MMA
レポート

【DEEP JEWELS】中井りんが腕十字で杉山しずかを破りGP完全制覇、大島沙緒里がアームロックで号泣防衛、東よう子がKINGレイナを返り討ちにして初代女王に、長野美香がケイトに一本勝ち、山崎桃子も復活勝利

2022/05/08 12:05
skyticket Presents DEEP JEWELS 37~フライ級 GP 2022 FINAL ROUND~2022年5月8日(日)東京・後楽園ホール ▼第7試合 DEEP JEWELS フライ級GP2022 決勝 5分2R〇中井りん(修斗道場四国)[1R 4分53秒 腕十字]×杉山しずか(リバーサルジム新宿 Me,We)※中井が初代王座に就く。  杉山は空手道禅道会から2008年11月にDEEP JEWELSの前身であるJEWELSの旗揚げ戦でプロデビューしたベテランファイター。5連勝を飾るなどJEWELSの主力メンバーとしてレギュラー参戦を果たすと、豪州留学から2012年7月に国内復帰。トップ選手として活躍し、2017年と2018年のRIZIN年末大会に出場したがいずれも渡辺華奈に敗れた。その後、2019年3月に韓国で開催された『Double G FC 02』で、UFCで近藤朱里とも対戦(女子ストロー級・52.2kgで近藤にスプリット判定負け)したジョン・チャンミに57kg契約で判定勝ち。  同年9月には新鋭の赤林檎にもフライ級(56.7kg)で腕十字で一本勝ちし、2020年7月には61kg契約でARAMIに腕十字で一本勝ち、2021年2月に栗山葵に初回TKO勝ち。今年3月の1回戦が約1年1カ月ぶりの試合となり、ミッコ・ニルバーナに腕十字をとられかける苦戦を強いられたが判定勝ちで準決勝進出。その準決勝は栗山葵の体重超過による失格で決勝進出となった。  準決勝で1試合戦っている中井と、これが初戦となる杉山。この差が試合に影響するか。  1R、サウスポーの杉山に中井は左へ動いていく。左ストレートを放つ杉山に中井は右インロー。ジャブを繰り出す中井は杉山の左ストレートに合わせてシングルからケージへ押し込む。ケージを背にする杉山に中井はヒザ蹴り。回り込んで脱出に成功した杉山は前に出る中井に左三日月蹴り。どんどん前へ出てくる中井に杉山はステップでかわそうとするが、中井に捕まりテイクダウンされる。  同時に腕十字の体勢に入る中井。これを凌いだ杉山だが中井の猛攻は続く。サイドから抑えつけてマウントを狙う。さらにもう一度腕十字へ。残り時間10秒、がっちりと腕十字が極まり、中井が勝利。両者は笑顔で抱き合い、健闘を称え合った。 中井はマイクを持つと「今回私をこのトーナメントに出場させて下さり、感謝しております。私がこのベルトを獲ったということはこれからどれだけジュエルスに恩返しがしていけるかということと、私はUFCに出たいのですが本当に出られるのか、どこまでやれるのかってことだと思います。いつも支えてくださるファンの皆さんには本当に感謝しています。もちろんこのベルトはファンの皆さんのものです。これからも応援よろしくお願いひます」とお礼を述べ、ベルトを巻いたまま勝利の伸身宙がえりを2度決めてみせた。 [nextpage] ▼第6試合 DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R〇大島沙緒里(AACC/王者)【1R 2分58秒 アームロック】※テクニカルサブミッション×須田萌里(SCORPION GYM/挑戦者)※大島が初防衛に成功。 “さおりん”こと大島は、3歳から柔道を始め、MMAに転向すると2019年の全日本アマチュア修斗で圧倒的な強さで優勝。2020年1月には修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメントに抜擢され、一回戦でKO勝ち、5月の準決勝では元DEEP JEWELSアトム級王者の黒部三奈相手に敗れはしたものの、新人離れした才能を発揮した。  2020年7月からは『DEEP JEWELS』に参戦。当時無敗のさくらにプロ初黒星を付け、9月の『DEEP』ではDEEP女子ミクロ級王者決定戦をにっせーと争い、1R2分10秒、ハンマーロックによるTKO勝ちでプロわずか4戦目にして王座に就いた。12月はパク・シウに判定3-0で敗れるも、2021年3月に開幕した「アトム級GP2021」で富松恵美に45秒で一本勝ち、6月の準決勝ではパクに腕十字でリベンジし、決勝では青野ひかるを判定5-0で破って DEEP JEWELSアトム級王座を獲得。二冠王となった。そして10月の『RIZIN』に初参戦すると、浅倉カンナに判定2-1で勝利して周囲をあっと言わせた。  しかし、2022年初戦となった3月12日の「DEEP JEWELS 36」でHIME(毛利道場)と49kg以下契約で対戦、判定3-0で敗れている。  須田は4月から高校3年生で、ブラジリアン柔術、グラップリング、MMAのアマチュア試合で経験を積んだ17歳。2020年7月大会のオープニングファイトにてMoochanを1R3分ちょうど、鮮やかな腕十字による一本勝ちでプロ昇格を決めた。  プロデビュー後は柔術の強豪・村上彩、BURSTの佐々木萌には判定負けも、坂本美香に判定勝ちすると、2021年7月のDEEP大阪で樋田智子を腕十字に極めて一本勝ち。10月大会ではキャリアに優る音波に1ポイントも与えず判定勝ち、12月大会では竹林愛留との“JK最強決定戦”を戦い1R4分41秒、腕十字で勝利。さらに今年3月12日にはアトム級トップの一角である青野ひかるから腕十字で一本を奪い破竹の5連勝。キャッチフレーズは“寝技の萌ちゃん”。  1R、須田の顔面前蹴りをもらった大島はパンチを繰り出しながら前に出て、須田をケージに追い込むとそのままテイクダウン。サイドからアームロックを狙う大島。ブリッジで逃れようとする須田だが大島は左腕を持ったまま離さない。須田の手が須田の後頭部近くに来るまで腕が曲がり、レフェリーはそこで試合を止めた。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP JEWELSフェザー級王者決定戦 5分3R〇東よう子(リバーサルジム新宿 Me,We)[判定5-0 ※29-28、30-26×3、30-27]×KINGレイナ(フリー)※東が初代王座に就く。  東はKINGレイナと同じ柔道出身ファイター。柔道で2002年全国高等学校選手権優勝、2003年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持ち、2017年12月にパンクラスでMMAデビュー。そのデビュー戦では腕十字で敗れたものの、その後は4連勝。2019年10月にタチアネ・フォンテスに判定2-1で敗れたが、2020年12月に直DATEに判定勝ちで再起。  2021年6月にはDEEPに乗り込み、KINGレイナと64kg以下契約で対戦。試合は打撃戦となり、手数を止めない東のパンチにKINGレイナは口から出血。東はジャブを的確に当て、KINGレイナの蹴り足をキャッチしてのテイクダウンで優勢に立ち、判定3-0(29-28×3)で勝利した。今回はそれ以来の試合となる。シングルマザーでもあり、息子と手をつないで入場。  KINGレイナは柔道出身で、2015年7月には「プーチン大統領杯第41回全日本サンボ選手権大会」女子68kg級で優勝。2016年11月にDEEP JEWELSでプロデビューし、2017年4月からはRIZINにも参戦。デビューから7連勝で人気者となったが、2017年12月のRIZINで シンディ・ダンドーワに初黒星。その後、RIZINではケイトリン・ヤング、ステファニー・エッガーに敗れるもDEEP JEWELSでは全勝。2020年にはDEEPのキックボクシングルールで熊谷麻理奈と対戦して1勝1敗。2021年7月にはシュートボクシングでSB日本女子ライト級王者・未奈と対戦したが判定3-0で敗れた。東に敗れた後は2021年12月にTe-aから腕十字で勝利している。  約11カ月ぶりの再戦は、新設されるDEEPJEWELS フェザー級王座を懸けての一戦。両者とも獲得すれば初のタイトル保持となる。  1R、東はジャブを起点にローキック、KINGは右ロングフック。東が弾丸のようなダブルレッグでテイクダウンするが、KINGは東の首を抱えて立ち上がる。投げを狙うKINGだが東はさすがのディフェンス。両者離れると東がジャブをしっかり当てていき、KINGはそこに右フックを被せる。頭を動かすかスウェーで東のパンチをかわし、防御技術の向上が見えるKING。終盤、KINGは組み付くとまたも投げを狙うが東の腰は重い。  2R、ヘッドスリップしながら右フックを打つKINGに東はジャブで応戦。東はパンチのフェイントからダブルレッグで鮮やかなテイクダウンを奪ったが、KINGはすかさず下からヒールフックを仕掛ける。これを抜いて立ち上がり、パウンドを打つ東にKINGは再び足関節狙い。東はKINGの頭部へパンチを連打。足を抜いた東がKINGのバックへ、バックコントロールで立ち上がろうとするKINGを何度も崩す東は背後からKINGの顔面へパンチを見舞う。逃れようとするKINGとバックコントロールで立たせずパンチを打ち続ける東。KINGはかなり削られ、完全に東のラウンドとなった。  3R、東はジャブと右カーフ、ジャブも顔面とボディに打ち分ける。KINGの右フックには左フックを合わせにいく。KINGが前に出てくるところにも左フックを合わせる。ジャブで完全に距離を支配する東。KINGの突進をステップで回り込んでかわし、連打を放つKINGにヒットを許さない。組みに行こうとするKINGだが東を捕まえられず、逆にシングルでテイクダウンを奪われた。残り時間30秒、東はしっかりと抑え込んで試合終了のゴングを聞いた。  判定は5-0で東が完勝。KINGレイナを返り討ちにし、初代王座に就いた。「チャンピオンです。KING選手はタフで前回みたいなドロドロの試合はしたくなくていろいろ練習してきました。この機会を与えてくれたDEEP様ありがとうございます。RIZINとか女子の重量級は盛り上がってない感じですけど、DEEPはじめバンタム級以上の選手もたくさん出てきているので、これを機会にRIZINとか重量級も盛り上げていきたいと思うので応援よろしくお願いします。あと、計量の時にKING選手から殺しますと言われたので、殺されたら息子の面倒を見てもらえる方を募集しています(笑)」と、再婚相手の募集をアピールしつつ、女子の重量級を盛り上げていきたいとした。 [nextpage] ▼第4試合 DEEP JEWELSストロー級 5分2R〇長野美香(フリー)[2R 0分57秒 ※フロントチョーク]×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE)  長野は小学生でレスリングを始め、名門・中京女子大学レスリング部時代には2002年ジャパンクイーンズカップ55kg級4位、2004年51kg級4位などの実績を残す。タレント活動を経て2007年12月にプロMMAデビュー。JEWELSには旗揚げ戦から出場し、石岡沙織と共に現在のDEEP JEWELSの礎を築く。2013年12月に一度引退するが、2016年に復帰。2018年大晦日にはRIZINで山本美憂と対戦するも敗れた。今回の試合はMMAでは2019年6月の本野美樹に敗れて以来の試合となる。  ケイトは柔道、糸東流空手、ボディビル、スポーツインストラクターを務めていた経験をバックボーンに持ち、2020年12月のプロデビュー戦で熊谷麻理奈を腕十字で極める一本勝ちも、3月大会でHIMEの打撃に後退し、プロ2戦目で初黒星を喫した。続く9月大会でもAACCのミッコ・ニルバーナ相手に組みで下となり判定負け。いずれも接戦ながら連敗を喫したが、東京に活動拠点を移しての12月大会で栗山葵に判定勝ち。今回はフライ級からストロー級に階級を移しての第一戦となる。  1R、序盤から組み付いていったケイトは長野をケージへ押し込むが、長野が脇をすくっての投げ。しかし投げ切れず、バックを奪いに行くケイトに長野は腕をとって抵抗するが、立とうとしたところでケイトが完全にバックを奪い、パンチを見舞いながら四の字ロックへ。亀になる長野にリアネイキドチョークを仕掛けるケイト。長野はケイトを背負ったまま立ち上がろうとするが、ケイトがそれを潰す。残り10秒で上になることに成功した長野だが、抑えるだけに終わった。  2Rもすぐにテイクダウンに行くケイト。長野に組み付いて長野をケージへ押し込み、ボディロックでテイクダウンを狙うが、長野は首を抱えてフロントチョーク。そのまま上になって倒れると、長野が絞めあげる。長野がキャリアの差を見せつける一本勝ちで復活の勝利を収めた。  マイクを持った長野は「ケイト選手はこれから女子格闘技の先頭に立っていく選手だと思います。私は1試合1試合、悔いが残らないように戦っていきたいと思います。応援ありがとうございました」と語った。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R〇山崎桃子(フリー)判定3-0 ※20-17×3×ちびさい KYOKA(SAI-GYM)  山崎は中学生時、転校をきっかけにいじめにあっていたが反撃を開始。喧嘩に明け暮れ、2014年からは『THE OUTSIDER』に参戦。2勝3敗の戦績を残し、本格的にプロ格闘家を目指すためDEEP JEWELSに参戦。アマチュアルールの3試合を経てプロに昇格したが、デビュー戦で肩を脱臼して川村虹花にTKO負け。手術とリハビリを経て2019年6月に復帰すると組みで圧倒し、プロ初勝利をあげた。  同年9月のにっせー(総合格闘技道場闘心)戦では腕十字に敗れて連勝ならず。その後は仕事と練習に専念していたが、2020年3月にコンビニで酔った男に突然絡まれ、暴行を受けるという事件に巻き込まれて重症を負ってしまった。この事件は様々なメディアに取り上げられた。事件後、10月のDEEP JEWELSに出場して國保小枝から判定勝利を収めたが、以降はリングから遠ざかり、今回が実に1年7カ月ぶりの復帰戦となる。  1R、軽快なステップを踏むちびさいにワンツーをヒットさせる山崎。ちびさいが組み付くと逆に山崎がボディロックからテイクダウン。すかさず下から腕十字を仕掛けるちびさいだが、山崎は立ち上がって腕を抜く。ケージに押し付けるちびさいは右フック。離れるとちびさいは飛び込んでの右フックを繰り出し、再び突っ込んで組み付くが山崎は首相撲からヒザ蹴り。プレッシャーをかける山崎にちびさいはワンツー、組み付くと山崎が首相撲からヒザ蹴りの連打を突き刺す。  2R、ローの蹴り合いからちびさいが右フック、そのまま組み付くがまたしても山崎が首相撲からのヒザ蹴り。そのまま組み倒した山崎は強いパウンド。リアネイキドチョークを仕掛ける山崎だがちびさいは立ち上がって山崎をケージに押し付ける。しかし、またも山崎のヒザ蹴り連打。ちびさいは鼻血を出し、ドクターチェックに。再開後、ちびさいは右フックから組み付くも山崎はヒザで迎撃して逆にテイクダウン。パウンドを見舞い、優勢のまま試合を終えた。  両者力のこもった熱戦に拍手が沸き起こり、判定3-0で山崎が完勝。山崎はマイクを持つと「皆さんのサポートのおかげで勝つことが出来ました。1年間試合していなかったんですが変わらずサポートしてくれているファン、スポンサーさんありがとうございます。今日は母の日ということで今日の勝利をお母さんに捧げたいと思います。これからもっと強くなってもっと有名になって、お母さんに恩返ししたいと思います」と笑顔を輝かせた。 [nextpage] ▼第1試合 DEEP JEWELS フライ級GP準決勝 5分2R〇中井りん(修斗道場四国)[2R 4分43秒 腕十字]×Te-a(AACC)※中井が決勝戦へ進出。  中井は柔道出身で、2006年10月にMMAプロデビューを果たすと、国内で16勝無敗1分の戦績を引っ提げて2014年9月にUFC参戦。2016年7月からは国内に復帰し、再び無傷の7連勝を飾っている。3月のトーナメント1回戦では藤田翔子に 2RでTKO勝ち。  対するte-aは、元・陸上自衛隊員で徒手格闘を学び、教官に総合格闘技を勧められ、本格的にプロを目指すために除隊。その時に勧められたAACCに入門して本格的に格闘技を始め、2021年3月のDEEP JEWELSアマチュア大会で強烈な右のパンチをヒットさせるなどして判定勝ち。6月の『DEEP TOKYO IMPACT 2021』でプロデビュー。58kg契約で熊谷麻里奈と対戦し、2R 腕十字で一本勝ち。9月にはライト級(70.2kg以下)でぽちゃんZに判定勝ち、12月にはフェザー級(65.8kg以下)でKINGレイナに腕十字で一本負けと階級を問わず試合をしている。1回戦は不戦勝で準決勝へコマを進めた。  1R、開始と同時にジャンプしての右フックで奇襲攻撃をかけたTe-aだが中井はサイドステップでかわす。中井はジャブからパンチを出しながら組み付いてシングルからリフトアップしてのテイクダウン。場内からはどよめきが起こる。マウントになった中井はブリッジするTe-aを抑えつけながら顔面にフックを見舞う。背中を見せて立とうとしたTe-aだが、中井はバックをとって仰向けにさせると四の字ロックからリアネイキドチョーク。中井は一度解くと腕十字に。Te-aが起き上がろうとするとマウントを奪ってのパウンド、そしてもう一度腕十字。極まったかに見えたが惜しくもゴング。  2RはTe-aがジャブでプレッシャーをかけながら前へ出る。中井はシングルでテイクダウンするとサイドへ。ブリッジするTe-aを上四方で抑え、アームロック狙いに。中井のマウントをブリッジで阻止するTe-a。中井は腕十字のセットをしながらボディを殴り、残り30秒で一気に腕を伸ばす。中井が鮮やかな一本勝ちで杉山しずかが待つ決勝戦へ進出した。 [nextpage] ▼オープニングファイト DEEP JEWELSフライ級 アマチュアSPルール 3分2R〇奥富夕夏(リバーサルジム新宿ME,WE)[判定3-0]※20-18×2、20-17×MANA(TEAM AGENT)  奥富は日大相撲部出身。10年の柔道経験を持ち、13年取り組んでいる相撲では全日本選手権3連覇、世界選手権第3位の実績を残している。2021年6月のDEEP JEWELSのオープニングファイトに出場し、伝統派空手の元全日本高校代表候補選手である桜子に1Rでアメリカーナを極めて快勝。9月も腕十字で一本勝ち。コールを受けるとリング上で相撲の仕切を見せた。  対するMANAは岡山県在住の選手で、中井りんの元へ出稽古に通っているという。  1R、右ストレートを伸ばすMANAに奥富はロー&ミドルで迎え撃つ。シングルでテイクダウンした奥富はバックを奪い腕十字狙い。MANAは上から潰してクラッチで必死のディフェンスを見せ、1分以上耐え抜いた。  2R、パンチの連打で前へ出るMANAを蹴りで迎え撃つ奥富はケージに詰められる度ボディロックからテイクダウン、すぐにバックへ回ると四の字ロック。ブリッジで抵抗するMANAは反転することに成功し、上になるとボディへパウンドを見舞い、奥富は下からのアームロック、腕十字を仕掛けていく。MANAが腕十字をディフェンスする体勢で試合終了。  優勢な場面を何度も作った奥富が判定3-0でプロ昇格間違いなしの勝利を飾った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント