフレイ(174.4ポンド/79.10kg/米国)3勝2敗 ▼バンタム級 5分3Rリッキー・バンデハス(136ポンド/61.68kg/米国)11勝2敗パトリック・ミックス(135.6ポンド/61.50kg/米国)10勝0敗 ▼フェザー級 5分3Rエドゥアルド・ダンタス(145.6ポンド/66.04kg/ブラジル)21勝6敗フアン・アルチュレタ(145.8ポンド/66.13kg/米国)22勝1敗 ▼Bellator世界バンタム級選手権試合 5分5Rダリオン・コールドウェル(134.6ポンド/61.05kg/王者/アライアンスMMA)13勝2敗堀口恭司(134.4ポンド/60.96kg/挑戦者/アメリカントップチーム)27勝2敗 【Undercard】 ▼フェザー級 5分3Rアーロン・ピコ(145.4ポンド/65.95kg/米国)4勝2敗アダム・ボリッチ(145.4ポンド/65.95kg/ハンガリー)12勝0敗 ▼127.8ポンド契約 5分3Rヘザー・ハーディー(127.8ポンド/57.96kg/米国)2勝1敗テイラー・ターナー(127.8ポンド/57.96kg/米国)3勝5 ▼女子フライ級 5分3Rヴァレリー・ローレダ(125ポンド/56.69kg/米国)1勝0敗ラーキン・ダッシュ(125.8ポンド/57.06kg/米国)0勝1敗 ▼ウェルター級 5分3Rホブソン・グレイシーJr(168.6ポンド/76.47kg/ブラジル)1勝0敗オスカー・ヴェラ(168.8ポンド/76.56kg/米国)プロデビュー、アマ1勝2敗 ▼バンタム級→136.6ポンド契約 5分3Rマイク・キンベル(136.6ポンド/61.96kg/米国)2勝1敗 ※体重超過セバスティアン・ルイズ(135.6ポンド/61.50kg/ペルー)2勝2敗 ▼180ポンド 5分3Rハキム・ゴザリ(178ポンド/80.73kg/イスラエル)10勝6敗グスタヴォ・ウリツアー(176ポンド/79.83kg/ブラジル)22勝22敗1NC ▼女子112ポンド(50.8kg)5分3RRENA(111.2ポンド/50.43kg/日本)8勝2敗リンゼイ・ヴァンザント(111.4ポンド/50.53kg/米国)5勝1敗 ▼ミドル級 5分3Rフィル・ハウェス(186ポンド/84.36kg/米国)4勝2敗マイク・ウィルコックス(185.4ポンド/84.09kg/米国)6勝3敗NCAAディビジョンIII王者 ▼ライト級 5分3Rマーカス・シュリン(155.6ポンド/70.57kg/米国)5勝1敗ニクルズ・ミルコハエフ(154ポンド/69.85kg/米国)4勝2敗 ▼フライ級 5分3Rブランドン・メディーナ(124.8ポンド/56.60kg/米国)プロデビュー、アマ4勝1敗ブランドン・ポルケア(126ポンド/57.15kg/米国)1勝2敗 ▼165ポンド 5分3Rカストリオット・シェマ(164.6ポンド/74.66kg/米国)2勝3敗ホイットニー・ジーン・フランソワ(163.8ポンド/74.29kg/米国)2勝6敗1分 ▼フェザー級 5分3Rジョン・ベネデューズ(146ポンド/66.22kg/米国)2勝2敗ケニー・リヴェラ(145.8ポンド/66.13kg/米国)2勝1敗
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事