キックボクシング
ニュース

【THE MATCH】那須川天心父「背負っている思いは武尊選手の方が上と感じる」とするも「思いだけじゃ打ち破れはしない」

2022/04/10 12:04
【THE MATCH】那須川天心父「背負っている思いは武尊選手の方が上と感じる」とするも「思いだけじゃ打ち破れはしない」

いよいよ2カ月後に迫ってきた那須川天心vs武尊の世紀の決戦。那須川父も気合いが入る

 2022年6月19日(日)東京ドーム『THE MATCH 2022』で決定したRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の“世紀の決戦”。

 2021年12月24日の対戦発表以来となる記者会見が4月7日(木)に行われ、那須川と武尊が昨年大晦日以来の顔合わせ。決戦が約2カ月後に迫った心境などを語った。


 この会見が行われた翌日、那須川天心の父であり、メイントレーナーである那須川弘幸TEPPEN GYM会長が自身のSNSを更新。「武尊選手は全てを賭けてリングに上がって来る。背負っている思いは武尊選手の方が上と感じる」と、この試合に懸ける想いは武尊の方が上だと感じていると綴った。

 しかし、「天心の技術全てをこの一戦に集約させ必ず勝たせてやる。俺達がやって来た技術は、思いだけじゃ打ち破れはしないんだよ。気合いを入れろ! 証明してラストのリングを降りようぜ」と技術でその想いを打ち破るとし、息子・天心へ向けて檄を飛ばした。


(写真)前回は敵同士となった親子だが、今回は再びタッグを組んで最強の敵に挑む

 4月2日(土)東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『Cygames presents RISE ELDORADO 2022 ~Tenshin Nasukawa Finalmatch~』での、那須川天心RISEラストマッチでは“敵同士”となった親子だが、6月のセコンドは「そこは会長にやってもらいます。今回は敵でしたが次は仲間なので。また気合い入れて、気持ちを作っていこうと思います」(天心)と、幼少の頃から二人三脚でやってきた父とキックボクシング最後にして最大の決戦に臨むと話している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.326
2023年5月23日発売
MMAフェザー級特集。表紙の斎藤裕からクレベル・コイケ、鈴木千裕、金原正徳、UFCホロウェイらが登場。注目のフライ&バンタム級、6.3 K-1 WGPミドル級T、7.9 ラジャ2階級制覇に挑む吉成名高も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア