MMA
レポート

【Fighting NEXUS】山本空良が危険な寿希也を2R、チョークで極めて初防衛成功「RIZINのチャンピオンになっても、ここでNEXUSの防衛戦をやる」

2022/05/10 17:05
 2022年5月8日(日)、東京・GENスポーツパレスにて『KikuNiku presents Fighting NEXUS vol.27』が開催され、メインイベントで、RIZINに参戦中のFighting NEXUSフェザー級王者の山本空良(POD)が出場。柔道ベースで無敗の強豪・寿希也(BLUE DOG GYM)を挑戦者に迎え撃った。 ▼第10試合 Fighting NEXUSフェザー級選手権試合 5分2R(延長1R)フェザー級65.8kg契約◯山本空良(POD)王者[2R 2分47秒 リアネイキドチョーク]×寿希也(BLUE DOG GYM)挑戦者※山本が初防衛に成功  初代王者が、危険な柔道ベースの無敗の挑戦者を迎える。RIZINに参戦中の山本は、元UWFインターナショナル、元キングダム、元リングスで元UFC-Jミドル級王者・山本喧一の次男。  2000年生まれの21歳で、2018年5月の『ZST/SWAT165』で須貝秋彦相手にプロデビュー、1Rに三角絞めで一本勝ちすると、2戦目となった8月のZSTでは松本大輔に1Rフロントチョークを極め、2試合連続1R一本勝ち。2019年7月から3連勝を飾ると、2021年4月に須貝秋彦と再戦し、右ハイキックをヒットさせ1R40秒TKO勝利で初代フェザー級王者に輝いた。  2021年10月の『Road to ONE』では野尻定由に判定勝ち、5連勝と勢いに乗っていたが、2021年11月の「RIZIN TRIGGER」でKNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者の鈴木千裕に判定負け。2月23日の「TRIGGER 2nd」では新居すぐるに1Rわずか35秒、TKO勝ちで再起を飾り、2022年2月の前戦『RIZIN 34』では、中村大介を相手に接戦の末、スプリット判定で勝利している。  対する挑戦者・寿希也はプロ3戦無敗。柔道時代に、山崎寿希也として金沢学院大柔道部出身で学生選手権5位、全日本強化選手の大吉賢にも大腰で一本勝ちしている寿希也は、2021年4月のプロデビュー戦で村井和道をアメリカーナで極め、7月の前戦では実力者・滝田J太郎を1R ヒザ蹴りでTKO、2021年12月には唐沢タツヤ(GRABAKA)を2R ストレートアームバーで極めるなど「Fighting NEXUS」3連続フィニッシュをマークしている。  1R、ともにオーソドックス構え。寿希也が左ジャブから右ローもかわす山本。スナップをきかせた左ハイで牽制する。ステップインが速い寿希也。山本の右ローは足を引いてかわす。遠間から右ストレート、左ジャブを打つ山本。さばく寿希也は右ローを当てる。  右前蹴りで距離を取る山本。さらに右をサイドキック気味に胸に当てる。ジャブの刺し合いも寿希也が長いか。右ストレートが山本の頬をとらえる!  右のブラジリアンキックも顔面に当てる寿希也。左前蹴りで牽制する山本。左インロー、右ストローを前足に打つ寿希也。山本のジャブのダブルはバックステップでかわす。右の蹴りから歩いて左の蹴りに繋ぐ寿希也。  下がってブロックする山本。押し戻してダブルレッグへ。金網に手を着いて際で上になろうとする寿希也だが、ここで下にならない山本は、左で差して立ち上がり。ボディロックから崩しを狙うが残す寿希也。右を深く差しいれ肩パンチを打つ山本。  左脇を潜りスタンドバックへ。右肩をケージにつけてバランスを保つ寿希也をボディロックから中央側にリフトし、両手を着かせた山本。クラッチは解かず引き込もうとするが、立ち上がる寿希也は金網まで歩く。  スタンドバックで背後から右ヒザ裏に右ヒザを連打する山本。さらにカーフに背後から蹴る。右足をかけようとする山本に金網づたいに歩く寿希也。  後方に座って引き込もうとする山本に立ち上がる寿希也は、背後の山本の左手を引手に、右手は脇をすくうと、一本背負い! そのままグラウンドでついていく山本はバックから足をかけようとするが、かけさせず前方に落とした寿希也は離れることに成功!  残り10秒、右を突き左ハイを見せた山本を寿希也がかわし右ローも、山本もかわしてブザー。山本は左目尻を腫らす。  2R、レベルチェンジのフェイントを見せる山本。右の前蹴りから前に出ると右ミドルも軽く当てる。踏み込み右ローを当てる寿希也。ジャブで牽制する山本に右ストレートで飛び込む寿希也。  かわす山本は、ワンツーの右を浅いがヒット。ジャブから左ショートアッパー、右フックで前に出るもかわした寿希也が右ローを当てる。  右の蹴りから左前蹴りに繋ぐ山本。寿希也を下がらせて左ミドルをヒット。さらにジャブから右ストレートと攻めて前に出る。回る寿希也。右前蹴りの山本。さらに右のスーパーマンパンチで飛び込み、一気に間合いを詰めると右フックをかすめる。  山本の左をかわして右を突く寿希也。それをかわす山本は左右で詰めるが、左に回る寿希也は鼻を赤くする。右サイドキックの寿希也。前に詰めてきた山本に右の後ろ蹴りで尻餅を着かせる!  しかしすぐに足を手繰りダブルレッグに入る山本。金網まで詰めて両足を引き出してテイクダウンする。すぐに右ヒジを連続で落とす山本に、背中を見せて亀になる寿希也。バックマウントの山本は両足も4の字に組み、背後からパウンド。  なんと山本を背負ったまますくっと立ち上がる寿希也は、金網を背に山本を背負うと、左手を剥がして右に捻りながら落とそうとするが、落ちない山本は寿希也が亀になったところで右腕を喉下に差し込みリアネイキドチョーク! 寿希也がタップした瞬間に失神か。山本が一本勝ち。  Fighting NEXUSフェザー級の王座防衛に成功した山本は、再びチャンピオンベルトを腰に巻くと、ケージの中で「自分は全然、いい試合が出来なかったかなあと思っています。勝ってこういう風に言うのは寿希也選手に申し訳ないですけど、自分の夢はこのNEXUSのベルトを持ったままRIZINのベルトを獲ることです。そして今日出たNEXUSの選手たちがRIZINに呼ばれるように、自分が道を作りたいです。世界チャンピオンになり、このNEXUSも盛り上げるのが自分の夢です」と挨拶。  続けて「そしてRIZINのチャンピオンになっても、ここでNEXUSの防衛戦をやるので、広い会場だけじゃなくて近くで自分を見れるようにやるので、応援よろしくお願いします」と力強く語り、最後は父・山本喧一とともに記念撮影に収まった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア