MMA
ニュース

【ONE】2大王座戦はペットモラコット、ラシリがベルト巻く。青木真也がルオトロに判定負けも極めさせず、内藤大樹がスーパーレックに判定負け、“鬼神”ロッタンが再起KO勝ち!

2022/05/20 15:05
 2022年5月20日(金)日本時間の午後6時30分(日本時間)より、シンガポールのインドアスタジアムでONE Championship『ONE 157: Petchmorakot vs. Vienot』が開催された。 【写真】バックを取られた青木は両足をいったんかけられながらも両踵を持ってボディトライアングルにはさせず。左足を外してその上に乗って腰をずらして正対した。  ONEフライ級ムエタイワールドGPに出場予定だったジョナサン・ハガティーが体調不良のため欠場。代わってリザーブ戦に出場予定だったホスエ・クルスが、ボルター・ゴンサルベスとGP準々決勝を戦った。  また柔術界の巨人“ブシェシャ”ことマーカス・アルメイダの試合がカードから外された。理由は、複数の対戦相手が出場できなくなったため。対戦が予定されていたウーゴ・クンヤが出国前にブラジルで新型コロナウイルスの検査で陽性に。ONEは、ウズベキスタンのジャスール・ミルザムハメドフにオファーを出して出場の約束を取り付けたが、ミルザムハメドフも試合が行われるシンガポール到着後、新型コロナウイルスの陽性反応を示した。アルメイダは6月3日(金)の「ONE 158」に出場できる可能性も残っている。 ONE 157: Petchmorakot vs. Vienot 速報 2022年5月20日(金)シンガポール・インドアスタジアムONE Super APP/ABEMA格闘チャンネル 【メインカード】※午後9時30分~ ▼ONEムエタイ フェザー級(※70.3kg)世界選手権試合 3分5R〇ペットモラコット・ペッティンディー(タイ)69.9kg, 1.0187[判定2-1]×ジミー・ビエノ(フランス)69.9kg, 1.0000※ペットモラコットが防衛に成功   ペットモラコットはタイのビッグマッチ常連の超一流選手として活躍し、ルンピニースタジアムではミニフライ級王座とスーパーフェザー級王座に就いた。2015年4月には初来日し、梅野源治の挑戦を退けている。ONEではジョルジオ・ペトロシアンと2度対戦、1度目は首相撲&ヒザ蹴りを多用したペットモラコットが判定勝利を収めたが、「試合中に複数の違反であるクリンチ行為が発生した」との理由からノーコンテストとなり、7月の再戦では判定負け。しかし、2020年2月にポンシリ・PK センチャイムエタイジムと初代ONEフェザー級ムエタイ世界王座を争い、判定勝ちで王座に就いた。7月にはヨードセングライの挑戦を退けて初防衛に成功している。  ビエノはアマチュアムエタイを経て2013年にタイでプロデビュー。ペッブンチュー、シンマニーらムエタイトップファイターらとの対戦を経験し、2019年4月には外国人として4人目のルンピニースタジアム王者に就いた。2016年にはWPMF世界王座(-72.5kg)、2017年にはWBCムエタイ世界王座(-72.5kg)、2018年にはWMC世界王座も獲得するなど、フランス人ムエタイ選手としてトップの地位を築く。戦績は51勝(14KO)21敗1無効試合を誇る。ONEには今回が初参戦。また、2021年9月にはUAEウォリアーズ22でMMAデビューも果たし、ダニエル・ドンチェンコに勝利している。  1R、ともにサウスポー構え。互いに長身もペットモラコットよりも大きなビエノ。左の蹴り足を掴んでこかす。右インローを当てるビエノ。さらに左ストレート! 左右の蹴り。ペットモラコットの左の蹴りを掴んで軸足を払ってこかす。  右ミドルをガード上に当てるビエノ。さらに右の刺し合い。ペットモラコットの左に右をかぶせてペットモラコットを一瞬後退させ、左ローでペットモラコットを崩す。  2R、右インロー、前蹴りから入るビエノ。ペットモラコットの左の蹴りを2度掴んでこかす。ビエノの右ハイをかわして左の蹴りを返すペットモラコット。ビエノはインローを効果的に当てる。3度目の左の蹴り足を取ってのこかしのビエノ。4度目の蹴りもつかんでこかす。首相撲からヒジを狙うペットモラコット。離れて右を振るビエノ! 左の蹴りはまたも掴んだビエノが押し込んで倒すと、立ち上がるペットモラコットの前足にローを突く。  3R、ペットモラコットの左の蹴りは徹底して倒すビエノ。組んでのヒザ狙いはペットモラコット。しかしビエノもさばきながら打ち下ろしの左ストレートを返す。  ワンツーからの右ヒジのペットモラコットをかわすビエノだが、右ミドル、右インローはペットモラコット。しかし詰めるとビエノは左ストレートを当てる。  4R、右ストレートでダウンを奪うペットモラコット! 左の蹴りはキャッチして崩す。右の刺し合いから前に押し返すビエノ。さらに左ローも。流し気味にサークリングするペットモラコットは左ローを被弾し、バランスを崩す。  5R、左ローから入り、ペットモラコットの左ミドルは掴んで倒すビエノ。左前蹴りから詰めてそのまま左ジャブを突くビエノ。ペットモラコットはミドルをチェツクせず、左ハイから左ストレートはビエノ。右を狙い、最後は遠い間合いからビエノが飛び込みゴング。  判定は2-1でペットモラコットが勝利、ペットモラコットは1、3、4Rを取ったか。「ベルトを戻せて嬉しい。改善すべきところがあった」と語り、肩にベルトかけられると5万ドルのファイトボーナスを受賞したことを告げられ、大きな笑顔を見せた。 [nextpage] ▼ONEムエタイ ストロー級(56.7kg)世界選手権試合 3分5R×プラジャンチャイ・PK・センチャイ(タイ)56.1kg, 1.0027[3R終了時 TKO]〇ジョセフ・ラシリ(イタリア/モロッコ)56.6kg, 1.0237※ラシリが新王者に  2021年7月のONE初参戦で、いきなり王者サムエー・ガイヤーンハーダオに挑戦したプラジャンチャイは、蹴り足を掴んでの右ストレートでダウンを奪うなど、5Rの判定2-0でサムエーに勝利しベルトを巻いた。  元ラジャダムナンスタジアム認定フライ級王者、元ルンピニースタジアム認定バンタム級&スーパーバンタム級王者で、ボクシングでもWBAサウスアジア・バンタム級&フェザー級王座に就いている。スピードがあり、ハイレベルなテクニシャンタイプのムエタイトップファイターの一人で、パンパヤック、ルンキット、プーンコン、ピチットチャイといった一流強豪ファイターたちと拳を交えてきた。2021年3月には7チャンネルのTVマッチでロンナチャイからも勝利を収めている。  対するラシリは、WBCムエタイ世界バンタム級王者で、ラジャダムナンスタジアムでイタリア人として初めて勝利を収めた選手である。2018年1月にONEでサムエーに敗れているが、2019年3月の両国大会では秋元皓貴と対戦し、秋元にプロ初黒星を付けた一戦が光る。ONEでの戦績は3勝4敗。2021年は4月にパンペッチ・オー.ピティサックに判定で敗れたが、12月に品川朝陽を1R、左ヒザでKOに降している。被弾しても強いハートで前進し、ヒザを当てる“ハリケーン”は、格上のプラジャンチャイを攻略することが出来るか。  1R、オーソドックス構えから。ステップを踏みローを蹴るラシリに、じっくり抱え、ジャブからストレートを狙うプラジャンチャイ。ラシリの右の打ち終わりに右で飛び込む。左ジャからワンツーで押し込むラシリに、ストレート、左ミドルを返すプラジャンチャイ。リーチを活かして出入りのラシリ。  2R、ガード高く前に出るプラジャンチャイ。しかし遠い距離を取るラシリ。右ローを当てるプラジャンチャイラシリを誘いこんで右ストレートをヒット! しかしラシリもワンツーから左ボディ! 左アッパー、ヒザ蹴り。ラシリの打撃にプラジャンチャイは右目周辺から出血。  3R、前に出るプラジャンチャイに右ストレートを当てるラシリ! 強引に詰めるプラジャンチャイをいなし、バックフィスト、左アッパーを突く! 左ミドルを返すプラジャンチャイに、左の攻撃を上下に散らし、後ろ蹴りを腹に、さらに左ボディも効かせるとプラジャンチャイは後退。ラシリは左を上下に打ち分け、右アッパーも当てる。  3R終了時、右目周辺を止血するプラジャンチャイは、レフェリーの確認に「もうやれない……」と心を折らすと、ゴング。3R終了時 TKOでラシリが新王者となった。  試合後、ラシリは「プラジャンチャイに勝てるなんて出来ないと思われていた。ボクシングコーチについてもらい、ゲームプランを変えた。自分を証明できた。これが僕の人生だ。“シンガポール! ディス・イズ・マイ・メイン・ライフ!”」と、リングアナウンサーのドミニク・ラウを真似て叫ぶと、5万ドルのボーナス獲得も告げられた。 [nextpage] ▼ONEムエタイ フライ級(61.2kg)ワールドGP準々決勝 3分3R〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ)61.2kg, 1.0152[判定3-0]×ジェイコブ・スミス(英国)60.6kg, 1.0014※ロッタンが準決勝進出  花道で恒例のダンスを見せたロッタン。3月の『ONE X』でのミックスルールでのデメトリアス・ジョンソン戦での一本負けからの再起戦となる。  1R、ともにオーソドックス構え。ロッタンは左ローから。さらにワンツー。スミスも右ローをヒット。ロッタンは左フックを当てると右からボディ打ち。しかしスミスも右の強いローを当てる。左ボディを当てるロッタン! 右ストレートをアゴに当て、右ヒジも打ち込み、ブロッキングするスミスに縦ヒジを当てて切ると、ここで詰めるロッタン。スミスは鼻血も。  2R、右のクロスを当てて左右を強振しアッパーを当てるロッタン! そこに組んで投げるスミス。首相撲は投げられないロッタン。右ボディストレートも。スミスの入りに左ヒジ! さらに左アッパー、右ヒジ。  左ヒジを当てて、出血を指差すロッタン。こかしも決める。ロッタンの右ヒジに顔面を血で染めるスミス。首相撲からのヒジに右目下をカット。  3R、右のダブルから右ヒジを叩きこむロッタン。左フックで入るスミスに右を合わせる。さらに右ミドルを掴んで右のパンチをダブルで突く。左ミドルを返すスミス、しかしロッタンはボディロックテイクダウンも見せる。  スミスの左前蹴りを掴んで右ストレートを叩きこむロッタン。ゴングにスミスにひざまずいて、猛攻を謝罪か手を合わせると、スミスの傷口を心配。スミスはいずらそうにしたが、判定は3-0でロッタンが勝利。再びひざまずいたロッタンにスミスもヒザを折り、ハグした。 [nextpage] ▼ONEライト級(77.1kg)サブミッショングラップリング 10分1R〇タイ・ルオトロ(米国)76.9kg, 1.0218[1分37秒 ダースチョーク]×ゲイリー・トノン(米国)76.8kg, 1.0078  1R、頭を押し下げようとするルオトロに、いったん離れるトノン。シングルレッグを見せるルオトロだが、深追いせず。なおもルオトロのシングルレッグに引き込みを見せるが、いい形で引き込めず。離れて詰めて高速ニースライスパス、足を戻そうとするトノンの足もさばいて上四方へ。半身になるトノンにダースチョークをセットに。トノンの左足も両足でからめてエスケープを防ぐと、タップを奪った。 [nextpage] ▼ONEライト級(77.1kg)サブミッショングラップリング 10分1R〇ケイド・ルオトロ(米国)76.2kg, 1.0023[ジャッジ裁定]×青木真也(日本)75.7kg, 1.0018  グラップリングルールながら、青木は3月の秋山成勲戦での2R TKO負け以来、わずか2カ月での再起戦。グラップリング界の新星・双子のルオトロ兄弟の弟ケイドと対戦する。  ルールは10分1Rで、サブミッションによる勝利、または有効な技/仕掛けに対して、レフェリーが「キャッチ」と評価。サブミッションで試合が決まらなければ、そのキャッチが多かったファイターが勝利となる。  3歳から兄弟で柔術に取り組んだケイドは、現在は「アトスHQ」でアンドレ・ガウヴァオンの指導も受けており、オールドスクールからモダン、スクランブルのグラップリングまでノンストップの動きでトップからの強さを誇る超新星だ。ADCC後にMMA挑戦に向けて動き出すことを語っている。  1R、頭を上から触るルオトロ。いったんケージ際に押し込むも離れる。金網背負う青木。組んでも離れるルオトロ。前足のかかとを引いてからすぐにスタンドバックから両足をかけるルオトロ! 青木も胴に4の字は組ませず。右足を右腕の上からかけるルオトロ。その両足首を掴む青木。組み手の位置から首をいったんフリーにして足を解除に。  ルオトロの左踵を後ろに回し、足の上に乗り腰をずらして正対からシングルレッグ狙いもダースチョークを狙うルオトロ。頭を抜く青木。左で差すルオトロは首相撲も。  金網まで下がる青木。組み手争い。ルオトロはシングルレッグも深追いせず左差しに切り替え。その腕を手繰り押し込みかけた青木。   逆に金網を蹴って青木に飛び乗ってジャンピングガードに入れるルオトロ! シングルバックから4の字ロック。上体を起こす青木に背中に乗り直すルオトロ。腕十字狙いも。右足で右足をコントロールし、肩固めとエゼキエルチョーク=ノーギの袖車絞めを同時に狙うルオトロ。さらにギロチンも狙うルオトロ! 頭を外した青木に、ベリンボロからトラックポジションでツイスターも狙うルオトロ。それを外して立ち上がる青木。金網に下がるとイエローカード。再開。残り30秒から、ルオトロは引き込んでバギーチョーク! 「キャッチ」を得るも左足は抜けず。ここは極め切れず。  判定はルオトロが勝利。仕留めきれなかった19歳のルオトロは浮かない表情。「アオキはタフだった」と語り、グラップリングのスペシャリストを相手に極めさせなかった39歳の青木はジャッジ裁定で敗れるも笑顔も見せた。 [nextpage] ▼ONEムエタイ フライ級(61.2kg)ワールドGP準々決勝 3分3R〇ボルター・ゴンサルベス(ブラジル)60.2kg, 1.0031[1R KO]×ホスエ・クルス(メキシコ)60.7kg, 1.0187※ゴンザルベスが準決勝進出、ジョナサン・ハガティーが体調不良のため欠場  1R、オーソドックス構えのクルスの右をしっかりかわすゴンザルベス。かわしながらも金網に詰めると頭を振って、左ボディ! これで動きが止まったクルスに返しの右からヒザも突くとクルスは座り込んでダウン。心が折れたか、レフェリーが間に入った。 [nextpage] 【リードカード】※18時30分から配信開始予定 ▼ONEムエタイ フライ級(61.2kg)ワールドGP準々決勝 3分3R〇スーパーレック・キアトモー9(タイ)61.1kg, 1.0049[判定3-0]×内藤大樹(日本)60.9kg, 1.0203※スーパーレックが準決勝進出  内藤は、2019年にONEスーパーシリーズに参戦し3連勝。その後、元ONEフライ級ムエタイ世界王者のジョナサン・ハガティーに判定負けも、2021年6月の「ONE: FULL BLAST 2」でのキックボクシングルールでワン・ウェンフェンに判定3-0で勝利し、再起した。2021年9月の前戦では、強豪ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ)相手に1Rにフラッシュダウンを喫しながらも、中盤からカーフキックを効かせてスプリット判定勝利。現在2連勝をマークしている。  3月26日には秋元皓貴(Evolve)がカピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)を破り、ONE世界バンタム級キックボクシング王座に就いた。内藤もこの強豪だらけのワールドGPを制覇する偉業達成で続きたいところだ。  しかし、1回戦の対戦相手であるスーパーレックはルンピニーのフライ&バンタム級王座、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座のほか数多くのタイトルを獲得した名選手。  2012年にはタイのスポーツ省が認定するムエタイMVPにも選ばれている。2017年6月、2018年8月と2度来日経験があり、ヤスユキにハイキックでKO勝ち、小川翔にヒジによるカットでTKO勝ちと圧倒的な強さを見せつけた。  2020年7月大会ではONEムエタイ世界フライ級1位にいたパンパヤック・ジットムアンノンを判定3-0に破り、変わらぬ実力を発揮。9月にはファディ・カレッドにも難なく勝利して2連勝で、2021年2月にイリアス・エナッシが保持するONEフライ級 キックボクシング世界タイトルに挑んだが、判定3-0で敗れている。2021年4月の前戦では、タイで行われた「Suek Petchyindee」でルンキット・ウォーサンプラパイに判定勝ち。再起を遂げた。  果たして内藤は、タイトルコンテンダーを相手に、GP1回戦を突破出来るか。  1R、ともにオーソドックス構え。左インローから当てる内藤。さらに右アウトローも。前足でリズムを作るスーパーレックは右ミドル。ワンツーから右の縦ヒジで飛び込む。かわす内藤は左インローを当てる。右ミドルの打ち終わりに左インローを蹴る。  右ローを返すスーパーレック。内藤はチェックよりもローの返しか。しかしスーパーレックは蹴り足を掴んで右ヒジで飛び込む。スーパーレックの左フックをかわして足を払ってこかす内藤。さらに前蹴りでこかす。右ローを突くスーパーレックに左前手をひっかけるフックは内藤! 前に出たのはスーパーレック。内藤は足から崩していく。  2R、右ローを打つスーパーレック。左インローを返す内藤もローブローに。再開。右ミドルをガード上に当てるスーパーレック。内藤も右ローを返す。蹴り足掴んでヒザを突くスーパーレック。ワンツーからのハイキックはスウェイでかわす内藤だが、スーパーレックの右ローに太腿が赤く腫れる。右ローの蹴り合いから右を振るが空振り。そこに右縦ヒジを下から振るスーパーレック! 眉間から出血した内藤。なおもヒジを打つスーパーレック。オープンフィンガーグローブではブロッキングで完全には防げない。  3R、右ミドルを上下に打ち分けるスーパーレック。さらに右ロー! 右縦ヒジで飛び込むスーパーレック。かわした内藤。右前蹴りに右ローはスーパーレックもローブローに。再開。  右ミドルをダブルで打つスーパーレック。内藤は右の蹴りもそこにスーパーレックはヒジで飛び込み、首相撲からヒザを突く。ワンツーを突く内藤だが、右の強い蹴りを当てるスーパーレックは右のジャンピングのヒジ! これはかわした内藤が詰めるも、残り10秒はスーパーレックも攻めず。  判定は3-0でスーパーレックが勝利。右ローを突破口に、内藤を削って準決勝進出を決めた。 [nextpage] ▼ONEフライ級(61.2kg)ムエタイワールドGP準々決勝 3分3R〇サバス・マイケル(キプロス)61.0kg, 1.0116[判定3-0]]×アミール・ナセリ(マレーシア/イラン)60.3kg, 1.0040 [nextpage] ▼ONE女子アトム級(52.2kg)5分3R〇アリース・アンダーソン(米国)51.9kg, 1.0160[1R 2分04秒 三角絞め]×アシャ・ロカ(インド/ネパール)52.2kg, 1.0148  2021年9月に平田樹に判定負けしたアンダーソン。今回が8カ月半ぶりの再起戦となる。対するロカはMMA4勝2敗。インドSFLからONEに参戦し、スタンプ・フェアテックス、ジナ・イニオンに敗れている。  ともにオーソドックス構え。左右を突くロカに右のカウンターを狙うアンダーソン。しかしさらに前進するロカは右でダウンを奪う。下のアンダーソンは腰を切って腕十字へ! 押し込むロカは右ヒザを下のアンダーソンの頭に突くが、三角絞めに切り替えたアンダーソンは、タップを奪った。  元Invicta FCのアンダーソンはONE初勝利。 [nextpage] ▼ONEフェザー級(70.3kg)キックボクシング 3分3R〇モハメド・ブタザ(モロッコ)70.2kg, 1.0210[判定3-0]×ダビッド・キリア(グルジア)70.3kg, 1.0237  Enfusion 67kg級王者をはじめ、オランダや欧州で複数のタイトルを獲得しているモハメド・ブタザが初参戦。プロ戦績15勝(5KO)5敗。オランダ系モロッコ人でオランダのアムステルダム出身。現在22歳でモハメド・ベナセルの指導を受けている。  1R、長身のブタザはサウスポー構えから入る。オーソドックスのキリアは右ロー。左ミドルのダブルを打つブタザ。長いワンツーにキリアも前手の左フックを合わせる。  右前蹴り、左ミドルのブタザ。キリアも右ミドルを返すが、ブタザは長い蹴りで間合いを取る。跳びヒザを見せてゴング。  2R、左右の蹴りはブタザ。キリアの入りには高いヒザを狙う。ブタザの左ミドルに右ミドルを返すキリア。飛び込んでのワンツーの右も、ブタザは高い右前蹴りを顔面にヒット! さらにヒザ蹴りを当て、キリアの打ち返しをスウェイでかわす。  詰めるキリアだが、左右にかわし、前蹴りで間合いを取るブタザ。近くなるとヒザを突き、左右の蹴りをダブルで突く。キリアは手数が落ちる。  3R、左ハイを打つブタザ。詰めるキリアは左フックもブロックするブタザは左右の蹴りの打ち返し。左右にサークリングしてさばくブタザは左右の前蹴り連打。さらに左の跳びヒザ! 左の蹴りを上下に打ち分け、ジャブストレートと手数・足数を止めず。サンドバッグ状態のキリア。最後はブタザが右ローを当てて、耳に手を当てて、ゴングを待つ仕草。直後にゴングが鳴った。  判定は3-0でブタザが完勝。ONEフェザー級キックボクシング世界チャンピオンのスーパーボン(タイ)や、世界グランプリ優勝者のチンギス・アラゾフ(アゼルバイジャン / ベラルーシ)、マラット・グレゴリアン(アルメニア)、シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)ら強豪がひしめくフェザー級戦線に、22歳のブタザが名乗りを挙げた。 [nextpage] ▼ONE女子ストロー級(56.7kg)5分3R〇ナット・“ワンダーガール”・ジャルーンサック(タイ)56.4kg, 1.0023[1R 1分22秒 腕十字]×ゼバ・バーノ(インド)54.5kg, 1.0027  ワンダーガールはONEムエタイで2連勝後、2021年2月にジャッキー・ブンタンに判定負け。バーノは、プロ1勝もアマチュアで3連勝している。  打撃出身ながら柔術でも青帯の“ワンダーガール”ことナット・ジャルーンサック。今回がMMAデビュー戦。バーノも散打からMMAに転向した。  いきなり跳びヒザで飛びこんだジャルーンサック。体を入れ替えるバーノは離れ際に右を当てる。さらに左右で詰めるが、ジャルーンサックは首相撲&ヒザでバーノを倒すと、グラウンドヒザも突き、金網際に倒れこんで腕十字。スペースは足りないが体をずらしてヒジを伸ばして極めた。  MMA初陣で一本勝ちした“ワンダーガール”は歓喜の咆哮。ムエタイとの二足の草鞋でMMA女子ストロー級戦線に名乗りをあげた。 [nextpage] ▼ONEフライ級(61.2kg)ムエタイ ワールドGP リザーブマッチ  3分3R〇シャーゾット・カブトフ(キルギス)60.8kg, 1.0005[判定3-0]×デニス・ピューリック(カナダ/ボスニア・ヘルツェゴビナ)60.9kg, 1.0128 [nextpage] ▼ONEストロー級(56.7kg)5分3R〇エリピツア・シレガー(インドネシア)56.7kg, 1.0241[1R 2分58秒 アナコンダチョーク]×ロビン・カタラン(フィリピン)56.6 KG, 1.0049
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント