キックボクシング
レポート

【NJKF】コンゲンチャイ、HIRO YAMATO、岩橋伸太郎、藤原乃愛が新王者に。浅井春香はドロー防衛

2022/05/23 22:05
ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF DUEL.23」2022年05月21日(土)神奈川・カルッツ川崎 ▼メインイベントV(第15試合) S1世界スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R×山浦俊一(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)KO 4R 1分53秒 ※左ミドル〇コンゲンチャイ・エスジム(タイ/エスジム/元ルンピニースタジアム認定バンタム級4位) ※コンゲンチャイが新王座に就く。  山浦は15歳でプロデビューするも16歳から21歳まで現役を離れ、22歳で復帰。2019年9月にNJKFスーパーフェザー級王座を奪取している。2020年12月にWBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座を奪取。2021年2月にはNKBで高橋亮と対戦したがハイキックでTKO負け、4月の新日本キックで高橋亨汰にも判定負けと連敗を喫するも、11月の初防衛戦で久井淳平に判定勝ちした。  コンゲンチャイは2011年頃から日本で戦い、増田博正や翔・センチャイジムからヒジ打ちによるTKO勝ちを奪っている。2021年5月に瀧澤博人にTKO負けを喫しているが、11月にはWPMF世界スーパーフェザー級王者・岩城悠介から判定2-0で勝利した。  1R、コンゲンチャイは右ミドル、山浦は左ミドルを返し、お互いにミドルを主体とした攻め。2Rもコンゲンチャイが右ミドルを当て、山浦はそれをキャッチしてこかす。強引に距離を詰める山浦は左ボディブローをヒットさせてコンゲンチャイの動きを止めて追い込むが、コンゲンチャイは耐える。  3Rも右ミドルを多用するコンゲンチャイに、山浦は蹴り足掴んでのこかし、ボディブロー連打で削っていく。弱々しい表情を見せるコンゲンチャイに対し、山浦は強気にパンチで攻めるが、コンゲンチャイは右ミドルを当てていき山浦の左わき腹は真っ赤に。ここまでは蹴りが評価されたか、ジャッジ三者はコンゲンチャイを支持。  4R、一気に勝負に出た山浦が左右フック連打。耐えるコンゲンチャイが左ミドルで山浦のボディをえぐると、山浦は悶絶し立ち上がることができず。コンゲンチャイがKO勝ちし、タイ陣営はお祭りのような騒ぎで勝利を喜んだ。 [nextpage] ▼メインイベントIV(第14試合) NJKFスーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R×梅沢武彦(東京町田金子ジム/NJKFスーパーフェザー級王者) 判定0-3 ※48‐49×2、48-50〇HIRO YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級1位/挑戦者)※HIROが新王座に就く、梅沢は防衛に失敗。  梅沢は2019年12月の『BOM』でリク・シッソーに挑戦し、2Rに右ハイでダウンを奪うとその後は左ミドルで圧倒、4Rには飛びヒザ蹴りをさく裂させてKO勝ち。WMC日本スーパーフェザー級王座を奪取。2021年7月に『BOM』でWMCインターコンチネンタル・スーパーフェザー級王座決定戦を堀口貴博と争って勝利、3月の『BOM』では同王座の初防衛に成功した。  HIROは小学生でキックボクシングを始め、高校生でプロデビュー。蹴りを中心としたムエタイスタイルで、MAX MUAY THAI GLOBAL FIGHT 62kg級王座を獲得。2021年7月にはマキ・ピンサヤームに挑むも敗れ、10月には平塚大士に判定負け、今年3月には高橋亨汰に判定負けしているがいずれも熱闘を展開した。  両者は2021年2月にNJKFスーパーフェザー級王座決定戦で対戦し、本戦はドローとなり延長戦で梅澤が勝利して王者となっている。  1R、梅沢が左右ミドル、パンチで前進ずるのに対し、HIROは接近戦では長身を活かした首相撲を仕掛けていく。2R、HIROはパンチ、組んでの攻防でヒジ。離れ際には左ハイ。  3R、前に出るHIROは首相撲を積極的に仕掛けてヒジ。組んでの展開が多く、ここまでのラウンドはジャッジ二者はHIROを支持した。4Rも組んでの攻防を仕掛けるHIROはヒジ。梅沢はパンチを狙うものの決定打を奪えない。  5R、勝ちを確信したHIROはここでも積極的に組んでの展開を仕掛け、梅沢のパンチの反撃を許さない。判定でHIROが勝利した。 [nextpage] ▼メインイベントIII(第13試合) NJKFライト級王座決定戦 3分5R〇岩橋伸太郎(エスジム/NJKFライト級2位) 判定3‐0 ※49‐48×3×TAKUYA(K-CRONY/NJKFライト級3位) ※岩橋が新王座に就く。  K-1グループ参戦のため鈴木翔也が返上したNJKFライト級王座を懸けて岩橋とTAKUYAが対戦した。岩橋は連敗が続いているが1月にドローとなり戦績は6勝7敗2分。TAKUYAは5勝(1KO)1敗1分の戦績を持つ。  1R、左ローから長いリーチを活かしたワンツーをTAKUYAが当てペースを握る。2R、岩崎は左右フックで前に出て、TAKUYAはロー、左右ストレートで下がらせる。3R、左ボディを当てる岩崎はTAKUYAの組み付きでペースを握れないが、右ストレートを当てる場面も。ここまではジャッジ二者がTAKUYAを支持。  4R、劣勢の岩崎はパンチで前進し、TAKUYAは組んでのヒザで攻撃をまとめさせない。岩崎が手数で上回ってペースを握りかける。5Rも前に出てプレッシャーをかける岩崎が手数で巻き返しを印象づける。TAKUYAは下がりながらも攻撃を返していき試合終了。判定で岩崎が勝利し、ベルトを巻いた。 [nextpage] ▼メインイベントII(第12試合) ミネルヴァ スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分3R△浅井春香(KICK BOX/ミネルヴァ スーパーバンタム級王者) ドロー 判定1‐0 ※29‐29×2、29-28△KAEDE(LEGEND/ミネルヴァ スーパーバンタム級1位/挑戦者) ※浅井が初防衛に成功。  浅井は2020年2月、空手こまちにカウンターを決めてダウンを奪いJ-GIRLS王者になると、韓国と中国で連敗を喫したが同年8月のJ-NETWORKでISKA四冠王エルナ・オブ・スウェーデンに判定勝ち。11月には☆SAHO☆に敗れたが、2020年1月に鈴木万李弥に判定勝ち、9月のRISEに初参戦すると村上悠佳に判定勝ち、2021年1月にはライカに判定勝ちと連勝。5月にはプロ無敗だったKAEDEを破り、ミネルヴァ王座も獲得した。2021年12月にはRISEで村上悠佳に勝利。  KAEDEは姉IMARIとともにアマチュア時代から姉妹でその活躍を知られ、アマチュアで6つのタイトルを獲得してプロ入り。2021年2月の櫻井梨華子戦は前日計量で250グラムオーバーしたため減点1からの厳しいスタートとなったが、判定3-0で勝利を収めた。3月には5戦5勝と無敗であったルイからダウンを奪って判定勝ち。6月に浅井とのミネルヴァスーパーバンタム級王座決定戦に臨んだが敗れた。今年3月に神谷優良に判定2-1で勝利し、浅井との再戦に臨む。  1R、KAEDEはサイドキックで距離を取りたいが、浅井は距離を潰して積極的に組む展開に。2Rも蹴りを飛ばすKAEDEに、浅井はパンチを交ぜながら組みにいき首相撲を仕掛ける。KAEDEは持ち味の蹴り技を当てられず。  3Rも浅井が首相撲を仕掛けていき、ほぼ組む展開に。随所でKAEDEも蹴りを当て組まれてはヒザを返すが、最後まで距離を潰されてしまった。お互いに決め手に欠けた一戦はドローとなり、浅井が初防衛に成功した。 [nextpage] ▼メインイベントⅠ(第11試合) ミネルヴァ ピン級タイトルマッチ 3分3R×Ayaka(健心塾/ミネルヴァ ピン級王者) 判定0-3 ※28‐30、28-30、27-30〇藤原乃愛(ROCK ON/ミネルヴァ ピン級6位/挑戦者)※藤原が新王座に就く。Ayakaは防衛に失敗。  Ayakaは2018年4月にプロデビューし、2019年11月には祥子を破り、ミネルヴァ王座を獲得。2020年2月のRISE初参戦で伊藤紗弥にKO勝利の大金星をあげて一気に知名度を上げた。しかし、10月「GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」の1回戦では紅絹に判定負けして連勝が「7」でストップ。11月には宮崎小雪に勝利、2021年2月3日にはTOMOMIにフルマークの判定勝ちでミネルヴァ王座を初防衛。4月にはムエタイルールで伊藤と再戦するも判定3-0で敗れたが、6月のNJKFでは奥脇奈々に判定3-0で勝利。9月にはアトム級王者erika(=名前の後ろにハートマーク)とミネルヴァ王者対決を行い、判定で敗れた。2021年11月にはMARIにも判定負けと厳しい状況。  藤原は3歳で父親の空手道場で空手を始め、小学5年生で伊藤紗弥に憧れてキックボクシングに転向。アマチュアで50戦以上を経験し、アマチュアKNOCK OUT 45kgリーグ戦で優勝。2021年5月のジャパンキックでプロデビュー戦を行い、蹴りを主体としたムエタイスタイルで3勝(1KO)2敗の戦績を持つミネルヴァ・ピン級6位の須藤可純を圧倒。判定3-0(30-27×3)の完勝を収めた。8月大会でも世莉JSKに判定3-0(30-27×3)、11月大会ではミネルヴァアトム級5位のほのかにも判定3-0(30-27×2、30-28)の完勝を収めている。2022年1月は撫子とドローも無敗を誇っているJKファイターだ。  1R、藤原は左ミドル、前蹴りを当て、Ayakaがパンチ連打で前に出て距離を潰す。組む展開になると、お互いにヒザを当て譲らない。2Rも前に出るAyakaに、藤原は蹴り連打で応戦し、組みの展開でもAyakaよりも長身だけにヒザが当て優勢を印象付ける。ここまではジャッジ三者とも藤原を支持した。  3R、組み展開でヒザのローブローか、Ayakaはアブスメントガードをずらす動作で不調を訴え苦痛の表情。ペースが落ちたAyakaに、構わず藤原は左ミドル連打、前蹴りでボディを削っていく。最後までペースを握った藤原がスタミナ消耗を見せることなく蹴り主体の攻めを貫き判定勝ち。  6戦無敗でベルトを巻いた藤原は「ずっとお父さん、お母さん、会長やジムの仲間の支えがあって感謝の言葉しかないです。Ayaka選手は強くて思ったような試合ができませんでしたが、女子高生で無敗のままチャンピオンになるという夢を叶えられました。今度はこのまま無敗で世界を目指したいと思います」とアピールした。 [nextpage] ▼セミファイナルII(第10試合) 交流戦 53.7kg契約 3分3R〇志賀将大(エスジム/NJKFバンタム級王者) 判定2‐0 ※30-28×2、29‐29×松岡宏宜(闘神塾/元KOSスーパーフライ級王者) ▼セミファイナルI(第9試合) 交流戦 スーパーライト級 3分3R〇TAaaaCHAN(PCK連闘会/聖域統一ライト級王者) KO 3R 1分44秒 ※ヒザ蹴り×ナカノ・ルークサラシット(エスジム/NJKFスーパーライト級7位)  ▼第8試合 61kg契約 3分3R×梅津直輝(エスジム/NJKFライト級6位) TKO 1R 2分16秒 ※3ノックダウン〇カミシロ(PHOENIX)  ▼第7試合 交流戦 フェザー級 3分3R×森健太(エスジム) TKO 2R 2分52秒 ※レフェリーストップ〇松山和弘(ReBORN経堂)  ▼第6試合 交流戦 ウェルター級 3分3R×小林亜維二(新興ムエタイジム) 判定0-2 ※29‐30、28-29、29-29〇梅田勇一(BLITZ)  ▼第5試合 ミネルヴァ 50kg契約 2分3R△KAYA(エスジム) ドロー 判定0-1 ※28‐28×2、28-29△アイミー(DANGER)  ▼第4試合 交流戦 スーパーライト級 3分3R〇佐々木勝海(エスジム) 判定3‐0 ※30-28、30-27×2×我如古優貴(BEST GYM)  ▼第3試合 NJKFスーパーフェザー級 3分3R×渡部瞬弥(エスジム) TKO 1R 2分3秒 ※レフェリーストップ〇渋谷昴治(東京町田金子ジム)  ▼第2試合 NJKFフライ級 3分3R〇高橋大輝(エスジム) 判定3‐0 ※30-28、30-27×2×明夢(新興ムエタイジム)  ▼第1試合 交流戦 53kg契約 3分3R×翼スリーツリー(DAIKEN THREE TREE) KO 2R 1分27秒 〇愁斗(Bombo Freely)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント